2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナル市街地コース 静岡編 | トップページ | リンク集更新~10/14 »

V8 Supercars Australia 2011 Rd.10

V8第10戦は伝統のレース、バサースト1000です。

V8_2011_10a

2007年から記事にしているので、いまさら説明する必要はないですよね?
バサーストにあるマウントパノラマを舞台にした1000kmレースです。

金曜の予選はタンダーがトップタイムを記録、
ポイントランクトップのウィンカップは3番手、
総合2位のラーンズは6番手でトップ10シュートアウトに進出しました。

<予選>
1   2   Garth Tander          Commodore VE2  2:07.6640
2   5   Mark Winterbottom     FG Falcon      2:07.7187
3   88  Jamie Whincup         Commodore VE2  2:07.7408
4   16  David Reynolds        Commodore VE2  2:07.8371
5   11  Greg Murphy           Commodore VE2  2:07.9126
6   888 Craig Lowndes         Commodore VE2  2:08.0024
7   1   James Courtney        Commodore VE2  2:08.0035
8   33  Lee Holdsworth        Commodore VE2  2:08.0942
9   9   Shane van Gisbergen   FG Falcon      2:08.0955
10  49  Steve Owen            Commodore VE2  2:08.1411
11  6   Will Davison          FG Falcon      2:08.1982
12  55  Paul Dumbrell         FG Falcon      2:08.2443
13  4   Alex Davison          FG Falcon      2:08.2887
14  34  Michael Caruso        Commodore VE2  2:08.4464
15  47  Tim Slade             FG Falcon      2:08.4721
16  15  Rick Kelly            Commodore VE2  2:08.5250
17  18  James Moffat          FG Falcon      2:08.6631
18  8   Jason Bright          Commodore VE2  2:08.6681
19  7   Todd Kelly            Commodore VE2  2:08.7271
20  61  Fabian Coulthard      Commodore VE2  2:08.7746
21  14  Jason Bargwanna       Commodore VE2  2:09.1155
22  30  Warren Luff           Commodore VE2  2:09.1503
23  3   Tony D'Alberto        FG Falcon      2:09.1948
24  17  Steven Johnson        FG Falcon      2:09.3076
25  200 Russell Ingall        Commodore VE2  2:09.3328
26  19  Jonathan Webb         FG Falcon      2:09.4017
27  21  Karl Reindler         Commodore VE2  2:09.4020
28  12  Dean Fiore            FG Falcon      2:10.0191
29  77  Grant Denyer          Commodore VE2  2:11.7371

トップ10シュートアウトは土曜に行われました。

このトップ10シュートアウトは予選下位から順に
1台ずつ走るスーパーアタックですが、
7人目(予選4番手)のレイノルズのアタック最中に雨が降り出し、
レイノルズはその時点で最下位に、
さらに予選トップ3だった3人は雨で全くタイムが出ずに、
ウィンカップは8番手、タンダー9番手、
ウィンターボトムは10番手に沈みました。

ポールポジションを獲得したのはグレッグ・マーフィー、
2番手にW.デビソン、3番手ラーンズの順、
なお、ホールズワースはペナルティで5グリッド降格したため、
トップ10シュートアウトのアタックはできず、
11番手だったW.デビソンがトップ10に入っています。

<トップ10シュートアウト>
1   11  Greg Murphy           Commodore VE2  2:08.8009
2   6   Will Davison          FG Falcon      2:08.8821
3   888 Craig Lowndes         Commodore VE2  2:09.2197
4   1   James Courtney        Commodore VE2  2:09.2359
5   9   Shane van Gisbergen   FG Falcon      2:09.3820
6   49  Steve Owen            Commodore VE2  2:09.5177
7   16  David Reynolds        Commodore VE2  2:10.1570
8   88  Jamie Whincup         Commodore VE2  2:26.6012
9   2   Garth Tander          Commodore VE2  2:31.3934
10  5   Mark Winterbottom     FG Falcon      2:52.0682

