2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #202 | トップページ | GranTurismo5 #203 »

IndyCar 2011 Rd.6 Texas

インディ第6戦はフォートワースでのダブルヘッダーです。

Indy201106a

今年のテキサスではなんと30台がエントリー!
そして今回はダブルヘッダーでの開催が決定し、
275kmを2回、114周ずつでレースが行われます。

今年初のインディ以外のオーバルですけど、
予選方法は昨年終盤と同じく2周アタック、
ただしレース2はレース1終了後にくじを引いて決定します。

レース1を決める予選ではタグリアーニがトップスピードを記録して、
インディ500に続いてのポールを獲得しました。

フランキッティ、パワーと実力者が続き、
佐藤琢磨が自己ベストの2列目グリッドを獲得しています。

そしてカッコ内がレース2のスタートポジションで、
カナーンがくじでポールを獲得、フランキッティは14列目、
佐藤は13列目であまりくじ運は良くなかったようです。
ちなみに、タイヤがくじになっていました^^

Indy201106b

<予選>
1   77  A.タグリアーニ         0:48.6834  215.186mph (16)
2   10  D.フランキッティ       0:48.7708  214.801mph (28)
3   12  W.パワー               0:48.7901  214.716mph (3)
4   5   佐藤琢磨               0:48.8461  214.470mph (25)
5   67  E.カーペンター         0:48.8681  214.373mph (10)
6   82  T.カナーン             0:48.8957  214.252mph (1)
7   9   S.ディクソン           0:48.9484  214.021mph (18)
8   99  W.カニンガム(R)        0:48.9504  214.013mph (2)
9   6   R.ブリスコー           0:48.9782  213.891mph (12)
10  7   D.パトリック           0:48.9877  213.850mph (20)
11  4   JR.ヒルデブランド(R)   0:49.0776  213.458mph (21)
12  14  V.メイラ               0:49.0843  213.429mph (7)
13  3   H.カストロネベス       0:49.1296  213.232mph (6)
14  2   O.セルビア             0:49.1777  213.023mph (17)
15  06  J.ヒンチクリフ(R)      0:49.1901  212.970mph (9)
16  28  R.ハンターレイ         0:49.1974  212.938mph (5)
17  83  C.キンボール(R)        0:49.2301  212.797mph (8)
18  11  D.ハミルトン           0:49.2860  212.555mph (24)
19  59  EJ.ヴィソ              0:49.3002  212.494mph (29)
20  38  G.レイホール           0:49.3211  212.404mph (4)
21  8   P.トレーシー           0:49.3441  212.305mph (14)
22  27  M.コンウェイ           0:49.3546  212.260mph (26)
23  26  M.アンドレッティ       0:49.3631  212.223mph (27)
24  24  A.ベアトリス(R)        0:49.3637  212.221mph (15)
25  19  A.ロイド               0:49.3940  212.091mph (19)
26  34  S.サーベドラ(R)        0:49.4075  212.033mph (11)
27  22  J.ウィルソン           0:49.4707  211.762mph (30)
28  88  J.ハワード             0:49.4872  211.691mph (13)
29  78  S.デ・シルベストロ     0:49.6835  210.855mph (22)
30  18  J.ジェイクス(R)          No Time  DNQ        (23)

レース1はフランキッティとタグリアーニの争いに
パワーとディクソンが加わる展開になりました。

順調にレースが進みましたが、93周目にキンボールとカニンガムが接触、
今回唯一のコーションとなりました。

Indy201106c

104周目にリスタートすると接戦が最後まで続き、
フランキッティがリードを守ってポール・トゥ・ウィン、
今シーズン2勝目を決めました!

