2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« IndyCar 2011 Rd.10 Edmonton | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.6 Nurburgring »

モトGP 2011 Rd.10 アメリカGP

モトGP第10戦はラグナセカで行われました。

アメリカラウンドの初戦はラグナセカ、
今年もモトGPクラスのみの開催です。

予選はロレンソがポールを獲得、
2番手にストーナー、3番手にペドロサと
フロントローはいつもの顔ぶれとなりました。

ロッシは7番手でドゥカティ勢ではトップ、青山は14番手。
復帰したカピロッシは最後列の16番グリッド、
ド・プニエは予選で転倒して腰椎を骨折、決勝を欠場することになりました。

地元のスピースは4番手、ヘイデンは9番手、エドワーズ11番手、
スポット参戦のAMAライダー、ベン・ボストロムは18番手からのスタートです。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:21.202
2   27  C.ストーナー        ホンダ      1:21.274
3   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:21.385
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:21.578
5   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:21.696
6   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:21.731
7   46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:22.235
8   8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:22.238
9   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:22.271
10  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:22.385
11  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:22.520
12  19  A.バウティスタ      スズキ      1:22.669
13  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:22.893
14  7   青山博一            ホンダ      1:22.937
15  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:22.961
16  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  1:23.876
17  24  T.エリアス          ホンダ      1:24.156
18  23  B.ボストロム        ホンダ      1:25.291

決勝はロレンソがトップを守ってスタート。
ペドロサが2位に上がり、ストーナーが3位で
この3台が1秒以内で優勝争いが繰り広げられましたが、

18周目にストーナーがペドロサを抜いて2位に上がると、
27周目の1コーナーでロレンソを交わしトップに、
ロレンソ、ペドロサを引き離してストーナーが今季5勝目をあげました!

2位はロレンソ、3位ペドロサ、4位スピーズ、
ロッシは6位、青山は10位で完走を果たしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      32  43:52.145
2   1   J.ロレンソ          ヤマハ      32  +   5.634
3   26  D.ペドロサ          ホンダ      32  +   9.467
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      32  +  20.562
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      32  +  20.885
6   46  V.ロッシ            ドゥカティ  32  +  30.351
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  32  +  31.031
8   5   C.エドワーズ        ヤマハ      32  +  45.502
9   8   H.バルベラ          ドゥカティ  32  +  51.549
10  7   青山博一            ホンダ      32  +1:08.850
11  17  K.アブラハム        ドゥカティ  32  +1:09.132
12  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  31  +   1 Lap
13  24  T.エリアス          ホンダ      31  +   1 Lap
    19  A.バウティスタ      スズキ      13  + 19 Laps
    23  B.ボストロム        ホンダ       8  + 24 Laps
    58  M.シモンチェリ      ホンダ       6  + 26 Laps
    35  C.クラッチロー      ヤマハ       3  + 29 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーがロレンソとの差を拡げました。
ロッシは5位に後退しています。

<ライダーズポイント>
1   -  193P  ケーシー・ストーナー
2   -  173P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  143P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   △  110P  ダニ・ペドロサ
5   ▼  108P  バレンティーノ・ロッシ
6   -  98P   ベン・スピーズ
7   -  94P   ニッキー・ヘイデン
8   △  67P   コーリン・エドワーズ
9   △  63P   青山博一
10  ▼  60P   マルコ・シモンチェリ
11  -  56P   ヘクトル・バルベラ
12  -  46P   カレル・アブラハム
13  -  39P   アルバロ・バウティスタ
14  -  38P   トニ・エリアス
15  -  34P   カル・クラッチロー
16  -  26P   ロリス・カピロッシ
17  -  15P   ランディ・ド・プニエ
18  -  6P    ジョン・ホプキンス
19  -  3P    秋吉耕佑

コンストラクターズはホンダが前戦に続いて25ポイント獲得、
ヤマハとの差は21ポイントに変わっています。

<コンストラクターズポイント>
1   -  235P  ホンダ
2   -  204P  ヤマハ
3   -  117P  ドゥカティ
4   -  45P   スズキ

チームポイントは上位に順位の変動はありません。
300ポイントを超えたレプソル・ホンダがわずかに差を拡げました。

<チームポイント>
1   -  301P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  271P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  202P  DUCATI TEAM
4   -  118P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  101P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  56P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   △  46P   CARDION AB MOTORACING
8   ▼  45P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   -  41P   PRAMAC RACING TEam
10  -  38P   LCR HONDA MOTOGP

次戦チェコGPは、今週8月12~14日に行われます。

« IndyCar 2011 Rd.10 Edmonton | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.6 Nurburgring »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IndyCar 2011 Rd.10 Edmonton | トップページ | GP2 Series 2011 Rd.6 Nurburgring »