2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #229 | トップページ | GranTurismo5 #230 »

F1 2011 Rd.9 イギリスGP決勝

F1第9戦、イギリスGPピット作業がカギとなりました。
(注意、結果が書いてあります)

ウェット路面で始まった決勝は、
スタート直後にトップに立ったベッテルがリードしましたが、
2回目のピットストップでミスがありアロンソがトップに、
その後アロンソは急速に乾く路面と共にベストラップを連発し、
2位に16秒以上の差を付けて今季初優勝を飾りました!

2位はベッテル、3位ウェバー、
ベッテルのピットミスで2位に浮上したハミルトンは、
コース上でベッテルとウェバーに抜かれて4位、
5位はマッサ、以下ロズベルグ、ペレス、ハイドフェルド、
シューマッハ、アルグエルスアリまでがポイント圏内。

小林可夢偉は9周目にシューマッハに追突されてスピン、
ピットではチームのミスでマルドナドと交錯し、
ピットストップペナルティを受けて後退すると、
最後はオイル関連のトラブルでリタイアとなりました。

バトンは5位以内を走っていましたが、
ピットで右前輪のホイールをしめる前に出てしまい、
すぐにマシンを止めてリタイア、
その他ピットでのミスが多く見られたレースでした。

<決勝>
1   5   F.アロンソ          52  1:28:41.196
2   1   S.ベッテル          52  +    16.511
3   2   M.ウェバー       52  +    16.947
4   3   L.ハミルトン        52  +    28.986
5   6   F.マッサ            52  +    29.010
6   8   N.ロズベルグ        52  +  1:00.665
7   17  S.ペレス            52  +  1:05.590
8   9   N.ハイドフェルド    52  +  1:15.542
9   7   M.シューマッハ      52  +  1:17.912
10  19  J.アルグエルスアリ  52  +  1:19.108
11  14  A.スーティル        52  +  1:19.712
12  10  V.ペトロフ          52  +  1:20.681
13  11  R.バリチェロ        51  +     1 Lap
14  12  P.マルドナド        51  +     1 Lap
15  15  P.ディ・レスタ      51  +     1 Lap
16  24  T.グロック          50  +    2 Laps
17  25  J.ダンブロシオ      50  +    2 Laps
18  23  V.リウッツィ        50  +    2 Laps
19  22  D.リチャルド        49  +    3 Laps
    4   J.バトン            39  +   13 Laps DNF
    18  S.ブエミ            25  +   27 Laps DNF
    16  小林可夢偉          23  +   29 Laps DNF
    21  J.トゥルーリ        10  +   42 Laps DNF
    20  H.コバライネン       2  +   50 Laps DNF

ドライバーズポイントはバトンが5位に後退、
ウェバーが2位に上がり、アロンソが2つ順位を上げました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  204P  セバスチャン・ベッテル
2   △  124P  マーク・ウェバー
3   △  112P  フェルナンド・アロンソ
4   -  109P  ルイス・ハミルトン
5   ▼  109P  ジェンソン・バトン
6   -  52P   フェリペ・マッサ
7   -  40P   ニコ・ロズベルグ
8   △  34P   ニック・ハイドフェルド
9   ▼  31P   ヴィタリー・ペトロフ
10  -  28P   ミハエル・シューマッハ
11  -  25P   小林可夢偉
12  -  10P   エイドリアン・スーティル
13  -  9P    ハイメ・アルグエルスアリ
14  △  8P    セルジオ・ペレス
15  ▼  8P    セバスチャン・ブエミ
16  ▼  4P    ルーベンス・バリチェロ
17  -  2P    ポール・ディ・レスタ

コンストラクターズはレッドブルが300ポイントを超えました。
メルセデスがロータス・ルノーGPを上回っています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  328P  レッドブル・ルノー
2   -  218P  マクラーレン・メルセデス
3   -  164P  フェラーリ
4   △  68P   メルセデスGP
5   ▼  65P   ロータス・ルノーGP
6   -  33P   ザウバー・フェラーリ
7   -  17P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  12P   フォースインディア・メルセデス
9   -  4P    ウィリアムズ・コスワース

次戦ドイツGPは、7月22~24日に行われます。

« GranTurismo5 #229 | トップページ | GranTurismo5 #230 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

ザウバーチームのミハエルに対するコメントが激しかったです。
でも、そんなミハエルが入賞したのって、素直に凄いです。私は嫌いですけどね…。(苦笑)
ペレスとアルグとアロンソおめでとう♪

イギリスって、荒れる傾向があるのは気のせいでしょうか?
ブリティッシュ・ウェザーの成せる技かもしれませんし、今回はディフューザー問題の煽りも多少あるんでしょうけどね。

シューマッハ本人もミスを認めてますが、
小林はシューマッハによって台無しにされましたから。

前戦は全車完走したから、今回は余計に荒れた感じた気がしました^^;

>前戦は全車完走したから、今回は余計に荒れた感じた気がしました^^;
あっ、それもあるかもしれませんね~。

P.S.
本日GP2の記事が上がってたので、ついでに書きますが、遂にGP2アジアが本編に統合されるようですね。
日本も1戦組み込まれたらいいなぁ~。Fポンとの交流戦みたいな感じでも良いから。
(何年か前、カナーンがFポン最終戦の鈴鹿にゲスト参戦した例もあるので)

GP2統合は今年のこともあってなのかと思いました。
バーレーンのデモや欧州開催(イモラ)もしましたし^^;

せっかくアジアに多くのサーキットがあるのだから、
GP2アジアに変わるオープンホイールのアジアシリーズが開催されるといいのですけどね。
AFOSならその辺のところも考えているでしょうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #229 | トップページ | GranTurismo5 #230 »