2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #163 | トップページ | GranTurismo5 #164 »

SUPER GT 2011 Rd.02 FUJI

スーパーGTの開幕戦は第2戦富士です。

震災の影響で岡山での第1戦が延期されました。
開催順が変わって、第2戦が今年最初のレースとなっています。

今年のスーパーGTはGT500クラスが15台になっています^^
元インディドライバーの武藤英紀や松浦孝亮にも注目したいところ、
GT300ではアニメ系のマシンが増えて怪しさが増しています。
(イカ娘、ハルヒ、初音、エヴァ・・・)

予選はレクサスのNo.39がポールを獲得、
GT300ではポルシェのNo.33がポールポジション、
トップ5までに3台の"イタ車"が入っているのが気になります。。。

<予選 GT500>
P   No   Machine                                Time
1   39   DENSO SARD SC430                      1:32.738
2   46   S Road MOLA GT-R                      1:32.966
3   24   ADVAN KONDO GT-R                      1:33.058
4   12   カルソニック IMPUL GT-R               1:33.204
5   6    ENEOS SUSTINA SC430                   1:33.210
6   23   MOTUL AUTECH GT-R                     1:33.401
7   100  RAYBRIG HSV-010                       1:33.749
8   36   PETRONAS TOM'S SC430                  1:33.760
9   1    ウイダー HSV-010                      1:33.555
10  17   KEIHIN HSV-010                        1:33.914
11  38   ZENT CERUMO SC430                     1:34.218
12  32   EPSON HSV-010                         1:34.520
13  8    ARTA HSV-010                          1:34.538
14  19   WedsSport ADVAN SC430                 1:34.922
15  35   D'STATION KeePer SC430                1:36.213
<予選 GT300>
P   No   Machine                                Time
1   33   HANKOOK PORSCHE                       1:42.288
2   27   PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ         1:43.181
3   66   triple a Vantage GT2                  1:43.331
4   4    初音ミク グッドスマイル BMW           1:43.550
5   2    エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電  1:43.814
6   11   JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458           1:44.451
7   43   ARTA Garaiya                          1:44.501
8   25   ZENT Porsche RSR                      1:43.504
9   87   リール ランボルギーニ RG-3            1:43.750
10  62   R&D SPORT LEGACY B4                   1:44.182
11  86   JLOC ランボルギーニ RG-3              1:44.183
12  74   COROLLA Axio apr GT                   1:44.272
13  26   Verity TAISAN Porsche                 1:44.511
14  360  RUNNUP SPORTS CORVETTE                1:44.542
15  31   ハセプロMA イワサキ aprカローラ       1:44.663
16  14   SG CHANGI IS350                       1:44.865
17  41   NetMove TAISAN Ferrari                1:44.886
18  34   ハルヒレーシングHANKOOKポルシェ       1:45.052
19  69   サンダーアジア MT900M                 1:45.213
20  22   RQ's Vemac 350R                       1:46.569
    88   JLOC ランボルギーニ RG-3               No Time
    7    エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION      No Time

日曜の富士スピードウェイは雨、
決勝はセーフティカー先導で始まり、
5周目からグリーン・スタートしましたが、
後半雨脚が強まり、残り6周となったところでレッドフラッグ、

