2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« モトGP 2011 Rd.15 日本GP | トップページ | WRC 2011 Rd.11 ラリー・フランス »

IndyCar 2011 Rd.16 Kentucky

インディ第16戦はケンタッキースピードウェイで行われました。

Indy201116a

インディカー・シリーズは、
ケンタッキーとラスベガスのオーバルレース2戦を残すのみとなりました。

チャンピオン争いは前戦首位に立ったロードコースに強いパワーと、
安定した速さを見せる昨年王者のフランキッティ、
そしてオーバルに強いディクソンの3人に絞られています。

今回のケンタッキー・スピードウェイは高速オーバル、
予選はパワーがチャンピオンを引き寄せるポールポジションを獲得、
ディクソンは4列目でしたが、フランキッティは
6列目の中盤位置に埋もれてしまいました。

佐藤琢磨はフリー走行までまずまずのペースでしたが、
11列目に沈んでいます。

<予選>
1   12  W.パワー               0:48.5948  219.283mph
2   38  G.レイホール           0:48.8028  218.348mph
3   06  J.ヒンチクリフ(R)      0:48.8391  218.186mph
4   67  E.カーペンター         0:48.8799  218.004mph
5   4   JR.ヒルデブランド(R)   0:48.9095  217.872mph
6   26  M.アンドレッティ       0:48.9241  217.807mph
7   9   S.ディクソン           0:48.9500  217.692mph
8   28  R.ハンターレイ         0:48.9634  217.632mph
9   2   O.セルビア             0:48.9886  217.520mph
10  83  C.キンボール(R)        0:49.0254  217.357mph
11  10  D.フランキッティ       0:49.0579  217.213mph
12  27  M.コンウェイ           0:49.0810  217.110mph
13  78  S.デ・シルベストロ     0:49.1233  216.924mph
14  7   D.パトリック           0:49.1585  216.768mph
15  17  W.カニンガム(R)        0:49.1596  216.763mph
16  3   H.カストロネベス       0:49.1668  216.732mph
17  44  B.ライス               0:49.1774  216.685mph
18  6   R.ブリスコー           0:49.1811  216.669mph
19  82  T.カナーン             0:49.2230  216.484mph
20  24  A.ベアトリス(R)        0:49.2367  216.424mph
21  14  V.メイラ               0:49.2649  216.300mph
22  5   佐藤琢磨               0:49.3662  215.856mph
23  59  EJ.ヴィソ              0:49.3815  215.789mph
24  19  A.ロイド               0:49.4232  215.607mph
25  34  D.バティスティーニ(R)  0:49.4298  215.578mph
26  22  T.ベル                 0:49.4699  215.404mph
27  18  J.ジェイクス(R)        0:49.7254  214.297mph
28  77  D.ウェルドン             No time  DNQ
29  30  P.マン(R)                No time  DNQ

決勝はパワーのリードで順調に周回を重ねていきます。
しかし1回目のルーティンが48周目あたりから始まると、
パワーはピットで順位を落として9位に後退、
一方9位を走行していたフランキッティは一気にトップに立ちました。

80周目にデブリ(ゴミ)のために最初のコーション、
このコーションで各車は2度目のルーティンを済ませましたが、
パワーがピット内でベアトリスと接触、さらにペナルティを受けて
同一周回内の最後尾23位まで順位を落としてしまいました。

Indy201116b

92周目にリスタートされるとフランキッティはリードラップを重ねていきます。
一時9位まで順位を下げたディクソンも3位に上がってきました。

138周目、シモーナがピットでスピン、
EJヴィソのクルーをはねるアクシデントがありコーションとなりました。

Indy201116c

このコーションで3度目のルーティンが行われ、
フランキッティは首位をしっかりとキープ、
コーション直前にはラップダウン直前に迫っていたパワーは命拾い、
同一周回に留まり、さらにピット作業により18位まで順位を戻しました。

またこのコーション中にヒルデブランドもクルーをはねるアクシデント、

Indy201116d

マルコのアクシデントなど、ピット内は荒れました。

Indy201116e

146周目の2度目のリスタートされますが、
166周目にはベアトリスがターン3で激しくクラッシュ、
3度目のコーションとなりました。

Indy201116f

178周目に3度目のリスタートすると、
リスタート直後にディクソンを抜いて2位に上がったのはカーペンター、
フランキッティとの激しいサイド・バイ・サイドが始まります。

イン側にダリオ、アウト側にカーペンターが並び、
プッシュ・トゥ・パス(オーバーテイクボタン)を使用しての接戦が続きましたが、
ほんのわずかに上回ったのはカーペンター!

Indy201116g

カーペンターは参戦9年目にして念願の初優勝を飾りました!