Indy201106d

2位はディクソン、3位パワー、4位タグリアーニ。
佐藤は上位争いに加わっていましたが、最終的に5位でフィニッシュしました。

Indy201106e

<レース1>
1   10  D.フランキッティ       114  0:54:47.2787
2   9   S.ディクソン           114  +     0.0527
3   12  W.パワー               114  +     0.2064
4   77  A.タグリアーニ         114  +     0.4109
5   5   佐藤琢磨               114  +     1.4174
6   6   R.ブリスコー           114  +     1.4337
7   59  EJ.ヴィソ              114  +     2.1127
8   14  V.メイラ               114  +     2.5355
9   38  G.レイホール           114  +     2.8146
10  3   H.カストロネベス       114  +     4.3388
11  82  T.カナーン             114  +     4.7842
12  8   P.トレーシー           114  +     7.0114
13  26  M.アンドレッティ       113  +     1.5348
14  19  A.ロイド               113  +     2.3334
15  88  J.ハワード             113  +     2.9550
16  7   D.パトリック           113  +     3.0830
17  22  J.ウィルソン           113  +     5.0363
18  67  E.カーペンター         113  +     5.2687
19  28  R.ハンターレイ         113  +    15.7987
20  06  J.ヒンチクリフ(R)      113  +    22.2705
21  2   O.セルビア             112  +     2.4258
22  24  A.ベアトリス(R)        112  +     5.9363
23  4   JR.ヒルデブランド(R)   112  +     6.8732
24  27  M.コンウェイ           112  +     9.5881
25  18  J.ジェイクス(R)        112  +    14.1623
26  78  S.デ・シルベストロ     112  +     4.5631
27  11  D.ハミルトン           111  +    15.4469
28  34  S.サーベドラ(R)        109  +    15.6683
29  99  W.カニンガム(R)         92       Contact
30  83  C.キンボール(R)         91       Contact

レース2はカナーン、パワー、ハンターレイと続く序盤でしたが、
39周目にパワーがリードを奪うと、
ノーコーションのままグリーン下で2度のピットでもトップを守り、
ディクソンとの接戦を制して、オーバル初優勝を決めました!

Indy201106f

2位はディクソン、3位ブリスコー、4位カストロネベス、
フランキッティは7位、佐藤琢磨は12位。

2レースを通してコーション1回、
このレースでは全車が完走を果たしています。

Indy201106g

<レース2>
1   12  W.パワー               114  0:48:08.9739
2   9   S.ディクソン           114  +     0.9466
3   6   R.ブリスコー           114  +     4.6524
4   3   H.カストロネベス       114  +     9.5738
5   82  T.カナーン             114  +    14.3723
6   26  M.アンドレッティ       114  +    16.9488
7   10  D.フランキッティ       114  +    18.4374
8   7   D.パトリック           114  +    18.5558
9   28  R.ハンターレイ         114  +    21.7976
10  59  EJ.ヴィソ              114  +    24.0923
11  14  V.メイラ               114  +    24.6397
12  5   佐藤琢磨               113  +     1.3842
13  8   P.トレーシー           113  +     3.8160
14  77  A.タグリアーニ         113  +     3.8642
15  2   O.セルビア             113  +     4.1051
16  67  E.カーペンター         113  +     4.3280
17  27  M.コンウェイ           113  +     4.8183
18  4   JR.ヒルデブランド(R)   113  +    10.0966
19  06  J.ヒンチクリフ(R)      113  +    13.2919
20  88  J.ハワード             113  +    13.8785
21  22  J.ウィルソン           113  +    17.0934
22  24  A.ベアトリス(R)        113  +    25.1956
23  83  C.キンボール(R)        112  +     6.3076
24  19  A.ロイド               112  +     6.6572
25  11  D.ハミルトン           112  +    14.2536
26  99  W.カニンガム(R)        112  +    22.7651
27  78  S.デ・シルベストロ     111  +     2.3193
28  18  J.ジェイクス(R)        111  +     7.0898
29  34  S.サーベドラ(R)        111  +     9.5770
30  38  G.レイホール           104  +    32.1385

ドライバーズポイントは今回ハーフポイントになっています。
(優勝でそれぞれ25ポイント)

