2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 安倍川花火大会2011 | トップページ | F-Nippon 2011 第4戦 ツインリンクもてぎ »

IndyCar 2011 Rd.11 Mid-Ohio

インディ第11戦はレキシントンで行われました。

Indy201111a

再びアメリカに戻ったインディは、
ミッド=オハイオのロードコースです。

予選はディクソンがポールポジションを獲得、
ブリスコー、フランキッティ、パワー、と続きました。
佐藤琢磨は5列目からのスタートとなりました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   9   S.ディクソン           1:08.0776
2   6   R.ブリスコー           1:08.3359
3   10  D.フランキッティ       1:08.4016
4   12  W.パワー               1:08.4212
5   28  R.ハンターレイ         1:08.5796
6   38  G.レイホール           1:08.7423
------ Round 2  -----------------------------
7   06  J.ヒンチクリフ(R)      1:08.7701
8   77  A.タグリアーニ         1:08.8412
9   5   佐藤琢磨               1:08.8653
10  83  C.キンボール(R)        1:08.8665
11  19  S.ボーダイス           1:08.9115
12  59  EJ.ヴィソ              1:08.9427
------ Round 1 -----------------------------
13  4   JR.ヒルデブランド(R)   1:09.4161 Group 1
14  78  S.デ・シルベストロ     1:09.3009 Group 2
15  3   H.カストロネベス       1:09.4369 Group 1
16  82  T.カナーン             1:09.3013 Group 2
17  27  M.コンウェイ           1:09.4904 Group 1
18  22  S.ペジノー             1:09.3851 Group 2
19  26  M.アンドレッティ       1:09.6059 Group 1
20  2   O.セルビア             1:09.4935 Group 2
21  14  V.メイラ               1:09.6061 Group 1
22  34  S.サーベドラ(R)        1:09.7105 Group 2
23  7   D.パトリック           1:10.2166 Group 1
24  18  J.ジェイクス(R)        1:09.8061 Group 2
25  24  A.ベアトリス(R)        1:10.4537 Group 1
26  17  M.プローマン(R)        1:10.2533 Group 2
27  67  E.カーペンター         1:12.3720 Group 2

決勝、ディクソンがスタートでリードを守ると
順調にリーダーラップを重ねていきます。

22周目、サーベドラのクラッシュによってフルコースコーションになると、
コーション前にピットに入ったヒンチクリフが首位に立ちます。

リスタート後もトップをキープするヒンチクリフ、2度目のルーティンと、
ダニカとレイホールの接触によるコーションによってヒンチクリフは3位に後退し、
さらにリスタート後にはコースオフを喫して最後尾にまで順位を落としてしまいました。

トップはピットでリードを奪ったフランキッティ、
しかしリスタートでディクソンがオーバーテイクして首位に返り咲くと、
フランキッティに7秒の差をつけてトップチェッカー、
今シーズン初優勝をポール・トゥ・ウィンで飾りました!

Indy201111

2位はフランキッティ、3位ハンターレイ、4位に佐藤!
佐藤は2度目のコーションで9位から6位に上がると、
リスタート直後に2台抜いて4位に上がりフィニッシュしました!

チャンピオン争いをしているパワーは
2度目のコーション前は4位走行していましたが、
最後のピットストップをコーション中に入ったことで大きく後退、
19位まで転落したものの5台抜いて14位で完走を果たしています。

Indy201111c

<決勝>
1   9   S.ディクソン           85  1:48:46.9509
2   10  D.フランキッティ       85  +     7.6508
3   28  R.ハンターレイ         85  +     9.0784
4   5   佐藤琢磨               85  +    12.3062
5   82  T.カナーン             85  +    19.9748
6   77  A.タグリアーニ         85  +    20.6267
7   26  M.アンドレッティ       85  +    20.9094
8   2   O.セルビア             85  +    23.0252
9   19  S.ボーダイス           85  +    23.6411
10  14  V.メイラ               85  +    26.2582
11  83  C.キンボール(R)        85  +    27.4550
12  78  S.デ・シルベストロ     85  +    29.0438
13  22  S.ペジノー             85  +    29.7880
14  12  W.パワー               85  +    42.5675
15  59  EJ.ヴィソ              85  +    45.3255
16  6   R.ブリスコー           85  +    45.7141
17  24  A.ベアトリス(R)        85  +    47.0943
18  17  M.プローマン(R)        85  +    48.3700
19  3   H.カストロネベス       85  +    48.8679
20  06  J.ヒンチクリフ(R)      85  +    49.4093
21  7   D.パトリック           85  +    59.9851
22  67  E.カーペンター         85  +  1:09.2913
23  18  J.ジェイクス(R)        85  +  1:09.5303
24  38  G.レイホール           83  +    50.8260
25  4   JR.ヒルデブランド(R)   81  +    50.3249
26  27  M.コンウェイ           63    Mechanical
27  34  S.サーベドラ(R)        20       Contact

