2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | リンク集更新~10/10 »

F1 2011 Rd.15 日本GP決勝

多くの観客でにぎわった日本GP、ここでチャンピオンが決定しました!

快晴のもとで行われた日本グランプリ、
決勝はベッテルが好スタートを切りましたが、
2回目のピットストップでバトンに先行されると、
3回目のピットでさらに後退します。

トップに立ったバトンは、24周目に入ったセーフティカーや、
迫りくるアロンソを抑えきって今季3勝目をあげました!

2位はアロンソ、3位はベッテルが入り、
ベッテルが2011年のチャンピオンに輝きました!!

4位はウェバー、5位は接触もあったハミルトン、
ハミルトンと接触したマッサは7位でした。

6位は一時はトップを走ったシューマッハ、
8位ペレス、9位ペトロフ、10位ロズベルグ。

小林可夢偉はスタートに失敗して順位を落とすと、
セーフティカーがタイミング悪く入ったことで
タイヤ交換の戦略が失敗に終わりズルズルと後退、
序盤にはヘアピンでのオーバーテイクも見せましたが、
最終的に13位でのフィニッシュとなりました。

<決勝>
1   4   J.バトン            53  1:30:53.427
2   5   F.アロンソ          53  +     1.160
3   1   S.ベッテル          53  +     2.006
4   2   M.ウェバー       53  +     8.071
5   3   L.ハミルトン        53  +    24.268
6   7   M.シューマッハ      53  +    27.120
7   6   F.マッサ            53  +    28.240
8   17  S.ペレス            53  +    39.377
9   10  V.ペトロフ          53  +    42.607
10  8   N.ロズベルグ        53  +    44.322
11  14  A.スーティル        53  +    54.447
12  15  P.ディ・レスタ      53  +  1:02.326
13  16  小林可夢偉          53  +  1:03.705
14  12  P.マルドナド        53  +  1:04.194
15  19  J.アルグエルスアリ  53  +  1:06.623
16  9   B.セナ              53  +  1:12.628
17  11  R.バリチェロ        53  +  1:14.191
18  20  H.コバライネン      53  +  1:27.824
19  21  J.トゥルーリ        53  +  1:36.140
20  24  T.グロック          51  +    2 Laps
21  25  J.ダンブロシオ      51  +    2 Laps
22  22  D.リチャルド        51  +    2 Laps
23  23  V.リウッツィ        50  +    3 Laps
    18  S.ブエミ            11  +   42 Laps DNF

ドライバーズポイントは以下の通りです。
2位争いはハミルトンまでに可能性があります。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  324P  セバスチャン・ベッテル
2   -  210P  ジェンソン・バトン
3   -  202P  フェルナンド・アロンソ
4   -  194P  マーク・ウェバー
5   -  178P  ルイス・ハミルトン
6   -  90P   フェリペ・マッサ
7   -  63P   ニコ・ロズベルグ
8   -  60P   ミハエル・シューマッハ
9   -  36P   ヴィタリー・ペトロフ
10  -  34P   ニック・ハイドフェルド
11  -  28P   エイドリアン・スーティル
12  -  27P   小林可夢偉
13  -  20P   ポール・ディ・レスタ
14  -  16P   ハイメ・アルグエルスアリ
15  △  13P   セルジオ・ペレス
16  ▼  13P   セバスチャン・ブエミ
17  -  4P    ルーベンス・バリチェロ
18  -  2P    ブルーノ・セナ
19  -  1P    パストール・マルドナド

コンストラクターズは今回も順位に変動はありません。
今回はレッドブルのチャンピオンが決定しませんでしたが、
マクラーレンがレッドブルとの差を2ポイント縮めなければ決定します。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  518P  レッドブル・ルノー
2   -  388P  マクラーレン・メルセデス
3   -  292P  フェラーリ
4   -  123P  メルセデスGP
5   -  72P   ロータス・ルノーGP
6   -  48P   フォースインディア・メルセデス
7   -  40P   ザウバー・フェラーリ
8   -  29P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・コスワース

ドライバーズチャンピオンはベッテルに決まりましたが、
レースは韓国、インド、アブダビ、ブラジルの4戦あります。

次戦韓国GPは、来週10月14~16日に行われます。

« F1 2011 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | リンク集更新~10/10 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | リンク集更新~10/10 »