2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) | トップページ | オリジナル市街地コース 福井編 »

IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (2)

インディ最終戦は2000年以来の開催となるラスベガスです。

Indy2011dw

久々のラスベガス、最終戦とあって金曜の夜には祭りムードでした。

今回は特殊なルールがあり、インディドライバー以外の参戦者で
優勝した者には500万ドルの賞金が出ることになっていましたが、
参加者が現れずに中止、その代わりに"Go Daddyチャレンジ"という、
最下位からのスタートで優勝したら500万ドルの賞金というルールが設けられ、
ウェルドンがこれに挑戦することとなりました。

予選はカナーンがポールポジションを獲得、
チャンピオン争いをするフランキッティは18番手、
パワーは17番手でともに後方からのスタートとなりました。

佐藤琢磨は16番手スタート、ウェルドンは前述の通り最下位から、
なおライスはホワイトラインカットで予選タイム抹消(34番手タイム)となっています。

<予選>
1   82  T.カナーン             0:50.0582  222.078mph
2   2   O.セルビア             0:50.0619  222.061mph
3   67  E.カーペンター         0:50.1867  221.509mph
4   98  A.タグリアーニ         0:50.2273  221.330mph
5   6   R.ブリスコー           0:50.2728  221.130mph
6   26  M.アンドレッティ       0:50.2730  221.129mph
7   28  R.ハンターレイ         0:50.2931  221.040mph
8   38  G.レイホール           0:50.3118  220.958mph
9   7   D.パトリック           0:50.3194  220.925mph
10  27  M.コンウェイ           0:50.3201  220.922mph
11  3   H.カストロネベス       0:50.3235  220.907mph
12  17  W.カニンガム(R)        0:50.3501  220.790mph
13  9   S.ディクソン           0:50.3673  220.715mph
14  06  J.ヒンチクリフ(R)      0:50.3703  220.701mph
15  4   JR.ヒルデブランド(R)   0:50.3846  220.639mph
16  5   佐藤琢磨               0:50.3874  220.627mph
17  12  W.パワー               0:50.4109  220.524mph
18  10  D.フランキッティ       0:50.4188  220.489mph
19  44  B.ライス               0:50.4540  220.335mph
20  34  S.サーベドラ(R)        0:50.4589  220.314mph
21  19  A.ロイド               0:50.5351  219.982mph
22  83  C.キンボール(R)        0:50.5443  219.942mph
23  22  T.ベル                 0:50.5733  219.816mph
24  57  T.シェクター           0:50.6477  219.493mph
25  11  D.ハミルトン           0:50.6984  219.273mph
26  14  V.メイラ               0:50.8403  218.661mph
27  8   P.トレーシー           0:50.8598  218.577mph
28  15  J.ハワード             0:50.8987  218.410mph
29  77  D.ウェルドン           0:50.9578  218.157mph
30  30  P.マン(R)              0:50.9587  218.153mph
31  24  A.ベアトリス(R)        0:50.9637  218.132mph
32  78  S.デ・シルベストロ       No time  DNQ
33  59  EJ.ヴィソ                No time  DNQ
34  18  J.ジェイクス(R)        0:50.4410  DNQ

決勝、カナーンがトップをキープしてスタート、
フランキッティが17位に、パワーが18位に上がりました。
佐藤は11位まで浮上しましたが、すぐに14位まで下がります。

34台がひしめく接近戦の中で11周目に突入、
ターン1でヒンチクリフの右リアと、カニンガムの左フロントが
軽い接触を起こすと、カニンガムが左へハーフスピン、
そこへ後続のマシンが突っ込み4台がウォールにクラッシュ。

そのクラッシュの回避行動を取った後続のマシンが
スピンや接触を起こして、3台が宙を舞うビッグワンとなってしまいました。

クラッシュに巻き込まれたのは15台、リタイアしたのは
カニンガム、ヒルデブランド、ベル、ハワード、シェクター、
キンボール、トレーシー、ヴィソ、ウェルドン、ロイド、マン、パワー、ライスの13台。

12周目にレッドフラッグが振られてレースは中断、
パワーやマン、ヒルデブランドなどはコース内の病院に運ばれましたが、
特に酷かったウェルドンはヘリコプターで病院へ直行。

