2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 再開&予定 | トップページ | モトGP 2011 Rd.14 アラゴンGP »

IndyCar 2011 Rd.15 Motegi

インディ第15戦はインディ・ジャパン・ザ・ファイナルです。

Indy201115a

インディは日本に上陸、
今年が最後となるインディジャパン・ザ・ファイナル。

今年は震災の影響でオーバルは使えず、
最初で最後のロードコースでの開催です。

今回は武藤英紀とオリベイラがスポット参戦しました。

予選はディクソンがポールポジションを獲得、
2番手にパワー、ポイントリーダーのフランキッティは9番手、
佐藤は11番手、オリベイラ12番手、武藤22番手からスタートします。

ちなみに、今年のフォーミュラニッポン第4戦の予選は
オリベイラが1分35秒012でポールを獲得していますが、
クルマの違いで3秒の差がつきました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   9   S.ディクソン           1:38.3918
2   12  W.パワー               1:38.4194
3   38  G.レイホール           1:38.5946
4   6   R.ブリスコー           1:38.7082
5   06  J.ヒンチクリフ(R)      1:38.9226
6   3   H.カストロネベス       1:38.9743
------ Round 2  -----------------------------
7   83  C.キンボール(R)        1:38.7911
8   18  J.ジェイクス(R)        1:38.8198
9   10  D.フランキッティ       1:38.8738
10  26  M.アンドレッティ       1:38.9058
11  5   佐藤琢磨               1:38.9194
12  34  JP.オリベイラ(R)       1:39.0009
------ Round 1 -----------------------------
13  59  EJ.ヴィソ              1:38.9562 Group 1
14  19  S.ボーダイス           1:38.7495 Group 2
15  77  A.タグリアーニ         1:39.0409 Group 1
16  2   O.セルビア             1:38.7719 Group 2
17  28  R.ハンターレイ         1:39.0750 Group 1
18  22  G.パンターノ(R)        1:38.8588 Group 2
19  4   JR.ヒルデブランド(R)   1:39.2650 Group 1
20  27  M.コンウェイ           1:38.9371 Group 2
21  24  A.ベアトリス(R)        1:39.4724 Group 1
22  17  武藤英紀               1:38.9407 Group 2
23  7   D.パトリック           1:39.4789 Group 1
24  14  V.メイラ               1:39.3269 Group 2
25  82  T.カナーン             1:39.5004 Group 1
26  78  S.デ・シルベストロ     1:39.3440 Group 2

決勝はディクソンがリードし、パワーが約1秒の差で2位につけます。
佐藤は10位を走行していましたが、
19周目のターン1でオリベイラにインに入られると、
2台が接触しコースオフ、順位を落としてしまいます。

Indy201115b

オリベイラは22周目にストールしてしまい、
このレース最初のコーションに。

19~21周目に多くのマシンがルーティンを済ませましたが、
2周目にピットに入った武藤はちょうどピットクローズされたタイミングだったため、
2度ピットに入ることになってしまいました。

25周目にリスタート、しかし今度はターン1でフランキッティが
ブリスコーに接触したことで多重クラッシュが発生、
フランキッティはこの追突によって順位が下げられます。

Indy201115c

28周目に2度目のリスタート、再びディクソンがリードしていき、
42周目以降の2度目のルーティンもディクソンはトップを守ります。

終盤は4位のセルビア以下が縦隊になる接近戦に、
58周目はボーダイスとハンターレイが接触して再びコーションが発生しました。

61周目にリスタートしますが隊列が揃わず、62周目に再リスタートすると、
混乱した中で順位を上げてきた佐藤がヴィソと接触、
ヴィソは最後尾に落ち、佐藤も11位に落ちてしまいました。

Indy201115d

さらにメイラとキンボールもストップする中で
ホワイトフラッグが振られてラストラップ、
ディクソンは1度もオーバーテイクを許さず、
最後のインディ・ジャパンをポール・トゥ・ウィンで飾りました!

