2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #253 »

F1 2011 Rd.14 シンガポールGP決勝

F1第14戦シンガポールGPは、2時間近いレースとなりました。
(注意、結果が書いてあります)

今回のレース結果によってはベッテルのチャンピオン決定もあるシンガポールGP。

決勝はベッテルがスタートでトップをキープすると、
終盤こそ2位との差が接近しましたが、
ピット作業中でも順位を落とすことなくパーフェクトウィン!
今シーズン9勝目を3連勝となるポール・トゥ・ウィンで決めました。

2位はバトンでベッテルのチャンピオンをかろうじて阻止、
3位ウェバー、スタートで4位に後退しましたが、
コース上でアロンソを抜いてレッドブルの1-3フィニッシュ。

4位アロンソでチャンピオンの可能性が消えました。
以下ハミルトン、ディ・レスタ、ロズベルグ、スーティル、
マッサ、ペレスまでが入賞圏内。
フォースインディアは2台ともトップ10フィニッシュの好結果、
ハミルトンはマッサと接触したことでペナルティを受けて後退、
マッサはパンクによって順位を落とす結果になりました。

シューマッハはペレスとのバトルの際に激しくクラッシュしてリタイア、
このクラッシュでセーフティカーが入り、ベッテルのピットタイミングによって
小林は周回遅れにされて順位を上げられなくなり、
2周遅れの14位で完走となってしまいました。

<決勝>
1   1   S.ベッテル          61  1:59:06.757
2   4   J.バトン            61  +     1.737
3   2   M.ウェバー       61  +    29.279
4   5   F.アロンソ          61  +    55.449
5   3   L.ハミルトン        61  +  1:07.766
6   15  P.ディ・レスタ      61  +  1:51.067
7   8   N.ロズベルグ        60  +     1 Lap
8   14  A.スーティル        60  +     1 Lap
9   6   F.マッサ            60  +     1 Lap
10  17  S.ペレス            60  +     1 Lap
11  12  P.マルドナド        60  +     1 Lap
12  18  S.ブエミ            60  +     1 Lap
13  11  R.バリチェロ        60  +     1 Lap
14  16  小林可夢偉          59  +    2 Laps
15  9   B.セナ              59  +    2 Laps
16  20  H.コバライネン      59  +    2 Laps
17  10  V.ペトロフ          59  +    2 Laps
18  25  J.ダンブロシオ      59  +    2 Laps
19  22  D.リチャルド        57  +    4 Laps
20  23  V.リウッツィ        57  +    4 Laps
21  19  J.アルグエルスアリ  56  +    5 Laps
    21  J.トゥルーリ        47  +   14 Laps DNF
    7   M.シューマッハ      28  +   33 Laps DNF
    24  T.グロック           9  +   52 Laps DNF

ドライバーズポイントはバトンが2位に浮上しました。

残りは5レース、最大125ポイントなので、
バトンのみチャンピオンの可能性が残されていますが、
5レースとも優勝し、ベッテルが全てノーポイントが条件。

日本GPでベッテルがチャンピオンを獲得するには、
ベッテル10位以内、11以下でもバトンが2位以下で決定します。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  309P  セバスチャン・ベッテル
2   △  185P  ジェンソン・バトン
3   ▼  184P  フェルナンド・アロンソ
4   -  182P  マーク・ウェバー
5   -  168P  ルイス・ハミルトン
6   -  84P   フェリペ・マッサ
7   -  62P   ニコ・ロズベルグ
8   -  52P   ミハエル・シューマッハ
9   -  34P   ヴィタリー・ペトロフ
10  -  34P   ニック・ハイドフェルド
11  △  28P   エイドリアン・スーティル
12  ▼  27P   小林可夢偉
13  △  20P   ポール・ディ・レスタ
14  ▼  16P   ハイメ・アルグエルスアリ
15  ▼  13P   セバスチャン・ブエミ
16  -  9P    セルジオ・ペレス
17  -  4P    ルーベンス・バリチェロ
18  -  2P    ブルーノ・セナ
19  -  1P    パストール・マルドナド

コンストラクターズは順位に変動はありません。
次戦でレッドブルがチャンピオンが決定する条件は
レッドブルとマクラーレンの差が34ポイント開く必要があります。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  491P  レッドブル・ルノー
2   -  353P  マクラーレン・メルセデス
3   -  268P  フェラーリ
4   -  114P  メルセデスGP
5   -  70P   ロータス・ルノーGP
6   -  48P   フォースインディア・メルセデス
7   -  36P   ザウバー・フェラーリ
8   -  29P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・コスワース

次戦日本GPは、10月7~9日に行われます。

« F1 2011 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #253 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

昨晩、予選時に見た予報では雷雨と書かれてましたので、心配された雨も降らなくて良かったです。
クラッシュは多めでしたけど、そこまで荒れなかったような…? シンガポールの割には、の文章を足しますが。(おぃ)

ペレス…ロズベルグとはノーカウントでしたけど、ミハエルの件は大丈夫だったのかなぁ、と心配に。地上波では触れずじまいでしたからね。
それとも、片方がリタイアしたから、レース後審議となったのだろうか。青葉さんも何かあれば書くと思われますが、個人的にも後で調べてみます。
カムイは不運レベルが最高だったので、あえて触れません。(汗)

最後…優勝タイムは1:59:06.8で、2時間ギリギリ。
レースに「たられば」はいけませんけど、アルグの件(or 別のアクシデント)が何周か早ければ、2時間ルールも含めて予想外の展開になったかも?
今回は、その可能性の視点で面白かった気がします。

P.S.
昨日(予選中)、毎度おなじみの順位予想(ウェバー、ベッテル、バトン、アロンソ、ロズベルグ、ディレスタ、マッサ、可夢偉、バリチェロ、ペレス)をしましたが、本当にディレスタが6位に来るとは思いませんでした。
そんな訳で、レースの終盤は彼の動きばかりを気にしてました。(笑)

市街地レースにしては完走率が高かったですよね。
小林可夢偉は予選から流れが変わったような気がします。
フォースインディアにとっては嬉しい結果だったと思います^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #253 »