しかし中断から2時間を過ぎ、ウェルドンの死が発表されました。

レースはキャンセルとなりチャンピオンはフランキッティに決定、
(続行されていてもパワーがリタイアした為に確定していました)
ウェルドンに捧げる5周のパレードラップによって、
2011年のインディカー・シリーズは幕を閉じました。

今回の最終戦は無効となったので、予選のポイントもありません。
従って前戦と同じポイントのままの結果となります。

最終結果はフランキッティが3年連続4度目のチャンピオンに輝きました。
(チーム争いでもチップ・ガナッシのチャンピオンとなっています)
2位にロードコース総合1位のパワー、
3位はオーバルの総合1位になったディクソンとなりました。

今回でインディを引退するダニカ・パトリックは総合10位、
悲しみの引退レースとなってしまいました。

昨年総合21位だった佐藤琢磨は13位と順位を上げてシーズンを終えました。
今年は予選ポールを獲得するなど期待させるレースも多かったです。

Indy201117a

<ドライバーズポイント>
1    -  573P  ダリオ・フランキッティ
2    -  555P  ウィル・パワー
3    -  518P  スコット・ディクソン
4    -  425P  オリオール・セルビア
5    -  366P  トニー・カナーン
6    -  364P  ライアン・ブリスコー
7    -  347P  ライアン・ハンターレイ
8    -  337P  マルコ・アンドレッティ
9    -  320P  グラハム・レイホール
10   -  314P  ダニカ・パトリック
11   -  312P  エリオ・カストロネベス
12   -  302P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
13   -  297P  佐藤琢磨
14   -  296P  J.R.ヒルデブランド(R)
15   -  296P  アレックス・タグリアーニ
16   -  287P  ヴィットール・メイラ
17   -  260P  マイク・コンウェイ
18   -  241P  EJ.ヴィソ
19   -  233P  チャーリー・キンボール(R)
20   -  225P  シモーナ・デ・シルベストロ
21   -  212P  アナ・ベアトリス(R)
22   -  189P  ジェームス・ジェイクス(R)
23   -  188P  セバスチャン・ボーダイス
24   -  183P  ジャスティン・ウィルソン
25   -  178P  セバスチャン・サーベドラ(R)
26   -  175P  エド・カーペンター
27   -  85P   アレックス・ロイド(R)
28   -  75P   ダン・ウェルドン
29   -  68P   ポール・トレーシー
30   -  67P   ラファエル・マトス
31   -  56P   サイモン・ペジノー(R)
32   -  52P   トーマス・シェクター
33   -  49P   マーティン・プローマン(R)
34   -  42P   バディ・ライス
35   -  40P   タウンセンド・ベル
36   -  37P   ジョルジョ・パンターノ(R)
37   -  36P   ウェイド・カニンガム(R)
38   -  32P   ピッパー・マン(R)
39   -  30P   バートランド・バゲット
40   -  27P   ジェイ・ハワード(R)
41   -  26P   デイビー・ハミルトン
42   -  16P   ジョン・アンドレッティ
43   -  12P   武藤英紀
44   -  10P   ディロン・バティスティーニ(R)
45   -  10P   ホーピン・タン(R)
46   -  10P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(R)
47   -  0P    スコット・スピード
48   -  0P    ブルーノ・ジュンケイラ

2012年の日程はまだ確定していないので載せませんが、
セントピータースバーグから開幕し、
バーバー、ロングビーチ、サンパウロ市街地とロードの4戦、
インディ500は5月27日、ベルアイルが復活し、
テキサス、アイオア、ボルチモア市街地、オートクラブ、ラスベガス、
そして最終戦にエドモントンで行われる予定です。

使用されるマシンも大きく変わり、
そのマシンテストにはウェルドンが開発に関わっていたこともあり、
ダラーラのマシン名には彼の頭文字を取って"DW001"と名付けられました。

Indy201117b

Indy201117c

Indy201117d

エンジンはホンダのワンメイクからシボレーとロータスが参戦、
日本人では佐藤琢磨の状況がまだ決まっていませんが、
来年さらなる飛躍を期待したいところです。

今年は悲しい出来事で終了しましたが、
来年は彼が開発に携わったマシンで、
すばらしいレースが見られることを期待しようと思います。

2012年開幕戦はセントピータースバーグで、3月25日に決勝が行われます。

« IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) | トップページ | オリジナル市街地コース 福井編 »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IndyCar 2011 Rd.17 Las Vegas (1) | トップページ | オリジナル市街地コース 福井編 »