2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« IndyCar 2011 Rd.14 Baltimore | トップページ | GT5ラリーTA その2 »

モトGP 2011 Rd.13 サンマリノGP

モトGP第13戦はミサノサーキットで行われました。

モトGP第13戦はミサノ市にあるサンマリノGPです。

予選は今回もストーナーがポールを獲得しました。
2番手にロレンソ、3番手にペドロサ、
ロッシは11番手、青山は10番手で4列目からのスタートとなりました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:33.138
2   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:33.258
3   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:33.318
4   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:33.947
5   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:33.990
6   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:34.026
7   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:34.054
8   19  A.バウティスタ      スズキ      1:34.360
9   8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:34.592
10  7   青山博一            ホンダ      1:34.637
11  46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:34.676
12  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:34.727
13  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:34.791
14  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:34.870
15  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:34.955
16  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  1:35.502
17  24  T.エリアス          ホンダ      1:36.167

決勝はホールショットを奪ったロレンソが、
2位以下を寄せ付けない走りを見せてトップチェッカー、
今シーズン3勝目を決めました!

2位はペドロサ、ストーナーは23周目にペドロサに抜かれて3位、
4位はわずかの差でシモンチェリ、5位にドビツィオーソ。

ロッシはスタートしてすぐ5位まで順位を上げましたが、
その後徐々に順位を落として7位でフィニッシュ、
青山は11位で完走を果たしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   1   J.ロレンソ          ヤマハ      28  46:52.786
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      28  +   7.299
3   27  C.ストーナー        ホンダ      28  +  11.967
4   58  M.シモンチェリ      ホンダ      28  +  17.353
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      28  +  17.390
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      28  +  18.092
7   46  V.ロッシ            ドゥカティ  28  +  23.703
8   19  A.バウティスタ      スズキ      28  +  30.678
9   8   H.バルベラ          ドゥカティ  28  +  37.502
10  35  C.クラッチロー      ヤマハ      28  +  37.720
11  7   青山博一            ホンダ      28  +  39.548
12  17  K.アブラハム        ドゥカティ  28  +  40.506
13  5   C.エドワーズ        ヤマハ      28  +  53.349
14  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  28  +1:02.366
15  24  T.エリアス          ホンダ      28  +1:20.156
    69  N.ヘイデン          ドゥカティ  22  + 20 Laps
    65  R.カピロッシ        ドゥカティ   2  + 26 Laps

ライダーズポイントは、ロレンソがストーナーに
9ポイント差を縮めて35ポイント差に変わりました。

残りレースは5戦、最大獲得ポイントは125ポイントなので、
ロッシは今季のチャンピオン獲得は完全に消滅しました。

<ライダーズポイント>
1   -  259P  ケーシー・ストーナー
2   -  222P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  185P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  150P  ダニ・ペドロサ
5   -  135P  ベン・スピーズ
6   -  133P  バレンティーノ・ロッシ
7   -  105P  ニッキー・ヘイデン
8   △  93P   マルコ・シモンチェリ
9   ▼  87P   コーリン・エドワーズ
10  -  82P   青山博一
11  -  69P   ヘクトル・バルベラ
12  -  57P   アルバロ・バウティスタ
13  -  50P   カレル・アブラハム
14  -  47P   トニ・エリアス
15  -  45P   カル・クラッチロー
16  △  29P   ランディ・ド・プニエ
17  ▼  29P   ロリス・カピロッシ
18  -  6P    ジョン・ホプキンス
19  -  3P    秋吉耕佑

コンストラクターズは第8戦イタリアGP以来のヤマハ優勝で
5ポイント差を縮めましたが、逆転は非常に難しいでしょう。

<コンストラクターズポイント>
1   -  305P  ホンダ
2   -  258P  ヤマハ
3   -  144P  ドゥカティ
4   -  63P   スズキ

チームポイントはヤマハ・ファクトリーがわずかに差を縮めています。
トップ5は怪我でライダーの欠場がない限り、順位の変動はなさそうです。

<チームポイント>
1   -  393P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  359P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  238P  DUCATI TEAM
4   -  170P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  132P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  69P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   △  63P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   ▼  58P   PRAMAC RACING TEam
9   -  50P   CARDION AB MOTORACING
10  -  47P   LCR HONDA MOTOGP

モト2は予選でブラドルがポールポジション、マルケスが2番手、
そして高橋裕紀が3番手の好位置につけて、
昨年の富沢に捧げる優勝をフロントローから目指すことになりました。
また小山知良が昨年富沢祥也が所属していたチームから、
ソフォーグルの代役でモト2初参戦を果たしています。

決勝は終始トップ争いが白熱、熾烈な接近戦は、
残り6周で首位に立ったマルケスが優勝を果たしました!
2位はブラドル、3位イアンノーレ、4位デ・アンジェリス、5位レディング。

高橋はスタートで順位を下げたもののトップ集団に残っていましたが、
追い上げはかなわずに7位でフィニッシュ。
小山は初のモト2で20位完走となりました。
ポイントランクでは1位ブラドルと2位マルケスの差が23に変わっています。

125ccではポールスタートのザルコと予選3番手のテロルの争いになりました。
ラストラップまでもつれた争いはザルコが有利に進め、
最終コーナーまでザルコがリードしていましたが、
不必要な振り返りと行動により、テロルがコントロールライン手前で逆転、
0.022秒差でテロルが7勝目をあげました!

ザルコはカタルニアGP、イタリアGP、ドイツGPに次いで優勝を逃す2位となりました。
3位はバスケス、4位コルテセ、5位ファウベルの順となっています。

次戦アラゴンGPは、9月16~19日に行われます。

« IndyCar 2011 Rd.14 Baltimore | トップページ | GT5ラリーTA その2 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IndyCar 2011 Rd.14 Baltimore | トップページ | GT5ラリーTA その2 »