レースは終了し、1周前のトップ59周目終了時点が結果となりました。

結果は18周目にトップに立ったNo.23が優勝!
GT300はNo.33がポール・トゥ・ウィンを決めています。

<決勝 GT500>
P   No   Machine                               L    Time
1   23   MOTUL AUTECH GT-R                     59  1:56:19.904
2   6    ENEOS SUSTINA SC430                   59  +     5.211
3   19   WedsSport ADVAN SC430                 59  +    28.128
4   36   PETRONAS TOM'S SC430                  59  +    48.002
5   38   ZENT CERUMO SC430                     59  +  1:01.381
6   39   DENSO SARD SC430                      59  +  1:51.776
7   24   ADVAN KONDO GT-R                      58  +     1 Lap
8   17   KEIHIN HSV-010                        58  +     1 Lap
9   8    ARTA HSV-010                          58  +     1 Lap
10  46   S Road MOLA GT-R                      58  +     1 Lap
11  35   D'STATION KeePer SC430                58  +     1 Lap
12  100  RAYBRIG HSV-010                       58  +     1 Lap
13  1    ウイダー HSV-010                      57  +    2 Laps
14  12   カルソニック IMPUL GT-R               57  +    2 Laps
15  32   EPSON HSV-010                         53  +    6 Laps
<決勝 GT300>
P   No   Machine                               L   Time
1   33   HANKOOK PORSCHE                       55 1:56:21.130
2   11   JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458           55 +    34.820
3   25   ZENT Porsche RSR                      55 +    35.899
4   31   ハセプロMA イワサキ aprカローラ       55 +  1:32.611
5   4    初音ミク グッドスマイル BMW           55 +  1:53.506
6   43   ARTA Garaiya                          55 +  1:59.938
7   74   COROLLA Axio apr GT                   54 +     1 Lap
8   88   JLOC ランボルギーニ RG-3              54 +     1 Lap
9   41   NetMove TAISAN Ferrari                54 +     1 Lap
10  34   ハルヒレーシングHANKOOKポルシェ       54 +     1 Lap
11  27   PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ         54 +     1 Lap
12  26   Verity TAISAN Porsche                 53 +    2 Laps
13  22   RQ's Vemac 350R                       53 +    2 Laps
14  87   リール ランボルギーニ RG-3            53 +    2 Laps
15  69   サンダーアジア MT900M                 52 +    3 Laps
16  14   SG CHANGI IS350                       52 +    3 Laps
17  360  RUNNUP SPORTS CORVETTE                51 +    4 Laps
18  62   R&D SPORT LEGACY B4                   50 +    5 Laps
    66   triple a Vantage GT2                  12 +   43 Laps
    86   JLOC ランボルギーニ RG-3              12 +   43 Laps
    2    エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電   8 +   47 Laps

ドライバーズポイントはこのようになっています。
ポイントは昨年と同じです。

<ドライバーズポイント>
GT500-1   -  20P  [23]  本山哲/ブノワ・トレルイエ
GT500-2   -  15P  [6]   伊藤大輔/大嶋和也
GT500-3   -  11P  [19]  片岡龍也/荒聖治
GT500-4   -  8P   [36]  アンドレ・ロッテラー/中嶋一貴
GT500-5   -  6P   [38]  立川祐路/平手晃平
GT500-6   -  5P   [39]  石浦宏明/井口卓人
GT500-7   -  4P   [24]  安田裕信/ビヨン・ビルドハイム
GT500-8   -  3P   [17]  金石年弘/塚越広大
GT500-9   -  2P   [8]   武藤英紀/小林崇志
GT500-10  -  1P   [46]  柳田真孝/ロニー・クインタレッリ
GT300-1   -  20P  [33]  影山正美/藤井誠暢 
GT300-2   -  15P  [11]  田中哲也/平中克幸
GT300-3   -  11P  [25]  都筑晶裕/土屋武士
GT300-4   -  8P   [31]  嵯峨宏紀/岩崎祐貴
GT300-5   -  6P   [4]   谷口信輝/番場琢
GT300-6   -  5P   [43]  高木真一/松浦孝亮
GT300-7   -  4P   [74]  新田守男/国本雄資
GT300-8   -  3P   [88]  井入宏之/関口雄飛
GT300-9   -  2P   [41]  山路慎一/小泉洋史
GT300-10  -  1P   [34]  高森博士/マイケル・キム