Indy201115e

ディクソンのインディジャパン優勝は2009年以来の2度目、
オーバルとロードで優勝した唯一のドライバーとなります。

Indy201115f

2位はパワー、3位アンドレッティ、4位タグリアーニ、5位セルビア。
カストロネベスが7位でチェッカーを受けましたが、
ローカルイエローでオーバーテイクしたために22位に下げられています。

フランキッティはペナルティで24位まで順位を落としましたが、
怒涛の追い上げを見せて8位と健闘。

佐藤は2度の接触があったものの10位で、トップ10圏内のフィニッシュ、
武藤は最初のピットクローズが響いて18位、
オリベイラはストール後にピットに戻りましたが、
結局マシントラブルでリタイアに終えています。

<決勝>
1   9   S.ディクソン            63  1:56:41.0107
2   12  W.パワー                63  +     3.4375
3   26  M.アンドレッティ        63  +     4.4782
4   77  A.タグリアーニ          63  +     5.5913
5   2   O.セルビア              63  +     6.1621
6   19  S.ボーダイス            63  +     6.6399
7   4   JR.ヒルデブランド(R)    63  +     8.7436
8   10  D.フランキッティ        63  +     9.0690
9   27  M.コンウェイ            63  +     9.3816
10  5   佐藤琢磨                63  +    10.1187
11  7   D.パトリック            63  +    10.6995
12  38  G.レイホール            63  +    11.4555
13  18  J.ジェイクス(R)         63  +    11.6119
14  78  S.デ・シルベストロ      63  +    12.0651
15  06  J.ヒンチクリフ(R)       63  +    12.5498
16  22  G.パンターノ(R)         63  +    14.4549
17  82  T.カナーン              63  +    15.8407
18  17  武藤英紀                63  +    16.3024
19  24  A.ベアトリス(R)         63  +    20.5159
20  6   R.ブリスコー            63  +    38.5887
21  59  EJ.ヴィソ               63  +  1:39.0777
22  3   H.カストロネベス        63  +  1:39.0787
23  83  C.キンボール(R)         62    Off Course
24  28  R.ハンターレイ          62  +    17.0494
25  14  V.メイラ                61    Off Course
26  34  JP.オリベイラ(R)        19    Mechanical

ドライバーズポイントはついにパワーがトップに立ちました。
またロードコースのチャンピオンはパワーに決定しています。

フランキッティは11ポイント差で2位に後退、
残りは2レースなのでチャンピオンの可能性はディクソンまでです。

Indy201115g

<ドライバーズポイント>
1    △  542P  ウィル・パワー
2    ▼  531P  ダリオ・フランキッティ
3    -  483P  スコット・ディクソン
4    -  397P  オリオール・セルビア
5    △  353P  トニー・カナーン
6    -  340P  ライアン・ブリスコー
7    △  327P  マルコ・アンドレッティ
8    ▼  317P  ライアン・ハンターレイ
9    △  302P  グラハム・レイホール
10   ▼  302P  エリオ・カストロネベス
11   △  296P  アレックス・タグリアーニ
12   ▼  294P  ダニカ・パトリック
13   △  284P  J.R.ヒルデブランド(R)
14   -  282P  佐藤琢磨
15   ▼  273P  ヴィットール・メイラ
16   -  270P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
17   -  248P  マイク・コンウェイ
18   -  229P  EJ.ヴィソ
19   -  216P  チャーリー・キンボール(R)
20   -  215P  シモーナ・デ・シルベストロ
21   -  200P  アナ・ベアトリス(R)
22   △  188P  セバスチャン・ボーダイス
23   ▼  183P  ジャスティン・ウィルソン
24   ▼  178P  セバスチャン・サーベドラ(R)
25   -  177P  ジェームス・ジェイクス(R)
26   -  125P  エド・カーペンター
27   -  75P   アレックス・ロイド(R)
28   -  68P   ポール・トレーシー
29   -  67P   ラファエル・マトス
30   -  59P   ダン・ウェルドン
31   -  56P   サイモン・ペジノー(R)
32   -  52P   トーマス・シェクター
33   -  49P   マーティン・プローマン(R)
34   △  37P   ジョルジョ・パンターノ(R)
35   ▼  30P   バートランド・バゲット
36   ▼  27P   ジェイ・ハワード(R)
37   ▼  26P   デイビー・ハミルトン
38   -  21P   タウンセンド・ベル
39   -  20P   バディ・ライス
40   -  20P   ピッパー・マン(R)
41   ▼  16P   ジョン・アンドレッティ
42   △  12P   武藤英紀
43   ▼  10P   ウェイド・カニンガム(R)
44   ▼  10P   ホーピン・タン(R)
45   △  10P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(R)

今回で最後となる日本でのインディカーでしたが、
またいつか戻ってくることを願いたいですね^^

次戦はケンタッキーで、9月30~10月2日に行われます。

« 再開&予定 | トップページ | モトGP 2011 Rd.14 アラゴンGP »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再開&予定 | トップページ | モトGP 2011 Rd.14 アラゴンGP »