2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #208 | トップページ | GranTurismo5 #209 »

IndyCar 2011 Rd.7 Milwaukee Mile

インディ第7戦はミルウォーキーのショートオーバルです。

Indy201107a

今年は"ザ・マイル"が復活しました。

予選はフランキッティがポールを獲得、
カストロネベス、ディクソン、カナーンと、
オーバルに強いドライバーが上位に入りました。

パワーは17番手で今季ワースト、佐藤は3列目の好位置に付けました。

<予選>
1   10  D.フランキッティ       0:42.7766  170.841mph
2   3   H.カストロネベス       0:42.9886  169.999mph
3   9   S.ディクソン           0:43.0942  169.582mph
4   82  T.カナーン             0:43.1493  169.365mph
5   5   佐藤琢磨               0:43.1640  169.308mph
6   59  EJ.ヴィソ              0:43.2217  169.082mph
7   28  R.ハンターレイ         0:43.2390  169.014mph
8   6   R.ブリスコー           0:43.3456  168.598mph
9   26  M.アンドレッティ       0:43.3822  168.456mph
10  2   O.セルビア             0:43.4172  168.320mph
11  24  A.ベアトリス(R)        0:43.5355  167.863mph
12  38  G.レイホール           0:43.5847  167.674mph
13  22  J.ウィルソン           0:43.5984  167.621mph
14  19  A.ロイド               0:43.7182  167.162mph
15  7   D.パトリック           0:43.8185  166.779mph
16  06  J.ヒンチクリフ(R)      0:43.8766  166.558mph
17  12  W.パワー               0:43.9584  166.248mph
18  4   JR.ヒルデブランド(R)   0:44.0056  166.070mph
19  77  A.タグリアーニ         0:44.0158  166.031mph
20  27  M.コンウェイ           0:44.0232  166.003mph
21  83  C.キンボール(R)        0:44.1326  165.592mph
22  14  V.メイラ               0:44.1904  165.375mph
23  18  J.ジェイクス(R)        0:44.3409  164.814mph
24  34  S.サーベドラ(R)        0:44.4417  164.440mph
25  67  E.カーペンター         0:44.7509  163.304mph
26  78  S.デ・シルベストロ       No Time  DNQ

決勝はフランキッティが2位以下を突き放す展開になり、
佐藤も4位で周回しますが、佐藤は49周目に後退、
さらに66周目に出たコーション中のピットでは
他車との接触やチーム・クルーを轢いた(怪我はない様子)為
ドライブスルーも受けて15位に後退してしまいました。

Indy201107b

リスタート後もフランキッティが独走しますが、
徐々に周回遅れに迫ってくると、2位に上がっていたカナーンが追いつき
116周目のターン1でカナーンがトップに立ちました。

佐藤は周回遅れになってしまいましたが、
123周目のコーションでステイアウトして同一周回に復帰、
さらに165周目のコーションで上位と同タイミングのピットインし、
12位で戻ると、リスタート後に順位を上げていきます。

このピットではカストロネベスがトップに立ち、
カナーンが2位に、フランキッティが3位に変わりました。

しかし195周目のターン4でカナーンがウォールにヒット、
その前にEJもリタイアしたので、KVレーシングは佐藤琢磨のみになりました。

Indy201107c

このコーション中にトップのカストロネベスがパンクで緊急ピットイン、
12位に後退してしまいました。

再び首位に上がったフランキッティは、
リスタート後も2位との差を拡げていきトップチェッカー、
開幕戦以来の2勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

Indy201107d

2位はレイホール、3位セルビア、パワーはするりと順位を上げて4位、
パトリックが5位、佐藤は8位まで順位を上げてチェッカーを受けました。

<決勝>
1   10  D.フランキッティ       225  1:56:43.5877
2   38  G.レイホール           225  +     1.4271
3   2   O.セルビア             225  +     2.7703
4   12  W.パワー               225  +     3.8756
5   7   D.パトリック           225  +     4.2289
6   06  J.ヒンチクリフ(R)      225  +     5.2021
7   9   S.ディクソン           225  +     5.7803
8   5   佐藤琢磨               225  +     6.1011
9   3   H.カストロネベス       225  +     6.3643
10  22  J.ウィルソン           225  +     6.8905
11  6   R.ブリスコー           225  +     8.2475
12  27  M.コンウェイ           225  +     8.9469
13  26  M.アンドレッティ       225  +     9.8659
14  83  C.キンボール(R)        224  +    13.1664
15  18  J.ジェイクス(R)        223  +    11.7407
16  67  E.カーペンター         223  +    24.0631
17  24  A.ベアトリス(R)        222  +    13.9732
18  77  A.タグリアーニ         196  +    29 Laps
19  82  T.カナーン             194       Contact
20  59  EJ.ヴィソ              163       Contact
21  4   JR.ヒルデブランド(R)   120       Contact
22  19  A.ロイド                79       Contact
23  34  S.サーベドラ(R)         78       Contact
24  14  V.メイラ                69    Mechanical
25  78  S.デ・シルベストロ      11      Handling
26  28  R.ハンターレイ           0       Contact

