2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« IndyCar 2011 Rd.15 Motegi | トップページ | 台風ロウキーの襲来… »

モトGP 2011 Rd.14 アラゴンGP

モトGP第14戦はアルカニスで行われました。

モトGP第13戦は2度目の開催となったアラゴンGPです。

予選はストーナーが今季9回目のポールを獲得、
2番手はペドロサ、3番手スピーズ、4番手ロレンソ。

青山は9番手、ロッシは13番手タイムでした。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:48.451
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:48.747
3   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:49.155
4   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:49.20
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:49.372
6   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:49.528
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:49.752
8   17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:49.777
9   7   青山博一            ホンダ      1:49.813
10  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:49.826
11  19  A.バウティスタ      スズキ      1:49.883
12  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:49.893
13  46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:49.960
14  8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:49.976
15  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:50.105
16  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  1:50.752
17  24  T.エリアス          ホンダ      1:51.073

決勝はスピーズがホールショットを奪い、
ストーナーが3位に順位を下げるスタートとなりました。

しかし1周目でストーナーがトップに立つと、
その後は後続を引き離してポール・トゥ・ウィン!
今シーズン7勝目をあげました。

2位はペドロサ、3位ロレンソ、4位シモンチェリ、5位スピーズ、
ロッシは7基目のエンジンを投入したためにピットからスタートし、
最後尾から10位まで上がってチェッカーを受けました。

青山は終盤ロッシとクラッチローの争いになりましたが、
ラストラップにロッシに交わされて11位でのフィニッシュとなりました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      23  42:17.427
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      23  +   8.162
3   1   J.ロレンソ          ヤマハ      23  +  14.209
4   58  M.シモンチェリ      ホンダ      23  +  20.646
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      23  +  27.739
6   19  A.バウティスタ      スズキ      23  +  30.373
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  23  +  34.288
8   8   H.バルベラ          ドゥカティ  23  +  37.305
9   35  C.クラッチロー      ヤマハ      23  +  39.652
10  46  V.ロッシ            ドゥカティ  23  +  39.832
11  7   青山博一            ホンダ      23  +  39.997
12  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  23  +  54.717
13  5   C.エドワーズ        ヤマハ      23  +  58.430
    24  T.エリアス          ホンダ      15  +  8 Laps
    65  R.カピロッシ        ドゥカティ  15  +  8 Laps
    4   A.ドビツィオーソ    ホンダ       0  + 23 Laps
    17  K.アブラハム        ドゥカティ   0  + 23 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーとロレンソが44ポイントに変わっています。

ノーポイントのドビツィオーソはストーナーとの差が99ポイント、
チャンピオン獲得には残り4戦すべて優勝しストーナーがノーポイントが条件なので、
事実上のチャンピオン争いは2位のロレンソまでに絞られました。

<ライダーズポイント>
1   -  284P  ケーシー・ストーナー
2   -  240P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  185P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  170P  ダニ・ペドロサ
5   -  146P  ベン・スピーズ
6   -  139P  バレンティーノ・ロッシ
7   -  114P  ニッキー・ヘイデン
8   -  106P  マルコ・シモンチェリ
9   -  90P   コーリン・エドワーズ
10  -  87P   青山博一
11  -  77P   ヘクトル・バルベラ
12  -  67P   アルバロ・バウティスタ
13  △  52P   カル・クラッチロー
14  ▼  50P   カレル・アブラハム
15  ▼  47P   トニ・エリアス
16  -  33P   ランディ・ド・プニエ
17  -  29P   ロリス・カピロッシ
18  -  6P    ジョン・ホプキンス
19  -  3P    秋吉耕佑

コンストラクターズは再びホンダがヤマハを引き離しました。

<コンストラクターズポイント>
1   -  330P  ホンダ
2   -  274P  ヤマハ
3   -  153P  ドゥカティ
4   -  73P   スズキ

チームポイントは順位に変動がありません。
今回もヤマハ・ファクトリーがわずかに差を縮めました。

<チームポイント>
1   -  418P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  386P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  253P  DUCATI TEAM
4   -  188P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  142P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  77P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   -  73P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   -  62P   PRAMAC RACING TEam
9   -  50P   CARDION AB MOTORACING
10  -  47P   LCR HONDA MOTOGP

モト2は中盤までめまぐるしく順位が入れ替わるトップ争いが続きましたが、
14周目にマルケスがトップに立つと、15周目にペースを上げ、
2位以下を振り切って今季7勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位は3台の接戦を制したイアンノーレ、3位コルシ、4位デ・アンジェリス、
5位A.エスパルガロ、ポイントリーダーのブラドルは8位、
5位~17位までは3.1秒差の大接戦でした。
小山知良は24位、高橋裕紀は31位で完走を果たしています。

チャンピオン争いはブラドル221P、
マルケス215Pでその差は6ポイントに縮まりました。

125ccは予選3番手のテロルがホールショットを奪うと、
その後は独走状態で優勝! 今季8勝目となる3連勝です。
2位はファウベルとの争いを制したザルコ、
3位ビニャーレス、4位バスケス、5位サロム、
ファウベルは最終コーナーでザルコに仕掛けた際に転倒してリタイアに終えました。

次戦は日本に上陸、日本GPは9月30~10月2日に行われます。

« IndyCar 2011 Rd.15 Motegi | トップページ | 台風ロウキーの襲来… »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

今回のロッシ VS クラッチロー VS 青山博一のバトルは熱くなりました。
ロッシのピットスタートからのものすごい追い上げはさすがですね。
青山選手には残りのレースもしっかりとポイントを獲得していってもらいたいです。
次戦の日本GPも頑張って欲しいですね。
モトGPの次はF1の日本GPですがこちらも楽しみです。


F1日本GP初日に開発の遅れが出ていた公式ゲームの日本語版「F1 2011」も発売されるのでこちらも楽しみにしています。PVにセーフティーカーが出ていたので期待しています。フォーメーションラップはたぶん入っていないと思いますが昨年のより完成度は上がっているようなので期待できそうです。

最後に負けてしまいましたが、青山の争いは良かったですよね。
優勝争いはモトGPクラスが最もつまらなかったですけど^^;

インディジャパン→モトGP日本GP&アジアパシフィックラリー選手権ラリー北海道→F1日本GP

日本での国際レースが多いのは嬉しいです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IndyCar 2011 Rd.15 Motegi | トップページ | 台風ロウキーの襲来… »