チームポイントは以下の通り、
走行ラップ数によってもポイントが加算されます。

<チームポイント>
GT500-1   -  23P  [23]  NISMO
GT500-2   -  18P  [6]   LEXUS TEAM LeMans ENEOS
GT500-3   -  14P  [19]  LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
GT500-4   -  11P  [36]  LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S
GT500-5   -  9P   [38]  LEXUS TEAM ZENT CERUMO
GT500-6   -  8P   [39]  LEXUS TEAM SARD
GT500-7   -  6P   [24]  KONDO RACING
GT500-8   -  5P   [17]  KEIHIN REAL RACING
GT500-9   -  4P   [8]   AUTOBACS RACING TEAM AGURI
GT500-10  -  3P   [46]  MOLA
GT500-11  -  2P   [35]  LEXUS TEAM KRAFT
GT500-12  -  2P   [100] TEAM KUNIMITSU
GT500-13  -  1P   [1]   ウイダー ホンダ レーシング
GT500-14  -  1P   [12]  TEAM IMPUL
GT500-15  -  1P   [32]  NAKAJIMA RACING
GT300-1   -  23P  [33]  HANKOOK KTR
GT300-2   -  18P  [11]  JIMGAINER
GT300-3   -  14P  [25]  SAMURAI Team TSUCHIYA
GT300-4   -  11P  [31]  apr
GT300-5   -  9P   [4]   GSR&Studie with TeamUKYO
GT300-6   -  8P   [43]  AUTOBACS RACING TEAM AGURI
GT300-7   -  7P   [74]  apr
GT300-8   -  6P   [88]  JLOC
GT300-9   -  5P   [41]  Team TAISAN CINECITTA
GT300-10  -  4P   [34]  HANKOOK KTR
GT300-11  -  3P   [27]  LMP MOTORSPORT
GT300-12  -  1P   [26]  Team TAISAN CINECITTA
GT300-13  -  1P   [22]  R'Qs MOTORSPORTS
GT300-14  -  1P   [87]  JLOC
GT300-15  -  1P   [69]  ThunderAsia Racing
GT300-16  -  1P   [14]  Team SG CHANGI
GT300-17  -  1P   [360] TOMEI SPORTS
GT300-18  -  1P   [62]  R&D SPORT

次戦は第1戦、5月21~22日に岡山で行われます。

« GranTurismo5 #163 | トップページ | GranTurismo5 #164 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

普段以上に青葉さんの本音が出てるコラムですね。
>GT300ではアニメ系のマシンが増えて怪しさが増しています。
>トップ5までに3台の"イタ車"が入っているのが気になります。。。
とりあえず、4号車はドバイ耐久の優勝マシンだったはずなので、速さもタフさもあり、実力はあると思いますよ。
紫電は今年が最終年でしたっけ? 雑誌でそんな事が書かれてた気がします。

>元インディドライバーの武藤英紀や松浦孝亮にも注目したいところ
あ、武藤さんも出てたんだ。それは知らなかったです。
そして、たまには一貴さんの事も思いだしてあげて下さい。(おぃ)

さて、コンストラクター…てか、チームランキングは昨年(?)から、トップとの周回差でのポイント獲得も始まりましたね。(同一 +3pts、-1周 +2pts、それ以下 +1ptだったか)
今年のルールはまったく確認してませんので、あまり詳しい事も言えませんが。(汗)

P.S.
多分ネタバレかなと思いつつ、気になったので書いてみる。
ラリーシリーズのRd.3とRd.4…なんか…自分の中ではダブってます。(汗)
意味が分からないという訳ではないですけどね。

本音・・・まあ一応建前ですけど^^;
過去にもマッハGOGOGOのようなレースカーもあったので、
アニメでの車が走るのは悪いことではないんですけど、
オタク向けというか、萌えばっかりなのがチョット・・・

中嶋一貴は昨年から出ているから触れませんでした。
松浦選手もですけど、武藤選手と同じインディですからね。

ラリー大会のRd.3と4、確かに一見そうですね、同じイタリア語ですし。
私の少ない引き出しから見つけた単語なので、違和感があるかもデス(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #163 | トップページ | GranTurismo5 #164 »