2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« GranTurismo5 #252 | トップページ | モトGP 2011 Rd.13 サンマリノGP »

IndyCar 2011 Rd.14 Baltimore

インディ第14戦はボルティモア市街地コースで行われました。

Indy201114a

インディ第14戦は初の開催となるメリーランド州の、
ボルティモア(ボルチモア)市街地レースです。

場所はMLBオリオールズの球場がある付近で、
コース上には線路もあるのですけど、
レース期間はなんとアスファルトで舗装してしまいました^^;
(終了後に元の状態に戻します)

ホームストレート上の線路手前がバンピーであったため、
急遽シケインが作られたりと、
フリー走行前日まで舗装工事をする慌ただしさ、
F1ではありえない光景でした(汗)

そんなボルティモアの予選は今回もパワーがポールを獲得、
今回が今シーズン7回目のポールポジションです。

2番手にレイホール、3番手ブリスコー、4番手フランキッティ。

前戦ビザの関係で参加できなかったシルベストロは12番手
佐藤は予選第1ラウンドで好タイムを記録しましたが、
スピンを喫してストップ、イエローの原因を作ったために、
ベストラップ上位2つが抹消された結果、最下位に沈みました。

<予選>
------ Round 3  -----------------------------
1   12  W.パワー               1:20.2447
2   38  G.レイホール           1:20.3238
3   6   R.ブリスコー           1:20.7023
4   10  D.フランキッティ       1:20.7118
5   19  S.ボーダイス           1:20.9725
6   28  R.ハンターレイ         1:21.0095
------ Round 2  -----------------------------
7   3   H.カストロネベス       1:20.8503
8   27  M.コンウェイ           1:20.9078
9   59  EJ.ヴィソ              1:20.9416
10  9   S.ディクソン           1:20.0617
11  82  T.カナーン             1:21.3764
12  78  S.デ・シルベストロ     1:21.7382
------ Round 1 -----------------------------
13  18  J.ジェイクス(R)        1:21.6046 Group 1
14  14  V.メイラ               1:21.9707 Group 2
15  22  G.パンターノ(R)        1:21.6857 Group 1
16  2   O.セルビア             1:21.9856 Group 2
17  06  J.ヒンチクリフ(R)      1:21.7882 Group 1
18  83  C.キンボール(R)        1:22.3963 Group 2
19  4   JR.ヒルデブランド(R)   1:22.0232 Group 1
20  17  M.プローマン(R)        1:22.5638 Group 2
21  77  A.タグリアーニ         1:22.1596 Group 1
22  24  A.ベアトリス(R)        1:22.9070 Group 2
23  26  M.アンドレッティ       1:22.8926 Group 1
24  07  T.シェクター           1:22.9769 Group 2
25  7   D.パトリック           1:23.0159 Group 1
26  34  S.サーベドラ(R)        1:23.4736 Group 2
27  67  E.カーペンター         1:24.5361 Group 1
28  5   佐藤琢磨               1:25.3139 Group 2

決勝の前に行われるウォームアップでは、
カナーンがブレーキトラブルで高速でクラッシュ、
カストロネベスと接触してタイヤバリアに突っ込む激しいアクシデントがありました。

幸い2人は無事でしたが、最後尾グリッドに下がり、
佐藤は26番グリッドからのスタートになっています。

決勝、スタートから荒れると予想されていましたが、
全員が慎重に走ったためにクラッシュもなくレースが進みます。

32周目、シェクターがスピンして最初のコーションに、
37周目にリスタートしましたが、翌38周のターン3で
多重クラッシュが起きてしまいました。

Indy201114b

15位まで順位を上げてきた佐藤も巻き込まれて、
サスペンションにダメージを受けてしまいます。

このコーションで半数以上が最後のピットインを済ませましたが、
パワーやフランキッティはステイアウトします。

49周目にリスタートすると、パワーはハイペースで他を突き放し、
59周目のラストピットをルーティンを済ませていたセルビアの前で復帰、
見事な走りでパワーが今季5勝目となるポール・トゥ・ウィンで優勝しました!

