2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« WTCC2011 Rd.19&20 | トップページ | GranTurismo5 #258 »

オリジナル市街地コース 滋賀編

オリジナル市街地コース、第46回目は滋賀県です。

琵琶湖で有名な滋賀県、本当に申し訳ないですけど、
県のほとんどが湖だと思ってました(汗)

予想外に広い滋賀は、県庁所在地の大津市をチェック、
他の土地を見ていき、彦根城のある彦根市も面白い場所がありましたが、
ストリートビューを見て保留、大津市を改めて確認すると、
駅前や県庁前が面白そうに感じました。


大きな地図で見る

駅前の直線や県庁前も通りたい、そして湖岸道路やその北の道も気になる、
しかし線路が邪魔をしているので、この区間を極力速度を遅くさせ、
考えたレイアウトがコチラです~

Ocircuit_shiga

琵琶湖ホール前がコントロールライン、東へ進み1コーナーのヘアピンは、
ホームストレートが1km以上あるので最大のオーバーテイクポイントになります。

警察本部前の交差点を曲がり、線路を渡って県庁前へ、
そして駅前を曲がり中央通りへと進みます。

小学校前の信号のある交差点でシケイン、速度が落ちたところで線路を渡り、
11、12コーナーを曲がってホームストレートへと戻ります。

全長は3.95kmで、第37回の鳥取以来の約4kmとなりました。
コーナー数は12でシンプルですが、ヘアピンや高速コーナーもあります。

3コーナー直後と10コーナー直前に線路があるのが気になるところですけど、
前者はコーナー立ち上がりで、しかも道幅が四車線あるので問題ないはず、
後者は手前の交差点でシケインを設けて速度を遅くしていますが、
それでも100m近くの直線になるのでやや怖いかもしれません。
ツーリングカーレースと考えれば大きな問題では無いかもしれませんが、
安全面も考慮して広いエスケープゾーンを設けています。

ピットの合流地点も気になるところで、要マーシャル(青旗)ですね^^;
コーナー出口は2車線として、もう1車線をピットロードにする感じでの合流です。

この11、12コーナーは3コーナーの交差点と、そのすぐ先のT字路のどちらかで迷いました。
奥にすれば琵琶湖ホールの駐車場付近が使えるので、
ピットの合流やホームストレートの長さを抑えることも出来ますが、
そうすると3コーナーと11コーナーの観客席の設置が難しくなってしまうのです。
スタンド設置のためにこの2つのコーナーの距離を離し、
さらに安全面を高めたレイアウトとなりました。

そのほかでは、1コーナーのイン側にスタンドを、
4コーナーはそばの駐車場にスタンドと言う具合に、
スタンドが設置できるスペースのある場所を考えたレイアウトにもなっています^^

もう1つ、全長が長いだけあって封鎖すべき区間が広くなってしまいます。
レース開催時に北西から南東に向かう場合は1号線と161号線を使うしか無いので、
レース期間であっても指定時間外は通り抜けられるようにしないとですね。

今回は若干の問題点もありますけど、
久々の約4kmの長さのレイアウトになったので満足です☆

残る県は全て西日本、岡山、高知、沖縄です~

« WTCC2011 Rd.19&20 | トップページ | GranTurismo5 #258 »

サーキット・オリジナル市街地」カテゴリの記事

コメント

滋賀県は彦根しか行った事が無いので、私はすぐに彦根駅北側を想定します。
何度か考えた事がありますが、あの辺りは面白そうな道路がたくさんある分、城下町特有の難しい道路もあったかも?

さて、今回は(も)線路がネックになりましたね。コース自体は面白そうなんですけど…。
一応マップと本文を確認しましたが、T3は「打出浜」、T4は「松本一丁目」→r103(黄線)、でOKですね。

ピットレーンは…なぎさ公園を東半分潰してしまって(滝汗)、滋賀国保会館あたりから本コースに合流するように改修。
本コースは踏切後(T10)にもう1度をシケイン設置して右側車線を使用し、左側はそのままピットレーンにして、上記公園に接続。
そして、現ピットレーン~T1は直線に見えるので、びわ湖ホール前にシケインを設置して、オーバーテイクポイントに。

と…環境破壊まっしぐらなアイディアでした。(苦笑)

3、4コーナーはその通りです。
大胆な改修をするなら、びわ湖ホールの遊歩道(北)を使用して、
びわ湖ホール前の階段部分も全て工事すると思います^^;

次回はレイアウトに2年以上かかりましたが、ようやく決まったので、
次の第47回は来週、48は再来週UPすると思います~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WTCC2011 Rd.19&20 | トップページ | GranTurismo5 #258 »