2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GP2 Series 2011 Rd.3 Monaco | トップページ | 2011年6月の日程 »

IndyCar 2011 Rd.5 Indianapolis 500

オープン100周年記念のインディ500は、劇的なドラマが待っていました。

Indy201105a

今年のインディ500は雨が多く降ってしまいましたが、
決勝は雨の影響なく開催されました。

レースはスタートから順位の変動が激しく、
ディクソン、セルビア、タグリアーニの争いとなりました。

最初にイエローになったのは21周目、
なんと佐藤琢磨のクラッシュでした・・・

Indy201105b

原因はスポッター(ロジャー安川)とのミスで、
他のマシンの状況が佐藤に伝わらず、
急に避けた為にウォールにヒットしてしまいました。

このコーションの間に全車がピットイン、
しかし7位を走行していたパワーが
左後輪が絞まっていない状態でピットを後にしてしまい
タイヤが外れて再ピットイン、29位まで順位を落としてしまいました。

Indy201105c

27周目にリスタートしましたが、
ターン1でヒンチクリフとEJが接触してEJがクラッシュ、
再びコーションになり、KVレーシングは2台が消えました。

Indy201105d

この後も62周目にハワード、101周目にヒンチクリフ、
そして148周目にはポールポジションを獲得したタグリアーニがクラッシュ、

Indy201105e

158周目にはブリスコーとベルが接触してしまいました。

Indy201105f

残り40周を切り165周目にリスタート、
燃料もギリギリのラインとあってか、トップ争いも熾烈になります。

172周目、ディクソンがトップに立ちましたが
179周目にピットイン、変わってトップに立ったのがパトリック。

Indy201105g

10周リードし続けましたが、彼女も燃料が苦しくなり
189周目にバゲットにトップを譲ると翌周にピットに入り後退してしまいます。

ダニカをオーバーテイクしたバゲットも
197周目にあえなくピットに向かい勝利を断念。

Indy201105h

また164周目にピットに入ったフランキッティが2位まで浮上しましたが、
なんとまさかの燃料切れでズルズル後退し、199周目にピットインしてしまいました。

これでトップに立ったのがルーキーのヒルデブランド。
ホワイトフラッグが振られてファイナルラップ、勝利を確実なモノにしました。

Indy201105i

最終のターン4、イン側にいたキンボールを交わして
立ち上がったその時、アウトに膨らんでしまいクラッシュ!

Indy201105j

後ろから迫っていたウェルドンがホームストレートで逆転し、
劇的な優勝を決めました!

Indy201105k

ヒルデブランドはマシンが壊れたまま
なんとかコントロールラインを通過して2位でフィニッシュ、
3位にレイホール、4位カナーン、5位ディクソン。

Indy201105l

終盤リードラップを刻んだダニカは10位、バゲットは7位、
優勝候補だったフランキッティは12位、パワーは14位、
今年のインディ500は25台が完走を果たしました。

なおウェルドンは賞金総額2,567,255ドル(2億円以上)を獲得、
2位のヒルデブランドは1,064,895ドル(8600万円以上)で、
最終コーナーの悲劇でとてつもない賞金も失いました^^;

<決勝>
1   98  D.ウェルドン(W)        200  2:56:11.7267
2   4   JR.ヒルデブランド(R)   200  +     2.1086
3   38  G.レイホール           200  +     5.5949
4   82  T.カナーン             200  +     7.4870
5   9   S.ディクソン(W)        200  +     9.5434
6   2   O.セルビア             200  +     9.5435
7   30  B.バゲット             200  +    23.9631
8   07  T.シェクター           200  +    24.3299
9   26  M.アンドレッティ       200  +    25.4711
10  7   D.パトリック           200  +    26.4483
11  67  E.カーペンター         200  +    27.0375
12  10  D.フランキッティ(W)    200  +    56.4167
13  83  C.キンボール(R)        199  +     1.0719
14  12  W.パワー               199  +     6.9232
15  14  V.メイラ               199  +    23.0117
16  22  J.ウィルソン           199  +    40.1530
17  3   H.カストロネベス(W)    199  +    50.6899
18  44  B.ライス(W)            198  +    13.6549
19  19  A.ロイド(R)            198  +    39.2159
20  36  P.マン(R)              198  +    54.6966
21  24  A.ベアトリス           197  +     3.8588
22  43  J.アンドレッティ       197  +    11.5717
23  28  R.ハンターレイ         197  +    38.0894
24  21  D.ハミルトン           193  +    19.9657
25  23  P.トレーシー           175  +    21.2241
26  99  T.ベル                 157       Contact
27  6   R.ブリスコー           157       Contact
28  77  A.タグリアーニ         147       Contact
29  06  J.ヒンチクリフ(R)       99       Contact
30  88  J.ハワード(R)           60       Contact
31  78  S.デ・シルベストロ      44      Handling
32  59  EJ.ヴィソ               27       Contact
33  5   佐藤琢磨                20       Contact