ドライバーズポイントは、フランキッティと
パワーの差が62ポイントに拡がりました。
佐藤は16位から12位へと順位を上げています。

Indy201111d

<ドライバーズポイント>
1    -  428P  ダリオ・フランキッティ
2    -  366P  ウィル・パワー
3    -  335P  スコット・ディクソン
4    -  283P  トニー・カナーン
5    -  268P  オリオール・セルビア
6    △  258P  マルコ・アンドレッティ
7    ▼  253P  ライアン・ブリスコー
8    -  230P  グラハム・レイホール
9    -  224P  エリオ・カストロネベス
10   -  222P  J.R.ヒルデブランド(R)
11   △  214P  アレックス・タグリアーニ
12   △  212P  佐藤琢磨
13   △  211P  ライアン・ハンターレイ
14   ▼  209P  ヴィットール・メイラ
15   ▼  207P  ダニカ・パトリック
16   ▼  190P  マイク・コンウェイ
17   △  185P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
18   ▼  183P  ジャスティン・ウィルソン
19   -  167P  シモーナ・デ・シルベストロ
20   -  162P  EJ.ヴィソ
21   -  160P  チャーリー・キンボール(R)
22   -  141P  アナ・ベアトリス(R)
23   -  130P  セバスチャン・サーベドラ(R)
24   -  126P  ジェームス・ジェイクス(R)
25   -  122P  セバスチャン・ボーダイス
26   -  84P   エド・カーペンター
27   -  68P   ポール・トレーシー
28   -  67P   ラファエル・マトス
29   -  59P   ダン・ウェルドン
30   -  58P   アレックス・ロイド(R)
31   △  41P   サイモン・ペジノー(R)
32   ▼  30P   バートランド・バゲット
33   ▼  28P   トーマス・シェクター
34   ▼  27P   ジェイ・ハワード(R)
35   ▼  26P   デイビー・ハミルトン
36   -  21P   タウンセンド・ベル
37   -  20P   バディ・ライス
38   -  16P   ジョン・アンドレッティ
39   -  15P   ピッパー・マン(R)
40   △  12P   マーティン・プローマン(R)
41   ▼  10P   ウェイド・カニンガム(R)

次戦はニューハンプシャーで、今週8月14日に決勝が行われます。

« 安倍川花火大会2011 | トップページ | F-Nippon 2011 第4戦 ツインリンクもてぎ »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

ミドオハイオって、レキシントンにあるんですね。
アメリカの歴史として重要な場所だったかと思いますが、南北戦争なのか、独立戦争なのか、どちらに所以ある場所かは忘れました。(苦笑)

KVは好調でしたが、連続開催となる今週のニューハンプシャーも、フリー走行はいい感じです。(いつもは陰に隠れてるビソでさえ!!)
この雰囲気を続けて欲しいですね♪

反対に、パワーの不調というか不運も気になる…。
彼は永遠にチャンプになれないんじゃないか? とも疑っちゃいます。(滝汗)

レキシントンという名の地名は数多くありますからね。
調べてみるとケンタッキー州がレキシントンの名では最大の都市だそうですけど、
オハイオ州のレキシントンは人口4200人に満たない田舎です。

パワーは今回最後のピットタイミング前にコーションが入ったのが悪夢でしたね。
それさえなければ5位以内でフィニッシュしたでしょう。

今年のKVはカナーンの加入が影響しているのかもしれません。
チーム自体も必ず順位を下げるピット作業などのつまらないミスも減りましたし。
今週末のレースでも好調を維持して欲しいです!

>レキシントンという名の地名は数多くあります
うわ、たくさんありました…。(苦笑)
そして、やっと調べました。元々は独立戦争の激戦地の1つだったようです。と言っても、マサチューセッツ州の同名の街が該当するらしいです。
ただ、レースには関係ないので、これくらいにしておきます。

>今年のKVはカナーンの加入が影響しているのかもしれません
琢磨も成長しましたが、カナーンは確かに強力ですよね。彼は何度も優勝を経験してますし、ノウハウは参考になるはず。
ビソ…来季は案外、別のチームに居たりして。(おぃ)

オーバルではワンミスでクラッシュしかねないから、
予選が良くてもあまり期待しないように応援するつもりです^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍川花火大会2011 | トップページ | F-Nippon 2011 第4戦 ツインリンクもてぎ »