2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) »

F1 2011 Rd.16 韓国GP決勝

F1第16戦韓国GPは、3強の争いとなりました。
(注意、結果が書いてあります)

開催2年目となる韓国グランプリの決勝は、
スタートこそハミルトンがトップを死守しましたが、
3コーナーでベッテルがハミルトンをオーバーテイクすると、
(一時的な)雨やセーフティカーをものともせずに
ピット以外では順位を下げることなく優勝、今シーズン10勝目をあげました!

2位はハミルトン、序盤はベッテルと競っていましたが、
後半はウェバーを抑えるのがやっとでかろうじて2位を守りました。
3位はウェバー、レッドブルは1-3フィニッシュで
コンストラクターズ・チャンピオンを獲得しました!

4位バトン、5位アロンソ、6位マッサ、以下アルグエルスアリ、
ロズベルグ、ブエミ、ディ・レスタまでがポイント圏内、

小林は15位、ペレス16位でザウバーは苦しい結果でした。
シューマッハはペトロフに接触されて、ともにリタイアに終わっています。

<決勝>
1   1   S.ベッテル          55  1:38:01.994
2   3   L.ハミルトン        55  +    12.019
3   2   M.ウェバー       55  +    12.477
4   4   J.バトン            55  +    14.694
5   5   F.アロンソ          55  +    15.689
6   6   F.マッサ            55  +    25.133
7   19  J.アルグエルスアリ  55  +    49.538
8   8   N.ロズベルグ        55  +    54.053
9   18  S.ブエミ            55  +  1:02.762
10  15  P.ディ・レスタ      55  +  1:08.602
11  14  A.スーティル        55  +  1:11.226
12  11  R.バリチェロ        55  +  1:33.068
13  9   B.セナ              54  +     1 Lap
14  20  H.コバライネン      54  +     1 Lap
15  16  小林可夢偉          54  +     1 Lap
16  17  S.ペレス            54  +     1 Lap
17  21  J.トゥルーリ        54  +     1 Lap
18  24  T.グロック          54  +     1 Lap
19  22  D.リチャルド        54  +     1 Lap
20  25  J.ダンブロシオ      54  +     1 Lap
21  23  V.リウッツィ        52  +    3 Laps
    12  P.マルドナド        30  +   25 Laps DNF
    10  V.ペトロフ          16  +   39 Laps DNF
    7   M.シューマッハ      15  +   40 Laps DNF

ドライバーズポイント、2位争いは2ポイント拡がりました。
ウェバーが接近、ハミルトンまでに2位の可能性があります。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  349P  セバスチャン・ベッテル
2   -  222P  ジェンソン・バトン
3   -  212P  フェルナンド・アロンソ
4   -  209P  マーク・ウェバー
5   -  196P  ルイス・ハミルトン
6   -  98P   フェリペ・マッサ
7   -  67P   ニコ・ロズベルグ
8   -  60P   ミハエル・シューマッハ
9   -  36P   ヴィタリー・ペトロフ
10  -  34P   ニック・ハイドフェルド
11  -  28P   エイドリアン・スーティル
12  -  27P   小林可夢偉
13  △  22P   ハイメ・アルグエルスアリ
14  ▼  21P   ポール・ディ・レスタ
15  △  15P   セバスチャン・ブエミ
16  ▼  13P   セルジオ・ペレス
17  -  4P    ルーベンス・バリチェロ
18  -  2P    ブルーノ・セナ
19  -  1P    パストール・マルドナド

コンストラクターズはレッドブルのチャンピオンが決定、
マクラーレンの2位、フェラーリの3位も順位は変わらないでしょう。
今後はフォースインディア、ザウバー、トロロッソの争いに注目です。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  558P  レッドブル・ルノー
2   -  418P  マクラーレン・メルセデス
3   -  310P  フェラーリ
4   -  127P  メルセデスGP
5   -  72P   ロータス・ルノーGP
6   -  49P   フォースインディア・メルセデス
7   -  40P   ザウバー・フェラーリ
8   -  37P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・コスワース

次戦インドGPは、10月28~30日に行われます。

« F1 2011 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) »