2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | WRC 2011 Rd.10 ラリー・オーストラリア »

F1 2011 Rd.13 イタリアGP決勝

F1第13戦イタリアGPは、前戦に続いて荒れた展開となりました。
(注意、結果が書いてあります)

モンツァサーキットで行われた決勝はスタート直後から荒れました。

1コーナー手前でリウッツィがコースからはみ出すと、
スピンをしてシケインに真横から侵入、
ペトロフに接触し、巻き込まれたロズベルグの3台がストップ、
セーフティカーの入る混乱のスタートとなりました。

2周目終了時にリスタートすると、
スタート直後にトップに立ったアロンソがトップをキープ、
しかし5周目にベッテルがオーバーテイクをして、
ベッテルの独走状態に変わります。

また5周目にはウェバーとマッサが接触し、
ダメージを負ったウェバーはパラボリカでコースオフ、
痛いリタイアに終わりました。

リタイアが相次ぎ、小林とペレスのザウバー勢もトラブルでリタイア、
サバイバルレースの様相を呈したレースでしたが、
ベッテルが5周目以降1度も首位を渡すことなく、
今シーズン8勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位はバトン、3位アロンソ、4位ハミルトン、5位にシューマッハで、
シューマッハとマクラーレンの争いがハイライトでもありました。

6位マッサ、7位アルグエルスアリ、8位ディ・レスタ、
9位にセナで、セナはF1初ポイントを獲得しました。

10位にブエミ、チェッカーを受けたのはリチャルドまでの16台、
完走扱い15台のサバイバルレースでした。

<決勝>
1   1   S.ベッテル          53  1:20:46.172
2   4   J.バトン            53  +     9.590
3   5   F.アロンソ          53  +    16.909
4   3   L.ハミルトン        53  +    17.417
5   7   M.シューマッハ      53  +    32.677
6   6   F.マッサ            53  +    42.993
7   19  J.アルグエルスアリ  52  +     1 Lap
8   15  P.ディ・レスタ      52  +     1 Lap
9   9   B.セナ              52  +     1 Lap
10  18  S.ブエミ            52  +     1 Lap
11  12  P.マルドナド        52  +     1 Lap
12  11  R.バリチェロ        52  +     1 Lap
13  20  H.コバライネン      52  +    2 Laps
14  21  J.トゥルーリ        51  +    2 Laps
15  24  T.グロック          51  +    2 Laps
    22  D.リチャルド        39  +   14 Laps
    17  S.ペレス            32  +   21 Laps DNF
    16  小林可夢偉          21  +   32 Laps DNF
    14  A.スーティル         9  +   44 Laps DNF
    2   M.ウェバー        4  +   49 Laps DNF
    25  J.ダンブロシオ       1  +   52 Laps DNF
    10  V.ペトロフ           0  +   53 Laps DNF
    8   N.ロズベルグ         0  +   53 Laps DNF
    23  V.リウッツィ         0  +   53 Laps DNF

ドライバーズポイントはアロンソが2位に上がりました。
バトンとウェバーは同ポイントで並んでいます。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  284P  セバスチャン・ベッテル
2   △  172P  フェルナンド・アロンソ
3   △  167P  ジェンソン・バトン
4   ▼  167P  マーク・ウェバー
5   -  158P  ルイス・ハミルトン
6   -  82P   フェリペ・マッサ
7   -  56P   ニコ・ロズベルグ
8   -  52P   ミハエル・シューマッハ
9   -  34P   ヴィタリー・ペトロフ
10  -  34P   ニック・ハイドフェルド
11  -  27P   小林可夢偉
12  -  24P   エイドリアン・スーティル
13  △  16P   ハイメ・アルグエルスアリ
14  ▼  13P   セバスチャン・ブエミ
15  △  12P   ポール・ディ・レスタ
16  ▼  8P    セルジオ・ペレス
17  -  4P    ルーベンス・バリチェロ
18  △  2P    ブルーノ・セナ
19  ▼  1P    パストール・マルドナド

コンストラクターズはこのようになっています。
フォースインディアがザウバーを逆転しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  451P  レッドブル・ルノー
2   -  325P  マクラーレン・メルセデス
3   -  254P  フェラーリ
4   -  108P  メルセデスGP
5   -  70P   ロータス・ルノーGP
6   △  36P   フォースインディア・メルセデス
7   ▼  35P   ザウバー・フェラーリ
8   -  29P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・コスワース

次戦シンガポールGPは、9月23~25日に行われます。

« F1 2011 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | WRC 2011 Rd.10 ラリー・オーストラリア »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | WRC 2011 Rd.10 ラリー・オーストラリア »