レース1ではフランキッティが差を詰めましたが、
レース2でパワーが優勝して、結果的に5ポイント差が開きました。
佐藤は10位に順位を上げました。

Indy201106h

<ドライバーズポイント>
1    -  239P  ウィル・パワー
2    -  218P  ダリオ・フランキッティ
3    △  169P  スコット・ディクソン
4    ▼  163P  オリオール・セルビア
5    ▼  159P  トニー・カナーン
6    △  146P  ライアン・ブリスコー
7    ▼  136P  グラハム・レイホール
8    △  135P  アレックス・タグリアーニ
9    ▼  125P  J.R.ヒルデブランド(R)
10   △  118P  佐藤琢磨
11   △  117P  マルコ・アンドレッティ
12   ▼  117P  ヴィットール・メイラ
13   ▼  114P  マイク・コンウェイ
14   △  111P  エリオ・カストロネベス
15   -  111P  ダニカ・パトリック
16   ▼  102P  シモーナ・デ・シルベストロ
17   ▼  100P  ジャスティン・ウィルソン
18   -  92P   ジェームス・ヒンチクリフ(R)
19   -  89P   チャーリー・キンボール(R)
20   △  88P   EJ.ヴィソ
21   ▼  81P   ライアン・ハンターレイ
22   △  72P   セバスチャン・サーベドラ(R)
23   ▼  67P   ラファエル・マトス
24   △  67P   アナ・ベアトリス(R)
25   △  65P   ジェームス・ジェイクス(R)
26   ▼  59P   ダン・ウェルドン
27   △  44P   ポール・トレーシー
28   ▼  44P   セバスチャン・ボーダイス
29   △  39P   エド・カーペンター
30   ▼  30P   バートランド・バゲット
31   △  29P   アレックス・ロイド(R)
32   ▼  28P   トーマス・シェクター
33   △  27P   ジェイ・ハワード(R)
34   △  26P   デイビー・ハミルトン
35   ▼  24P   サイモン・ペジノー(R)
36   ▼  21P   タウンセンド・ベル
37   ▼  20P   バディ・ライス
38   ▼  16P   ジョン・アンドレッティ
39   ▼  15P   ピッパー・マン(R)
40   △  10P   ウェイド・カニンガム(R)

次は今週末に、ミルウォーキー・マイルで行われます。

« GranTurismo5 #202 | トップページ | GranTurismo5 #203 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

今シーズン最初の日曜朝開催(現地ナイトレース)でしたので、いつも通り、起きてからリザルトだけ見ました。(笑)

ここでパワーが1勝したのは大きいと思いますよ。運とはいえ、勝った事には変わりないですし。
ちなみに、通常550マイルで行うところを、275マイルx2レースになったと思われます。

いやぁ、出場30台なのと、タイヤがくじというのはぶっ飛んでますね~♪(爆笑)

距離に関して修正しました。
500マイルではなく500kmですね、275km×2です。
1.5mile*1.61=2.415km 2.415km*114Laps=275.31km
でも実は1周1.455mileなので、厳密には275km以下です^^;

くじと聞いて箱から紙を取り出すイメージでしたが、
アメリカのレースだというのを忘れてました☆

なるほど。マイルじゃなくてkmでしたか。アメリカなので、てっきりマイルだと思ってました。
となると、他のレースもそうなのかなぁ…。

>でも実は1周1.455mileなので、厳密には275km以下です
1.5マイルとの誤差は45/1000マイル、つまり1周あたり約73m。1レース(114周)のトータルで積もり積もって8km程。
あっ、誤差の範囲って説明するつもりだったのに、これじゃ難しい数字だ。(苦笑)

>くじと聞いて箱から紙を取り出すイメージでしたが
私自身は紙や棒、もしくはボールをイメージしてました。
そうか、クジはタイヤで行うものだったのか…世界は広いなぁ。(笑)

ほとんどはマイルですけどテキサスは毎年キロのようです。
インディ・ジャパン300はオーバルだった時は200周(ロードは100周)だったのでマイルですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #202 | トップページ | GranTurismo5 #203 »