2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #222 | トップページ | GranTurismo5 #223 »

モトGP 2011 Rd.8 イタリアGP

モトGP第8戦はムジェロサーキットで行われました。

今年のムジェロは全面再舗装されて綺麗なコースになりました。

今回からペドロサが復帰、カピロッシが欠場したので
モトGPクラスは16台で争われます。

ウェットコンディションの中で行われた予選は
ストーナーがポールを獲得、2番手にスピーズ、
前戦ポールを獲得したシモンチェリは3番手に付けました。

地元大声援を受けるロッシは12番手とふるわず、
復帰初戦のペドロサは8番手、青山は13番手スタートになりました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:48.034
2   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:48.479
3   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:48.485
4   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:48.694
5   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:48.756
6   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:48.974
7   35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:49.021
8   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:49.398
9   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:49.509
10  8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:49.663
11  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:49.678
12  46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:49.902
13  7   青山博一            ホンダ      1:50.156
14  19  A.バウティスタ      スズキ      1:50.460
15  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:50.651
16  24  T.エリアス          ホンダ      1:50.742

決勝ホールショットを奪ったのはストーナー、
1周目終了時に2位に1秒近く引き離し、
10周目までに2秒の差が付きました。

しかしレースが進むと、少しずつ2位を走行していた
ロレンソが近づき、16周目終了時に1秒を切ると、
18周目にロレンソが一気にストーナーを抜いてトップに立ちました。

3位のドビツィオーソもトップ集団に入って、
3台の争いが続きましたが、ロレンソが引き離してトップチェッカー
第2戦以来の今季2勝目をあげました!

2位はラストラップでストーナーを抜いたドビツィオーソ、
ストーナーは3位、前戦優勝のスピーズが4位。

ロッシ6位、ペドロサ8位、青山は11位でチェッカーを受けています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   1   J.ロレンソ          ヤマハ      23  41:50.089
2   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      23  +   0.997
3   27  C.ストーナー        ホンダ      23  +   1.143
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      23  +   8.980
5   58  M.シモンチェリ      ホンダ      23  +   9.076
6   46  V.ロッシ            ドゥカティ  23  +  26.450
7   8   H.バルベラ          ドゥカティ  23  +  28.745
8   26  D.ペドロサ          ホンダ      23  +  32.043
9   5   C.エドワーズ        ヤマハ      23  +  33.421
10  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  23  +  34.724
11  7   青山博一            ホンダ      23  +  37.359
12  17  K.アブラハム        ドゥカティ  23  +  43.964
13  19  A.バウティスタ      スズキ      23  +  47.654
14  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  23  +  48.840
15  24  T.エリアス          ホンダ      23  +1:15.199
    35  C.クラッチロー      ヤマハ       6  + 17 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーの独走変わらず、
ロレンソが若干縮めましたが、まだまだ差は大きいです。
復帰したペドロサは7位に後退しています。

<ライダーズポイント>
1   -  152P  ケーシー・ストーナー
2   -  133P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  119P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  91P   バレンティーノ・ロッシ
5   -  77P   ニッキー・ヘイデン
6   △  74P   ベン・スピーズ
7   ▼  69P   ダニ・ペドロサ
8   -  56P   青山博一
9   -  53P   コーリン・エドワーズ
10  -  50P   マルコ・シモンチェリ
11  -  44P   ヘクトル・バルベラ
12  △  37P   カレル・アブラハム
13  ▼  35P   トニ・エリアス
14  -  32P   カル・クラッチロー
15  -  30P   アルバロ・バウティスタ
16  -  22P   ロリス・カピロッシ
17  -  10P   ランディ・ド・プニエ
18  -  6P    ジョン・ホプキンス
19  -  3P    秋吉耕佑

コンストラクターズはヤマハが2連勝でホンダとの差を縮めました。

<コンストラクターズポイント>
1   -  185P  ホンダ
2   -  164P  ヤマハ
3   -  99P   ドゥカティ
4   -  36P   スズキ

チームポイントはヤマハ・ファクトリーが38ポイント獲得し、
レプソル・ホンダに20ポイント差に変わっています。

<チームポイント>
1   -  227P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  207P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  168P  DUCATI TEAM
4   -  101P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  85P   MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  44P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   △  37P   CARDION AB MOTORACING
8   -  36P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   ▼  35P   LCR HONDA MOTOGP
10  -  34P   PRAMAC RACING TEam

モト2ではマルケス、ブラドル、スミス、デ・アンジェリス、
イアンノーレの5人の激しい争いが繰り広げられました。

トップ争いは最終コーナーまで続きましたが、
コントロールラインまでトップを死守したマルケスが優勝、
今季3勝目、2連勝をポール・トゥ・ウィンで飾りました!

2位は0.071秒差でブラドル、3位スミス、4位デ・アンジェリス。
高橋裕紀は15番手スタートから1つ順位を上げて、
14位でフィニッシュしています。

125ccはザルコとテロルの一騎打ちとなりましたが、
最終コーナーを通過しホームストレートでテロル逆転、
右手の小指を骨折ながらもテロルが今季5勝目をあげました!

次戦ドイツGPは、7月15~17日に行われます。

« GranTurismo5 #222 | トップページ | GranTurismo5 #223 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

日曜日、CSを見てたらちょうどMotoGPのフィニッシュでした。
が、結局、自転車レースを優先したので詳細は分かりません。(汗)

MotoGPは、ペドロサの復帰かぁ…。
それじゃ、秋吉さんは終了ですね。ちょっと寂しいです。

125cc、テロルは軽度の怪我で良かったですね。
骨折しながら、また勝っちゃうのが凄いです。

ツールドフランスやってましたからね^^
ペドロサの復帰は嬉しいですけどカピロッシはまだなので、
レギュラーの17人が顔を合わせるのは次戦に持ち越しです。

モト2も125ccもラストラップで熱いバトルが見られたので、
3クラス全てで楽しめました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #222 | トップページ | GranTurismo5 #223 »