2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナル市街地コース 福井編 | トップページ | SUPER GT 2011 Rd.8 Motegi »

モトGP 2011 Rd.16 オーストラリアGP

モトGP第16戦はフィリップアイランドで行われました。

残り3戦となるモトGPはフィリップアイランドでのレースです。

予選ではストーナーがポールポジションを獲得し、
チャンピオンにリーチがかかりました。
総合2位のロレンソが2番手、3番手にシモンチェリ、
ロッシは13番手、青山は12番手で決勝をスタート。

日本GPで負傷したバルベラの代役にはカドリンが出走しますが、
フリー走行で転倒した影響で決勝を欠場しました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:29.975
2   1   J.ロレンソ          ヤマハ      1:30.448
3   58  M.シモンチェリ      ホンダ      1:30.599
4   19  A.バウティスタ      スズキ      1:30.714
5   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:30.780
6   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:30.792
7   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:30.835
8   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:30.871
9   5   C.エドワーズ        ヤマハ      1:31.237
10  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  1:31.583
11  14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:31.635
12  7   青山博一            ホンダ      1:31.889
13  46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:31.980
14  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:32.023
15  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:32.054
16  24  T.エリアス          ホンダ      1:32.503
    6   D.カドリン          ドゥカティ  1:36.666

決勝前のウォームアップではロレンソが転倒、
その際、左手薬指にダメージを負って決勝を欠場することになりました。
またスピーズは予選で転倒を喫し頭部を強打、
ウォームアップで様子を見た後、決勝の欠場を決めました。

3人が欠場して14台が並んだ決勝は、
スタートでストーナーがトップを守ると、
他の追随を許さずに独走態勢を築き上げてポール・トゥ・ウィン、
今季9度めの優勝とともに、2007年以来2度目のチャンピオンに輝きました!

2位はシモンチェリ、3位はわずかの差でドビツィオーソ、
ロッシは2000年以来となる2戦連続転倒リタイア、
青山もリタイアでレースを終えました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      27  42:02.425
2   58  M.シモンチェリ      ホンダ      27  +   2.210
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      27  +   2.454
4   26  D.ペドロサ          ホンダ      27  +  13.160
5   5   C.エドワーズ        ヤマハ      27  +  30.886
6   14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  27  +  48.800
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  27  +1:16.314
8   24  T.エリアス          ホンダ      26  +   1 Lap
9   65  R.カピロッシ        ドゥカティ  26  +   1 Lap
10  17  K.アブラハム        ドゥカティ  25  +  2 Laps
    19  A.バウティスタ      スズキ      23  +  4 Laps
    7   青山博一            ホンダ      23  +  4 Laps
    35  C.クラッチロー      ヤマハ      23  +  4 Laps
    46  V.ロッシ            ドゥカティ  13  + 14 Laps

ライダーズポイントは、ストーナーが2回目のチャンピオンを獲得、
2位は未だ確定していませんが、ロレンソの2位は決定的でしょう。
3位争いと6位争いが激しくなっています。

<ライダーズポイント>
1   -  325P  ケーシー・ストーナー
2   -  260P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  212P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  208P  ダニ・ペドロサ
5   -  156P  ベン・スピーズ
6   △  139P  マルコ・シモンチェリ
7   ▼  139P  バレンティーノ・ロッシ
8   ▼  132P  ニッキー・ヘイデン
9   -  109P  コーリン・エドワーズ
10  -  94P   青山博一
11  -  77P   ヘクトル・バルベラ
12  -  67P   アルバロ・バウティスタ
13  -  57P   カル・クラッチロー
14  -  56P   カレル・アブラハム
15  -  55P   トニ・エリアス
16  -  49P   ランディ・ド・プニエ
17  -  36P   ロリス・カピロッシ
18  -  7P    秋吉耕佑
19  -  6P    ジョン・ホプキンス
20  -  3P    伊藤真一

コンストラクターズポイントは順位が確定しました。
ホンダが2006年以来となる最高峰クラスでは18回目のチャンピオンに輝きました。

2位はヤマハ、ロッシの移籍が大きかったかもしれません。
3位はドゥカティ、今年は苦しい年となりました。
そして4位は1台体制のスズキでした。

<コンストラクターズポイント>
1   -  380P  ホンダ
2   -  305P  ヤマハ
3   -  172P  ドゥカティ
4   -  73P   スズキ

チームポイントでもレプソル・ホンダがチャンピオンに決定しました。
ヤマハ・ファクトリーは2度のノーポイントが大きく響きました。
6位以下はまだまだ順位が変わりそうです。

<チームポイント>
1   -  492P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  416P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  271P  DUCATI TEAM
4   -  228P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  166P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   △  85P   PRAMAC RACING TEam
7   ▼  77P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
8   ▼  73P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   -  56P   CARDION AB MOTORACING
10  -  55P   LCR HONDA MOTOGP

モト2はデ・アンジェリスがポールを獲得、
高橋裕紀が予選3番手でフロントローからのスタートとなりました。

決勝、好スタートを切ったのはレディング、
しかし激しい接近戦で順位が入れ替わっていきます。
7周目に入り1位ブラドル、2位デ・アンジェリスが0.5秒未満の争いになり、
後続車との差が開いて2台の争いになってきました。

11周目にはデ・アンジェリスがリードを奪いますが、
再びブラドルが奪うと、ここから心理戦となります。
ラストラップ、ホームストレートでデ・アンジェリスが仕掛け、
一気にブラドルを引き離してトップチェッカー、
今季初優勝をポール・トゥ・ウィンで飾りました!

2位はブラドル、3位マルケス、4位コルティ、
高橋はスタートで順位を落とし、一時は14位まで後退しますが、
10位でフィニッシュしました。

ライダーズポイントはマルケスが251、ブラドルが254で逆転、
まだまだ大接戦の状態が続きます。

125ccでは14番グリッドからスタートしたマルティンが1周目でトップに立ちましたが、
7周目に緊急ピットインし周回遅れとなってしまいます。
6周目にリードを奪ったコルテセは差を広げていきます。
残り2周となったところでアジョが転倒しレッドフラッグ、
優勝はコルテセで、今シーズン2勝目をあげました。

2位はサロム、3位ザルコ、テロルは6位でフィニッシュし、
選手権争いテロルとザルコの差は25ポイントに縮まりました。

次戦はマレーシアのセパンで、今週末の10月21~23日に行われます。

« オリジナル市街地コース 福井編 | トップページ | SUPER GT 2011 Rd.8 Motegi »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナル市街地コース 福井編 | トップページ | SUPER GT 2011 Rd.8 Motegi »