2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #195 | トップページ | GranTurismo5 #196 »

F-Nippon 2011 第2戦 オートポリス

フォーミュラ・ニッポン第2戦はオートポリスで行われました。

第2戦はオートポリスです。

予選は塚越がポールを獲得、
オリベイラは4番グリッドで前戦と同じでした。
中嶋一貴は今回もQ1で脱落して13番グリッドからのスタートです。

開幕戦で勝利したロッテラーは今回欠場し井口が参戦、
井口は7番グリッドを獲得しています。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   41  塚越広大            H  1:31.357  1:31.141  1:30.845
2   7   大嶋和也            T  1:31.513  1:31.294  1:31.303
3   32  小暮卓史            H  1:31.911  1:32.023  1:31.332
4   1   J.P.デ・オリベイラ  T  1:31.751  1:31.303  1:31.397
5   8   石浦宏明            T  1:32.007  1:31.614  1:31.490
6   16  山本尚貴            H  1:32.820  1:32.186  1:31.785
7   36  井口卓人            T  1:32.682  1:32.183  1:31.796
8   2   平手晃平            T  1:32.572  1:32.487  1:31.827
--------------- Q 2 -------------------------------
9   40  伊沢拓也            H  1:32.407  1:32.544
10  31  中嶋大祐            H  1:33.077  1:32.721
11  33  国本雄資            T  1:32.954  1:32.990
12  18  A.インペラトーリ    T  1:33.059  1:33.523
--------------- Q 1 -------------------------------
13  37  中嶋一貴            T  1:33.290
14  3   A.カルダレッリ      T  1:33.356
15  10  小林崇志            H  1:33.402
16  62  嵯峨宏紀            T  1:34.863

決勝は直前まで雨が降り続けましたが、
スタートする時には雨が止み、路面も乾いていきました。

ウェットからドライへ代わる難しいコンディションの中、
順位を上げていた中嶋一貴が2位に上がり、
42周目に大嶋を抜くと、そのまま差を拡げてトップチェッカー、
中嶋一貴が初優勝を決めました!

2位は大嶋、3位塚越、オリベイラは4位、
一時トップに立っていた小暮はスピン、リタイアでレースを終えました。

<決勝>
1   37  中嶋一貴            T  54  1:28.22.185
2   7   大嶋和也            T  54  +     6.953
3   41  塚越広大            H  54  +     7.702
4   1   J.P.デ・オリベイラ  T  54  +    32.197
5   16  山本尚貴            H  54  +  1:20.311
6   40  伊沢拓也            H  53  +     1 Lap
7   18  A.インペラトーリ    T  53  +     1 Lap
8   2   平手晃平            T  53  +     1 Lap
9   10  小林崇志            H  53  +     1 Lap
10  8   石浦宏明            T  53  +     1 Lap
11  33  国本雄資            T  53  +     1 Lap
12  36  井口卓人            T  48  +    6 Laps
    3   A.カルダレッリ      T  44  +   10 Laps
    31  中嶋大祐            H   6  +   48 Laps
    32  小暮卓史            H   3  +   51 Laps
    62  嵯峨宏紀            T   0  +   54 Laps

ドライバーズポイントは中嶋一貴がトップに立ちました。
今回欠場したロッテラーは3位に後退しています。

<ドライバーズポイント>
1   △  16P  中嶋一貴
2   △  12P  大嶋和也
3   ▼  10P  アンドレ・ロッテラー
4   △  9P   塚越広大
5   ▼  8P   小暮卓史
6   -  8P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
7   ▼  8P   伊沢拓也
8   △  5P   山本尚貴
9   △  2P   アレキサンドレ・インペラトーリ
10  △  1P   平手晃平
11  ▼  1P   石浦宏明

チームポイントはペトロナス・チーム・トムスが差を拡げました。

<チームポイント>
1   -  26P  PETRONAS TEAM TOM'S
2   △  16P  DOCOMO TEAM DANDELION RACING
3   △  12P  Team LeMans
4   △  9P   TEAM IMPUL
5   ▼  8P   NAKAJIMA RACING
6   △  4P   TEAM 無限
7   △  2P   SGC by KCMG
8   ▼  1P   Team KYGNUS SUNOCO

次戦は富士で、7月16~17日に行われます。

« GranTurismo5 #195 | トップページ | GranTurismo5 #196 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

聞いた話によると、カルダレッリはGP3とFポンの掛け持ちだそうです。レースでダブる日がない、というのが理由。
フライアウェイが続くから、時差ぼけ大丈夫かなぁ、と余計な心配をしてしまいます…。(滝汗)

マシンもGP3とFポンでは特性が全く違うでしょうけど、鈴鹿や富士を走る事が出来るのは、ある意味でお得なのかな? と思っちゃいます。

カルダレッリは注目していないから何とも・・・(汗)
FIA-GT選手権に参戦していたエンツォ・カルデラーリならまだ分かるのですけど^^;

ロッテラーはちょっと残念に思いました。
20台くらいまで増えると良いのですけど。

>カルダレッリは注目していないから何とも・・・
私も注目してませんでした。(苦笑)
ただ、Fポン参戦をきっかけに、彼の名前をリストで探すようになるかもしれません。

>ロッテラー
ロッテラーは起用の問題でしょうかね。
いつぞやの本山のように、ソロチームで参戦しても面白そうなんですけど、ルール的にはアウトなのかなぁ…。

ほんと、20台くらいまで行けば、F3の上位陣とかももっと上がってきそうだし、別の国からも来そうなんですけどね~。
今ならアジアプロジェクトを実行しても、そこそこのドライバーを発掘できそうな気がします。

今回の欠場でロッテラーはチャンピオンを逃したら・・・

2009年の13台からは増えてますが2008年は20台なので、
2008年以前のような台数に戻ってもらえれば・・・
それと地上波放送ですね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #195 | トップページ | GranTurismo5 #196 »