2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #230 | トップページ | GranTurismo5 #231 »

IndyCar 2011 Rd.9 Toronto

インディ第9戦はトロント市街地コースで行われました。

Indy201109a

インディはカナダ2連戦、
まず最初はトロントのエキシビジョン・プレイスです。

予選はパワーがポールを獲得、
ディクソンが2番手で、フランキッティが3番手に入りました。

ロードコースなのでボーダイスが復帰し、7番グリッドを獲得、
佐藤はフリー走行からペースが悪く19番手に沈みました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               0:59.5771
2   9   S.ディクソン           0:59.6646
3   10  D.フランキッティ       0:59.9000
4   27  M.コンウェイ           0:59.9326
5   38  G.レイホール           1:00.0463
6   2   O.セルビア             1:00.3341
------ Round 2  -----------------------------
7   19  S.ボーダイス           0:59.8239
8   28  R.ハンターレイ         0:59.8715
9   77  A.タグリアーニ         0:59.8901
10  6   R.ブリスコー           0:59.9020
11  22  J.ウィルソン           0:59.9636
12  3   H.カストロネベス       1:00.0115
------ Round 1 -----------------------------
13  06  J.ヒンチクリフ(R)      0:59.8346 Group 1
14  14  V.メイラ               0:59.9869 Group 2
15  34  S.サーベドラ(R)        0:59.9389 Group 1
16  82  T.カナーン             1:00.0149 Group 2
17  78  S.デ・シルベストロ     1:00.0806 Group 1
18  59  EJ.ヴィソ              1:00.1191 Group 2
19  5   佐藤琢磨               1:00.1003 Group 1
20  26  M.アンドレッティ       1:00.1542 Group 2
21  7   D.パトリック           1:00.3438 Group 1
22  4   JR.ヒルデブランド(R)   1:00.4472 Group 2
23  18  J.ジェイクス(R)        1:00.6226 Group 1
24  8   P.トレーシー           1:00.4524 Group 2
25  83  C.キンボール(R)        1:00.6463 Group 1
26  24  A.ベアトリス(R)        1:00.7917 Group 2

決勝は8度のコーションが出る荒れたレースとなりました。

スタートはパワーがリードする展開でしたが、
31周目のコーション前にピットに入っていたフランキッティがトップに、
コーション中にピットインしたパワーは11位に後退してしまいました。

パワーはその後フランキッティとの接触によるスピンや
タグリアーニとの接触によってリタイア、
今季ロードでのワーストとなりました。

なおこのパワーとフランキッティの接触は
一時フランキッティに対してペナルティの対象となりましたが、
議論の末ペナルティは取り消され、
パワーにとって不満と怒りの残る結果になりました。

Indy201109c

一方のフランキッティは中盤ピットタイミングによって
コーションラップでのピットインをして後退し、
レイホールに首位を明け渡してしまいましたが、
度重なるコーションを利用して順位を上げて、
今シーズン3度目の優勝を決めました!

Indy201109d

2位はディクソン、3位はハンターレイ、佐藤は8周目にパトリックに接触、
なんとかレースを続行しましたが、6周遅れのフィニッシュとなりました。

Indy201109b

<決勝>
1   10  D.フランキッティ       85  1:56:32.1501
2   9   S.ディクソン           85  +     0.7345
3   28  R.ハンターレイ         85  +     6.0144
4   26  M.アンドレッティ       85  +     7.5671
5   14  V.メイラ               85  +     9.0117
6   19  S.ボーダイス           85  +     9.3114
7   6   R.ブリスコー           85  +     9.8735
8   4   JR.ヒルデブランド(R)   85  +    14.1750
9   59  EJ.ヴィソ              85  +    14.7843
10  78  S.デ・シルベストロ     85  +    15.7603
11  24  A.ベアトリス(R)        85  +    16.8992
12  2   O.セルビア             85  +    19.8736
13  38  G.レイホール           85  +    21.3123
14  06  J.ヒンチクリフ(R)      84  +    20.1204
15  22  J.ウィルソン           83  +    36.3748
16  8   P.トレーシー           82  +    15.3725
17  3   H.カストロネベス       81  +    17.7650
18  18  J.ジェイクス(R)        81  +    20.5698
19  7   D.パトリック           79  +    18.1729
20  5   佐藤琢磨               79  +    19.4915
21  83  C.キンボール(R)        77       Contact
22  27  M.コンウェイ           76       Contact
23  77  A.タグリアーニ         71       Contact
24  12  W.パワー               66       Contact
25  34  S.サーベドラ(R)        43       Contact
26  82  T.カナーン              2       Contact

ドライバーズポイントはパワーのリタイアで55ポイント差に拡がりました。
佐藤は1つ順位を落としています。

Indy201109e
Indy201109f

<ドライバーズポイント>
1    -  353P  ダリオ・フランキッティ
2    -  298P  ウィル・パワー
3    -  270P  スコット・ディクソン
4    -  232P  オリオール・セルビア
5    -  221P  トニー・カナーン
6    -  219P  ライアン・ブリスコー
7    △  216P  マルコ・アンドレッティ
8    ▼  208P  グラハム・レイホール
9    -  193P  J.R.ヒルデブランド(R)
10   -  173P  アレックス・タグリアーニ
11   -  173P  ダニカ・パトリック
12   -  172P  エリオ・カストロネベス
13   △  171P  ヴィットール・メイラ
14   ▼  167P  佐藤琢磨
15   -  158P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
16   ▼  156P  マイク・コンウェイ
17   -  153P  ジャスティン・ウィルソン
18   △  150P   ライアン・ハンターレイ
19   ▼  137P  シモーナ・デ・シルベストロ
20   △  135P  EJ.ヴィソ
21   ▼  129P  チャーリー・キンボール(R)
22   △  111P  アナ・ベアトリス(R)
23   ▼  106P  セバスチャン・サーベドラ(R)
24   -  102P  ジェームス・ジェイクス(R)
25   △  72P   セバスチャン・ボーダイス
26   ▼  72P   エド・カーペンター
27   ▼  67P   ラファエル・マトス
28   ▼  59P   ダン・ウェルドン
29   -  58P   ポール・トレーシー
30   ▼  58P   アレックス・ロイド(R)
31   -  30P   バートランド・バゲット
32   -  28P   トーマス・シェクター
33   -  27P   ジェイ・ハワード(R)
34   -  26P   デイビー・ハミルトン
35   -  24P   サイモン・ペジノー(R)
36   -  21P   タウンセンド・ベル
37   -  20P   バディ・ライス
38   -  16P   ジョン・アンドレッティ
39   -  15P   ピッパー・マン(R)
40   -  10P   ウェイド・カニンガム(R)

次戦はエドモントンコースで、7月22-24日に行われます。

« GranTurismo5 #230 | トップページ | GranTurismo5 #231 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #230 | トップページ | GranTurismo5 #231 »