2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #253 | トップページ | GranTurismo5 #254 »

F-Nippon 2011 第6戦 SUGO

フォーミュラ・ニッポン第6戦はSUGOで行われました。

残り2戦となったフォーミュラ・ニッポン、
第6戦SUGOではロッテラーにチャンピオンの可能性があります。

条件は中嶋一貴やオリベイラの結果もありますが、
ロッテラーはポール・トゥ・ウィンが絶対条件です。

1ポイントが手に入る予選は、
大嶋が今季初のポールポジションを獲得しました。

ロッテラーはわずかの差で2番手、
チャンピオン争いをする中島一貴は8番手、
オリベイラはコースオフを喫して12番手、
今回は16台でのレースです。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   7   大嶋和也            T  1:07.591  1:07.247  1:07.125
2   36  A.ロッテラー        T  1:08.346  1:07.737  1:07.131
3   41  塚越広大            H  1:07.721  1:07.515  1:07.246
4   8   石浦宏明            T  1:08.213  1:07.573  1:07.313
5   40  伊沢拓也            H  1:08.140  1:07.634  1:07.330
6   32  小暮卓史            H  1:08.194  1:07.717  1:07.927
7   16  山本尚貴            H  1:08.475  1:08.170  1:07.999
8   37  中嶋一貴            T  1:08.649  1:08.106  1:08.120
--------------- Q 2 -------------------------------
9   10  小林崇志            H  1:08.235  1:08.238
10  2   平手晃平            T  1:08.443  1:08.265
11  33  国本雄資            T  1:08.644  1:08.402
12  1   J.P.デ・オリベイラ  T  1:08.411   No time
--------------- Q 1 -------------------------------
13  18  A.インペラトーリ    T  1:08.711
14  3   A.カルダレッリ      T  1:08.750
15  31  中嶋大祐            H  1:09.010
16  62  嵯峨宏紀            T  1:09.547

決勝は大嶋が出遅れてロッテラーが1コーナーを制すると、
ロッテラーが2位以下を突き放して優勝!
今シーズン3勝目をあげました。

2位でチェッカーを受けたのは追い上げを見せたオリベイラでしたが、
オリベイラはリアウィングに車両規定違反が見つかり失格、
6位だった伊沢もフランとウィングで同様に失格扱いになっています。

そのため2位は石浦、3位中嶋と繰り上がっています。

<決勝>
1   36  A.ロッテラー        T  68  1:20.52.035
2   8   石浦宏明            T  68  +    15.460
3   37  中嶋一貴            T  68  +    31.952
4   41  塚越広大            H  68  +    35.498
5   33  国本雄資            T  68  +    41.909
6   7   大嶋和也            T  68  +    43.788
7   32  小暮卓史            H  68  +    48.056
8   2   平手晃平            T  68  +  1:01.865
9   3   A.カルダレッリ      T  68  +  1:06.405
10  31  中嶋大祐            H  67  +     1 Lap
11  16  山本尚貴            H  67  +     1 Lap
12  18  A.インペラトーリ    T  67  +     1 Lap
13  62  嵯峨宏紀            T  66  +    2 Laps
    10  小林崇志            H  17  +   51 Laps
EX  1   J.P.デ・オリベイラ  T  68
EX  40  伊沢拓也            H  68

ドライバーズポイントはロッテラーが中島との差を拡げています。

チャンピオン獲得の可能性があるのはロッテラーと中島に絞られました。
最終戦を前に4ポイントの差なのでロッテラーが有利ですが、
中嶋一貴にも十分可能性があります。

<ドライバーズポイント>
1   -  38P  アンドレ・ロッテラー
2   -  34P  中嶋一貴
3   -  25P  ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
4   -  23P  塚越広大
5   △  17P  大嶋和也
6   ▼  14P  平手晃平
7   △  14P  石浦宏明
8   -  12P  小暮卓史
9   ▼  11P  伊沢拓也
10  -  5P   山本尚貴
11  △  4P   国本雄資
11  ▼  2P   アレキサンドレ・インペラトーリ
12  ▼  1P   中嶋大祐

チームポイントはペトロナス・チーム・トムスのチャンピオンが決定、
2位争いは最終戦で決定します。

<チームポイント>
1   -  72P  PETRONAS TEAM TOM'S
2   -  37P  TEAM IMPUL
3   -  33P  DOCOMO TEAM DANDELION RACING
4   -  16P  Team LeMans
5   △  14P  Team KYGNUS SUNOCO
6   ▼  13P  NAKAJIMA RACING
7   △  4P   Project μ/cerumo⋅INGING
8   ▼  4P   TEAM 無限
9   ▼  2P   SGC by KCMG

次戦はツインリンクもてぎで、11月5~6日に行われます。

« GranTurismo5 #253 | トップページ | GranTurismo5 #254 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

#5の鈴鹿が中止となったので、実質5戦目ですね。
そして、全7戦なので、次が最終戦(実質6戦)というオチ。なんだかんだ言いつつも、早すぎる。(汗)
東北地震の影響もあるし、仕方ない部分もありますけど…早い。

>条件は中嶋一貴やオリベイラの結果もありますが、ロッテラーはポール・トゥ・ウィンが絶対条件です。
あっ、既にSUGOで王者の条件があったんだ…。(笑)
という訳で、最終戦(もてぎ)ですべてが決まる訳ですね。ロッテラー有利ですけど、4p差ならまだ分からないはず。

>チームポイントはペトロナス・チーム・トムスのチャンピオンが決定
うわぁ、圧勝だ…。(苦笑)

ロッテラーが予選と決勝で11ポイント取って、ライバルとの差が11以上になっていたら決定でした。

トムスの2人が今年のFニッポンを席巻してますね^^;

>トムスの2人が今年のFニッポンを席巻してますね
そういえばそうですね。
同じチームでチャンピオン争いだなんて、昨年の某F1チームじゃないか…。(苦笑)

ちなみに、最終戦もてぎは2レース制なので、逆転の可能性は十分ありますね。
各レースはハーフポイントですが、PPは各レースに1p(合計2pですが、ルールが特殊だったような?)だし、優勝した場合はボーナス(3p)もあるので。

じゃあSUGOでチャンピオンは決まらなかったですね・・・
面倒なので記事は修正しません^^;

>じゃあSUGOでチャンピオンは決まらなかったですね
2人はSUGO前で同点でしたから、おっしゃる通り、SUGOでのチャンピオン決定は元から可能性がなかったみたいですね。
最終戦はmax:18pだと思いますけど、今回はmax:11pでしたし。

確認のついでに、Fポンの公式ページを見てきましたら…「鈴鹿(第5戦)の代替大会はなし、今年は全6戦」と決定したようです。
私は既に第5戦を無いものと考えてましたので、代替レースを考えていたとは驚きでした。もし代替レースとするならば、JAF GP(富士SW)を加えるしか、考えはありませんでした。

代替レースはないと思ってましたが、鈴鹿決勝日の公式記者会見では"出来るようにがんばる"と言ってましたね。
鈴鹿には改修に期待したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #253 | トップページ | GranTurismo5 #254 »