Indy201116h

チームオーナーのサラ・フィッシャーも喜んでいます^^

Indy201116i

フランキッティは0.0098秒差で2位、
3位ディクソン、パワーは19位と苦しい結果で終えました。

佐藤はリスタートで毎回大きく順位を上げたのですけど、
スピードが上がらずにズルズル後退し最終的に15位でチェッカーを受けました。

なお、初参戦のインディ・ライツドライバー、バティスティーニは、
Driver fatigue(疲労)でのリタイアとなっています。

Indy201116j

<決勝>
1   67  E.カーペンター         200  1:42:02.7825
2   10  D.フランキッティ       200  +     0.0098
3   9   S.ディクソン           200  +     0.1048
4   06  J.ヒンチクリフ(R)      200  +     0.3007
5   28  R.ハンターレイ         200  +     0.4040
6   2   O.セルビア             200  +     0.6806
7   17  W.カニンガム(R)        200  +     0.7020
8   6   R.ブリスコー           200  +     0.7895
9   44  B.ライス               200  +     1.0011
10  7   D.パトリック           200  +     1.0076
11  22  T.ベル                 200  +     1.1767
12  38  G.レイホール           200  +     1.2320
13  83  C.キンボール(R)        200  +     1.7795
14  77  D.ウェルドン           200  +     2.0668
15  5   佐藤琢磨               200  +     2.1166
16  14  V.メイラ               200  +     2.4294
17  82  T.カナーン             200  +     3.0101
18  27  M.コンウェイ           200  +     3.4607
19  12  W.パワー               200  +     6.4970
20  4   JR.ヒルデブランド(R)   199  +     2.2166
21  18  J.ジェイクス(R)        198  +    10.5119
22  30  P.マン(R)              197  +     8.0080
23  59  EJ.ヴィソ              192  +     4.3783
24  24  A.ベアトリス(R)        165       Contact
25  78  S.デ・シルベストロ     141    Mechanical
26  19  A.ロイド               140       Contact
27  26  M.アンドレッティ       140       Contact
28  34  D.バティスティーニ(R)  124 Driver Fatigue
29  3   H.カストロネベス        34    Mechanical

ドライバーズポイントは再びフランキッティが首位に立ちました。
パワーとの差は18ポイント、大きな差に感じますが、
もしもパワーが最終戦で53ポイントを獲得した場合、
フランキッティは2位フィニッシュが条件なので安心できない差です。

Indy201116k

<ドライバーズポイント>
1    △  573P  ダリオ・フランキッティ
2    ▼  555P  ウィル・パワー
3    -  518P  スコット・ディクソン
4    -  425P  オリオール・セルビア
5    -  366P  トニー・カナーン
6    -  364P  ライアン・ブリスコー
7    △  347P  ライアン・ハンターレイ
8    ▼  337P  マルコ・アンドレッティ
9    -  320P  グラハム・レイホール
10   △  314P  ダニカ・パトリック
11   ▼  312P  エリオ・カストロネベス
12   △  302P  ジェームス・ヒンチクリフ(R)
13   △  297P  佐藤琢磨
14   ▼  296P  J.R.ヒルデブランド(R)
15   ▼  296P  アレックス・タグリアーニ
16   ▼  287P  ヴィットール・メイラ
17   -  260P  マイク・コンウェイ
18   -  241P  EJ.ヴィソ
19   -  233P  チャーリー・キンボール(R)
20   -  225P  シモーナ・デ・シルベストロ
21   -  212P  アナ・ベアトリス(R)
22   △  189P  ジェームス・ジェイクス(R)
23   ▼  188P  セバスチャン・ボーダイス
24   ▼  183P  ジャスティン・ウィルソン
25   ▼  178P  セバスチャン・サーベドラ(R)
26   -  175P  エド・カーペンター
27   -  85P   アレックス・ロイド(R)
28   △  75P   ダン・ウェルドン
29   ▼  68P   ポール・トレーシー
30   ▼  67P   ラファエル・マトス
31   -  56P   サイモン・ペジノー(R)
32   -  52P   トーマス・シェクター
33   -  49P   マーティン・プローマン(R)
34   △  42P   バディ・ライス
35   △  40P   タウンセンド・ベル
36   ▼  37P   ジョルジョ・パンターノ(R)
37   △  36P   ウェイド・カニンガム(R)
38   △  32P   ピッパー・マン(R)
39   ▼  30P   バートランド・バゲット
40   ▼  27P   ジェイ・ハワード(R)
41   ▼  26P   デイビー・ハミルトン
42   ▼  16P   ジョン・アンドレッティ
43   ▼  12P   武藤英紀
44   △  10P   ディロン・バティスティーニ(R)
45   ▼  10P   ホーピン・タン(R)
46   ▼  10P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(R)

最終戦はラスベガスで、10月13~16日に行われます。

« モトGP 2011 Rd.15 日本GP | トップページ | WRC 2011 Rd.11 ラリー・フランス »

[motorsports] IndyCar」カテゴリの記事

コメント

エド・カーペンターの初勝利にも驚きましたが、フィッシャー・レーシングも同じく初勝利だったんですね。
おめでとうございます♪

出場は29台と多めでしたが、最終戦(ラスベガス)も同じくらい出るらしいですね。
もし34台以上の出場があれば、インディ500みたいに上位33台だけ出走させるのでしょうか…?
昨年も終盤は出場が多かったですし、その頃から気になってます。(汗)

個人的にはウィル・パワーが勝ち、チャンピオンを決めて欲しいです。

カーペンターはてっきり10勝くらいしているだろうと思ってました。
しかも調べてみてCARTに乗ってなかったのも記憶違いでした^^;

ラスベガスは10/4発表のエントリーリストだとTBA含めて34人・・・
インディ500以上の台数もあるかもしれませんね。

インディ500は横3*縦11=33、2列のレースだから"33"に絞ることはないだろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モトGP 2011 Rd.15 日本GP | トップページ | WRC 2011 Rd.11 ラリー・フランス »