Indy201114c

2位はセルビア、3位は38周目のコーションで順位を上げたカナーン、
4位にフランキッティ、5位ディクソン。

佐藤はオーバーテイクを繰り返して6位まで浮上し、
5位のディクソンをピタリと追いかけていましたが、
残り3周のところでウォールに接触して後退、
なんとか復帰するものの次の周でコーナーを曲がれずにストップし、
18位でレースを終えることとなってしまいました。

<決勝>
1   12  W.パワー                75  2:02:19.4998
2   2   O.セルビア              75  +    10.2096
3   82  T.カナーン              75  +    10.8557
4   10  D.フランキッティ        75  +    11.0831
5   9   S.ディクソン            75  +    11.5032
6   7   D.パトリック            75  +    18.5661
7   77  A.タグリアーニ          75  +    18.5671
8   28  R.ハンターレイ          75  +    18.9269
9   14  V.メイラ                75  +    22.3096
10  38  G.レイホール            75  +    22.6977
11  17  M.プローマン(R)         75  +    23.7405
12  78  S.デ・シルベストロ      75  +    24.7568
13  34  S.サーベドラ(R)         75  +    29.6042
14  6   R.ブリスコー            75  +    30.9855
15  59  EJ.ヴィソ               75  +    50.6756
16  24  A.ベアトリス(R)         75  +  1:00.5667
17  3   H.カストロネベス        74  +    30.4752
18  5   佐藤琢磨                73  +     2 Laps
19  4   JR.ヒルデブランド(R)    73       Contact
20  67  E.カーペンター          73  +     9.7096
21  83  C.キンボール(R)         73  +    45.7981
22  07  T.シェクター            71  +     6.8723
23  27  M.コンウェイ            64    Mechanical
24  06  J.ヒンチクリフ(R)       54      Handling
25  26  M.アンドレッティ        40    Mechanical
26  22  G.パンターノ(R)         39       Contact
27  18  J.ジェイクス(R)         37       Contact
28  19  S.ボーダイス             9    Electrical

ドライバーズポイント、フランキッティとパワーの差が5ポイント差に大接近、
ロードコースの結果だけならパワーが首位に立っています。
(オーバルではディクソンがトップ)

佐藤は14位に後退してしまいました。

Indy201114d

<ドライバーズポイント>
1    -  507P  ダリオ・フランキッティ
2    -  502P  ウィル・パワー
3    -  430P  スコット・ディクソン
4    -  367P  オリオール・セルビア
5    △  340P  トニー・カナーン
6    ▼  328P  ライアン・ブリスコー
7    △  305P  ライアン・ハンターレイ
8    ▼  292P  マルコ・アンドレッティ
9    -  290P  エリオ・カストロネベス
10   -  284P  グラハム・レイホール
11   △  275P  ダニカ・パトリック
12   △  264P  アレックス・タグリアーニ
13   △  263P  ヴィットール・メイラ
14   ▼  262P  佐藤琢磨
15   ▼  258P  J.R.ヒルデブランド(R)
16   ▼  255P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
17   -  226P  マイク・コンウェイ
18   -  217P  EJ.ヴィソ
19   -  204P  チャーリー・キンボール(R)
20   △  199P  シモーナ・デ・シルベストロ
21   △  188P  アナ・ベアトリス(R)
22   ▼  183P  ジャスティン・ウィルソン
23   -  178P  セバスチャン・サーベドラ(R)
24   -  160P  セバスチャン・ボーダイス
25   -  160P  ジェームス・ジェイクス(R)
26   -  125P  エド・カーペンター
27   -  75P   アレックス・ロイド(R)
28   -  68P   ポール・トレーシー
29   -  67P   ラファエル・マトス
30   -  59P   ダン・ウェルドン
31   -  56P   サイモン・ペジノー(R)
32   -  52P   トーマス・シェクター
33   △  49P   マーティン・プローマン(R)
34   ▼  30P   バートランド・バゲット
35   -  27P   ジェイ・ハワード(R)
36   -  26P   デイビー・ハミルトン
37   △  23P   ジョルジョ・パンターノ(R)
38   ▼  21P   タウンセンド・ベル
39   ▼  20P   ピッパー・マン(R)
40   ▼  20P   バディ・ライス
41   ▼  16P   ジョン・アンドレッティ
42   -  10P   ウェイド・カニンガム(R)
43   -  10P   ホーピン・タン(R)

次戦はいよいよインディ・ジャパン!
最後のインディ・ジャパンはもてぎのロードコースで、
9月17日に決勝が行われます。

« GranTurismo5 #252 | トップページ | モトGP 2011 Rd.13 サンマリノGP »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GranTurismo5 #252 | トップページ | モトGP 2011 Rd.13 サンマリノGP »