2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 3DCGで描く | トップページ | IndyCar 2011 Rd.16 Kentucky »

モトGP 2011 Rd.15 日本GP

モトGP第15戦はツインリンクもてぎで行われました。

モトGP第15戦は昨年はアイスランドの火山の影響で延期されましたが、
今年は震災の影響で延期となっていた日本GPです。

今回のもてぎでは秋吉耕佑と伊藤真一がワイルドカード参戦、
日本人3人が出走します。

予選は今回もストーナーが今季10回目となるポールポジションを獲得、
2番手はロレンソ、3番手ドビツィオーソ、4番手ペドロサ、
ロッシは7番手スタートとなりました。

日本人は青山が11番手、秋吉が17番手、伊藤が19番手から、
また負傷したカピロッシの代役でカドリンが参戦しています。

なおアブラハムは15番グリッドを獲得しましたが、
怪我による影響もあって決勝を欠場します。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:45.267
2   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:45.523
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:45.791
4   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:45.966
5   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:46.042
6   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:46.211
7   46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:46.467
8   19  A.バウティスタ      スズキ      1:46.586
9   8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:46.694
10  69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:46.763
11  7   青山博一            ホンダ      1:46.811
12  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:46.818
13  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:46.917
14  5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:47.165
15  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:47.922
16  24  T.エリアス          ホンダ      1:48.169
17  64  秋吉耕佑            ホンダ      1:48.367
18  6   D.カドリン          ドゥカティ  1:48.962
19  72  伊藤真一            ホンダ      1:49.971

決勝はストーナーがホールショットを奪い、
今回も独走態勢を築いていくかと思われましたが、
5周目に90度コーナーでコースオフ、7位まで後退しました。

変わってトップに立ったのがドビツィオーソでしたが、
ドビツィオーソはジャンプスタートによりライドスルーペナルティ、
クラッチローとシモンチェリも同様にペナルティを受けました。

首位に立ったペドロサは2位ロレンソとの差を拡げて
第3戦ポルトガルGP以来の今季2回目の優勝!

ストーナーは2台がライドスルーで順位を下げて5位に上がると、
11周目にヘイデンを、12周目にバウティスタをオーバーテイク、
しかし2位との差は縮まらずに3位でフィニッシュしています。

ロッシは1周目の3コーナーでロレンソ、スピーズと接触して転倒リタイア、
青山は9位 秋吉12位 伊藤13位で完走を果たしています。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   26  D.ペドロサ          ホンダ      24  42:47.481
2   1   J.ロレンソ          ヤマハ      24  +   7.299
3   27  C.ストーナー        ホンダ      24  +  18.380
4   58  M.シモンチェリ      ホンダ      24  +  23.550
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      24  +  23.691
6   11  B.スピーズ          ヤマハ      24  +  37.604
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  24  +  39.167
8   5   C.エドワーズ        ヤマハ      24  +  45.023
9   7   青山博一            ホンダ      24  +  49.074
10  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  24  +  59.022
11  35  C.クラッチロー      ヤマハ      24  +1:13.964
12  64  秋吉耕佑            ホンダ      24  +1:21.709
13  72  伊藤真一            ホンダ      24  +1:26.381
    24  T.エリアス          ホンダ      17  +  7 Laps
    19  A.バウティスタ      スズキ      13  + 11 Laps
    6   D.カドリン          ドゥカティ  13  + 11 Laps
    8   H.バルベラ          ドゥカティ   1  + 23 Laps
    46  V.ロッシ            ドゥカティ   0  + 24 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーとロレンソの差が若干縮まりました。
しかし次戦ストーナーが優勝し、ロレンソが4位以下になるなど、
10ポイント以上差がつくとストーナーのチャンピオンが決定します。

<ライダーズポイント>
1   -  300P  ケーシー・ストーナー
2   -  260P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  196P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  195P  ダニ・ペドロサ
5   -  156P  ベン・スピーズ
6   -  139P  バレンティーノ・ロッシ
7   -  123P  ニッキー・ヘイデン
8   -  119P  マルコ・シモンチェリ
9   -  98P   コーリン・エドワーズ
10  -  94P   青山博一
11  -  77P   ヘクトル・バルベラ
12  -  67P   アルバロ・バウティスタ
13  -  57P   カル・クラッチロー
14  -  50P   カレル・アブラハム
15  -  47P   トニ・エリアス
16  -  39P   ランディ・ド・プニエ
17  -  29P   ロリス・カピロッシ
18  △  7P    秋吉耕佑
19  ▼  6P    ジョン・ホプキンス
20  △  3P    伊藤真一

コンストラクターズポイントは、ホンダがチャンピオンに王手、
次戦でホンダのチャンピオンが決定するでしょう。

<コンストラクターズポイント>
1   -  355P  ホンダ
2   -  294P  ヤマハ
3   -  162P  ドゥカティ
4   -  73P   スズキ

チームポイントは順位に変動がありません。
レプソル・ホンダとヤマハ・ファクトリーの差が38に拡がっています。

<チームポイント>
1   -  454P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  416P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  262P  DUCATI TEAM
4   -  208P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  155P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  77P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
7   -  73P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
8   -  68P   PRAMAC RACING TEam
9   -  50P   CARDION AB MOTORACING
10  -  47P   LCR HONDA MOTOGP

モト2はフロントローからスタートし、リードするイアンノーレと
1秒以内で追いかけるマルケスの戦いになりましたが、
イアンノーレがマルケスを振り切ってトップチェッカー、
今シーズン3勝目をあげました!

2位はマルケス、3位ルティ、4位ブラドル、5位コルシ、
日本人は高橋裕紀が30位、小山知良は28位、
中上貴晶はウォームアップで転倒、骨折して残念ながら決勝を欠場となりました。

ポイント争いはマルケスがブラドルを1ポイント差で上回り
初めてポイントランキングトップに立ちました。

125ccではテロルがホールショットを奪い好スタート、
ザルコは5周目にファウベルに抜かれて3位に後退しましたが、
8周目に2位に上がると14周目にテロルを抜いて首位に、
その後は少しずつ差を広げて、参戦3年目で念願の初優勝を決めました!

2位はテロル、3位ファウベル、4位はピットから最後尾スタートし、
1周目に転倒を喫しながらも見事な追い上げをみせたビニャーレス、
日本人は昨年も参戦した大久保光が17位、森俊也が21位、
山本剛大が24位で、3人とも昨年より順位を落とす結果に終わりました。
渡辺陽向はリタイア、大西隼は2度の骨折で決勝を欠場しています。

次戦はオーストラリアで、10月14~16日に行われます。

« 3DCGで描く | トップページ | IndyCar 2011 Rd.16 Kentucky »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3DCGで描く | トップページ | IndyCar 2011 Rd.16 Kentucky »