ドライバーズポイントはパワーがトップをキープ、
カナーンとディクソンが浮上し、佐藤は13位に後退しました。

Indy201105m

Indy201105n

<ドライバーズポイント>
1    -  194P  ウィル・パワー
2    -  178P  ダリオ・フランキッティ
3    -  152P  オリオール・セルビア
4    △  135P  トニー・カナーン
5    △  129P  スコット・ディクソン
6    △  120P  グラハム・レイホール
7    ▼  114P  ライアン・ブリスコー
8    △  113P  J.R.ヒルデブランド(R)
9    ▼  110P  アレックス・タグリアーニ
10   ▼  102P  マイク・コンウェイ
11   △  96P   ヴィットール・メイラ
12   △  95P   マルコ・アンドレッティ
13   ▼  94P   佐藤琢磨
14   ▼  92P   シモーナ・デ・シルベストロ
15   -  92P   ダニカ・パトリック
16   ▼  88P   ジャスティン・ウィルソン
17   -  85P   エリオ・カストロネベス
18   △  80P   ジェームス・ヒンチクリフ(R)
19   △  78P   チャーリー・キンボール(R)
20   △  68P   ライアン・ハンターレイ
21   ▼  67P   ラファエル・マトス
22   △  65P   EJ.ヴィソ
23   ▼  62P   セバスチャン・サーベドラ(R)
24   △  59P   ダン・ウェルドン
25   △  55P   アナ・ベアトリス(R)
26   ▼  55P   ジェームス・ジェイクス(R)
27   ▼  44P   セバスチャン・ボーダイス
28   △  30P   バートランド・バゲット
29   △  28P   トーマス・シェクター
30   ▼  27P   ポール・トレーシー
31   △  26P   エド・カーペンター
32   ▼  24P   サイモン・ペジノー(R)
33   △  21P   タウンセンド・ベル
34   △  20P   バディ・ライス
35   △  16P   ジョン・アンドレッティ
36   △  16P   デイビー・ハミルトン
37   △  15P   アレックス・ロイド(R)
38   △  15P   ピッパー・マン(R)
39   △  14P   ジェイ・ハワード(R)
40   △  4P    ブルーノ・ジュンケイラ

次戦はテキサスで、6月11日土曜日(日本時間の日曜朝)に決勝が行われます。

« GP2 Series 2011 Rd.3 Monaco | トップページ | 2011年6月の日程 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

ちょうど最後の数周を公式サイトのライブで見てましたが、音声だけでした。(滝汗)

ヒルデブラントがファイナルラップに入る時、トップで通過したんだけど、フィニッシュしたらウェルドンが優勝。
でも、ヒルデブラントが2位だったから、普通に終わったんだろうなと思ってた。

しかし、翌日、動画をチェックしてみたら、なんという劇的な終わり方。
彼は最大のチャンスを一瞬で失ってしまいましたね…フィニッシュ後にしょんぼりしてたのもよく分かります。

琢磨は…なるほど、ロジャーのミスでしたか~。
てか、彼は今年も琢磨のスポッターなんですね。(笑)

私は米ABCテレビでスタート前からずっと見ていました♪
優勝争いからダニカが消え、ダリオが消え、バゲットも消えて、
ヒルデブランドがトップに立ち・・・
ラストコーナーを見た瞬間「もう何も起きない」と思ったのですけど、
その数秒後に衝撃映像を見て固まりました。
Twitterで思わず「Oh my...」とつぶやいてます^^;

この日曜のレースは小林(F1)がGOOD、佐藤(Indy)はBADでしたね。。。
無線のせいでもあるのですが、早々のリタイアでレース中盤は退屈になってしまいました。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GP2 Series 2011 Rd.3 Monaco | トップページ | 2011年6月の日程 »