2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #216 | トップページ | GranTurismo5 #217 »

モトGP 2011 Rd.7 オランダGP

モトGP第7戦はオランダ、TTアッセンです。

TTアッセンは土曜に決勝が開催されます。

予選はシモンチェリがポールを獲得、
スピーズ、ストーナー、ロレンソと続きました。

ロッシは11番手、青山は12番手、
ペドロサはまだ復帰出来ないので秋吉耕佑が代走、
最後尾グリッドからのスタートとなりました。

またカピロッシは転倒を喫して右肩を脱臼、
決勝を出走出来なくなりました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:34.718
2   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:34.727
3   27  C.ストーナー        ホンダ      1:35.008
4   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:35.143
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:35.244
6   35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:35.329
7   17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:35.742
8   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:35.818
9   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:35.866
10  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:36.435
11  46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:36.564
12  7   青山博一            ホンダ      1:36.580
13  8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:36.590
14  19  A.バウティスタ      スズキ      1:36.820
15  65  L.カピロッシ        ドゥカティ  1:37.130
16  24  T.エリアス          ホンダ      1:37.651
17  64  秋吉耕佑            ホンダ      1:39.006

決勝はスタートしてすぐにトップに立ったスピーズが
1周目から独走状態を築き上げ、モトGP初優勝を飾りました!

2位はストーナー、3位ドビツィオーソ、4位ロッシ、5位ヘイデン、
青山は8位、秋吉13位で完走を果たしています。

ロレンソは1周目にアブラハムと接触して転倒しましたが、
6位まで順位を上げてフィニッシュしました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   11  B.スピーズ          ヤマハ      26  41:44.659
2   27  C.ストーナー        ホンダ      26  +   7.697
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      26  +  27.506
4   46  V.ロッシ            ドゥカティ  26  +  30.684
5   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  26  +  43.172
6   1   J.ロレンソ          ヤマハ      26  +  44.536
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      26  +1:08.112
8   7   青山博一            ホンダ      26  +1:10.753
9   58  M.シモンチェリ      ホンダ      26  +1:24.925
10  24  T.エリアス          ホンダ      26  +1:26.216
11  19  A.バウティスタ      スズキ      26  +1:38.466
12  8   H.バルベラ          ドゥカティ  25  +   1 Lap
13  64  秋吉耕佑            ホンダ      25  +   1 Lap
14  35  C.クラッチロー      ヤマハ      24  +  2 Laps
    14  R.ド・プニエ        ドゥカティ   1  + 24 Laps
    17  K.アブラハム        ドゥカティ   0  + 25 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーがリードを拡げています。
そしてドビツィオーソがロレンソに差を詰めてきました。

<ライダーズポイント>
1   -  136P  ケーシー・ストーナー
2   -  108P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  99P   アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  81P   バレンティーノ・ロッシ
5   △  71P   ニッキー・ヘイデン
6   ▼  61P   ダニ・ペドロサ
7   △  61P   ベン・スピーズ
8   ▼  51P   青山博一
9   ▼  46P   コーリン・エドワーズ
10  △  39P   マルコ・シモンチェリ
11  △  35P   ヘクトル・バルベラ
12  △  34P   トニ・エリアス
13  ▼  33P   カレル・アブラハム
14  ▼  32P   カル・クラッチロー
15  -  27P   アルバロ・バウティスタ
16  -  22P   ロリス・カピロッシ
17  -  10P   ランディ・ド・プニエ
18  -  6P    ジョン・ホプキンス
19  △  3P    秋吉耕佑

コンストラクターズはヤマハが25ポイント獲得、
しかしホンダとの差はまだ26ポイントあります。

<コンストラクターズポイント>
1   -  165P  ホンダ
2   -  139P  ヤマハ
3   -  89P   ドゥカティ
4   -  33P   スズキ

チームポイントはヤマハ・ファクトリーが差を縮めました。
6位以下は3ポイントの中でひしめいています。

<チームポイント>
1   -  199P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  169P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  152P  DUCATI TEAM
4   -  85P   SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  78P   MONSTER YAMAHA TECH 3
6   △  35P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   △  34P   LCR HONDA MOTOGP
8   △  33P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   ▼  33P   CARDION AB MOTORACING
10  ▼  32P   PRAMAC RACING TEam

モト2ではコルシがスタートで首位に立ちましたが、
3周目にスミスがリードを奪います。
11周目には順位を上げてきたソフォーグルがトップに上がると、
マルケスが17周目に抜き、高橋裕紀が2位につけてマルケスを伺います。

しかし20周目に高橋が転倒、後続のマシンとの差が拡がり、
マルケスが今季2勝目をあげました!
2位はソフォーグル、3位スミス、
ポイントリーダーのブラドルはリタイアでレースを終えています。

125ccは目まぐるしい上位争いの中、
一時8位まで後退したビニャーレスがポール・トゥ・ウィンを決めました!
2位はサロム、3位ガデア、テロルはフリー2と予選で転倒してしまい、
土曜の午前に手術を決めて決勝を欠場しました。

次戦イタリアGPは今週末、7月1~3日に行われます。

« GranTurismo5 #216 | トップページ | GranTurismo5 #217 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

MotoGPの代役は、秋吉さんリターンズ♪ですか。
テスターというのが理由の1つでしょうけど、もはやホンダのピンチヒッター扱いですね。
案外、入賞や出走の最年長記録とか更新したりして…? それらの記録が何歳なのか、分かりませんけどね。(笑)

125cc、テロル離脱は痛いなぁ。
1戦なら外してもマージンありそうですけど、3戦ぐらい抜けると、チャンピオン争いに支障が出ますね~。
その方が、見る側にとっては面白いかもしれませんけど…。(おぃ)

そして、Moto2はスルー。意図はありません。

どんな形であれ日本人が増えるのは嬉しいことです^^
でも早くペドロサが復帰して欲しいですね☆

モト2の高橋は好調に感じていただけに残念でした。

>どんな形であれ日本人が増えるのは嬉しいことです^^
たしかにそうですね。
入賞サイズ(15人)じゃなくて、チームや台数がもっと多ければいいのに…とつくづく思います。

>秋吉さん
私はてっきり、彼は既に40歳を過ぎてるかと思ってましたが、まだ30代半ばだったようです。
それじゃ、最年長記録とかは無縁じゃないか…。(おぃ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #216 | トップページ | GranTurismo5 #217 »