ドライバーズポイントはフランキッティがパワーに並びました。
セルビアとレイホールが順位をアップ、佐藤も9位上がっています。

<ドライバーズポイント>
1    -  271P  ウィル・パワー
2    -  271P  ダリオ・フランキッティ
3    △  198P  オリオール・セルビア
4    ▼  195P  スコット・ディクソン
5    △  176P  グラハム・レイホール
6    ▼  171P  トニー・カナーン
7    ▼  165P  ライアン・ブリスコー
8    -  147P  アレックス・タグリアーニ
9    △  142P  佐藤琢磨
10   △  141P  ダニカ・パトリック
11   ▼  137P  J.R.ヒルデブランド(R)
12   ▼  134P  マルコ・アンドレッティ
13   △  133P  エリオ・カストロネベス
14   ▼  132P  マイク・コンウェイ
15   ▼  129P  ヴィットール・メイラ
16   △  120P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
17   -  120P  ジャスティン・ウィルソン
18   ▼  112P  シモーナ・デ・シルベストロ
19   -  105P  チャーリー・キンボール(R)
20   -  100P  EJ.ヴィソ
21   -  91P   ライアン・ハンターレイ
22   -  84P   セバスチャン・サーベドラ(R)
23   △  80P   アナ・ベアトリス(R)
24   △  80P   ジェームス・ジェイクス(R)
25   ▼  67P   ラファエル・マトス
26   -  59P   ダン・ウェルドン
27   △  53P   エド・カーペンター
28   ▼  44P   ポール・トレーシー
29   ▼  44P   セバスチャン・ボーダイス
30   △  41P   アレックス・ロイド(R)
31   ▼  30P   バートランド・バゲット
32   -  28P   トーマス・シェクター
33   -  27P   ジェイ・ハワード(R)
34   -  26P   デイビー・ハミルトン
35   -  24P   サイモン・ペジノー(R)
36   -  21P   タウンセンド・ベル
37   -  20P   バディ・ライス
38   -  16P   ジョン・アンドレッティ
39   -  15P   ピッパー・マン(R)
40   -  10P   ウェイド・カニンガム(R)

次戦はアイオアで、今週土曜日(日本時間の日曜朝)行われます。

« GranTurismo5 #208 | トップページ | GranTurismo5 #209 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

ビソはやっぱりビソだったんですね…。(滝汗)

武藤同様、琢磨も2年目で結果を出してますね。
今後の戦いぶりにも期待したいところです。

このコースはブレーキを使うからマーブルが多く落ちたようです。
クラッシュは5度ありましたが、全てが単独スピン、
リアが滑ってウォールへ向かうパターンだったので、
レース後半はかなりスリッピーだったのでしょう。
(ロイドとサーベドラはサーベドラがロイドのスピンを回避出来なかった為)

EJ、というかKVは今回全員トップ5を狙える位置だったんですけどね。
他車を交わす際にマーブルに乗って、カナーンとEJがリタイア、
佐藤はピットの問題があってもトップ10に入りましたが、
後半は厳しい状況だったようです。

今週のアイオアでは3人が良い結果になればと思います^^

>このコースはブレーキを使うからマーブルが多く落ちたようです。
みたいですね。通常のオーバルとタイプが違うからか、難しいようです。

>KVは今回全員トップ5を狙える位置だったんですけどね
もちろん。てか、予選結果を見た時点で絶句しました。
正直、カナーンと琢磨はともかく、ビソはあんまり期待してませんでした。(笑)

>佐藤はピットの問題があってもトップ10に入りましたが、後半は厳しい状況だったようです。
青葉さんのテキストを読んでて、凄いレース展開だなぁと思いました。
ペナルティ食らってもあの順位と言うのは、運も味方しないと難しい気がしますし…。

連続開催となるアイオワでも、見せ場を作って欲しいですね♪

周回遅れから同一周回に戻るのは運が必要ですからねー
15位に落ちてラップダウンになる10周くらい前から
コーション出て欲しいと願ってました^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #208 | トップページ | GranTurismo5 #209 »