決勝はNo.11(マーフィー/シモンセン組)がトップをキープしてスタート、
7周目にオーバーテイクポイントでもある後半の"チェイス"コーナーで
No.6(W.デビソン/ユールデン組)が前に出て首位に立ちました。
No.88(ウィンカップ/トンプソン組)は8番手スタートから5位に浮上しています。

20周目あたりから最初のピットストップ、
このピット作業でNo.88がNo.6の前に出てリードを奪います。
No.11は順位を落として6位に後退、
No.888(ラーンズ/スカイフェ組)が3位に上がりました。

40周目、コース上のデブリ(ゴミ)のためにセーフティカーが入り、
43周目にリスタートされましたが、このリスタート時の最終コーナーで
2位にいたNo.6のユールデンがコースオフしてクラッシュ、
再びセーフティカーが入ります。

V8_2011_10b

45周目に改めてリスタート、1回目のリスタートで
2位に上がっていたNo.2(タンダー/パーキャット組)に、
No.888が襲い掛かり、2コーナーでオーバーテイク、
No.2はウォールに接触しながらもNo.888を追いかけます。

V8_2011_10c

64周目、No.33(ホールズワース/リッター組)が
最終コーナーでスピンして再びセーフティカーが入りました。
この間にピットストップも行い、仕切り直しです。

66周目に3度目のリスタート、
しかし85周目にはNo.12が最終コーナーでスピン停止して
再びセーフティカーが入ります。

89周目にリスタートされますが、90周目に一時的な雨が降りました。

97周目、再びセーフティカーが入りました。
今度はマーシャルが怪我をしたそうで、メディカルカーが向かうための導入で、
この間のピット作業でNo.888は大きく後退してしまいます。

2周後の99周目に5度目のリスタートし、
99周目にはNo.9、34がファルケンコーナーでクラッシュ。

V8_2011_10k

幸いすぐに2台がレースに戻りセーフティカーも入りませんでしたが、
113周目、No.17(ジョンソン/ベスナルド組)が2コーナー直前でスピン、
リアをクラッシュして大量のオイルを撒いてしまい、
瞬く間に大炎上してしまいました。

V8_2011_10e

なおベスナルドはすぐにマシンから脱出して無事でした。

V8_2011_10d

119周目にリスタート、直前までのピット作業で
No.2がトップに立ちました。
122周目にNo.15(R.ケリー/O.ケリー組)のタイヤがバースト、
このタイヤの回収のために再びセーフティカーが入ります。

125周目に7度目のリスタート、No.2が1位でNo.88が追いかけます。

137周目、No.1、888が最後のピットストップ、
各車がピット作業をする中でNo.88がミスをしてしまい、
コース前半で燃料切れを起こしてしまいスローダウン。

幸いスロー走行でピットに戻ることが出来ましたが、
20位まで後退して優勝争いから完全に脱落してしまいました。
またこの際に一時停止をしたためにセーフティカーが入りました。

140周目に8回目のリスタート、
トップはNo.2、リスタート時点でNo.888が7位でしたが、
怒涛の追い上げで145周目に3位に上がると、148周目に2位に浮上、
1位と2位の差は5秒以上あったのが徐々に接近していきます。

残り3周を切り2秒以内に接近すると、
翌周にはテール・トゥ・ノーズの争いになりました。

しかし160周目はオーバーテイクできずにラストラップ突入、

V8_2011_10f

激しいNo.888ラーンズの攻めに対して、
No.2タンダーはインを締めて最後まで守りきり、
2011年のバサースト1000をNo.2(タンダー/パーキャット組)が勝利しました!

V8_2011_10g

昨年のバサースト1000覇者のNo.888(ラーンズ/スカイフェ組)は0.3秒差で2位、
3位にポールスタートのNo.11(マーフィー/シモンセン組)、
No.88(ウィンカップ/トンプソン組)は21位でのフィニッシュとなりました。

V8_2011_10h

V8_2011_10i

<レース20>
1   2   Garth Tander / Nick Percat           H 161 6:26:52.2691
2   888 Craig Lowndes / Mark Skaife          H 161 +     0.2917
3   11  Greg Murphy / Allan Simonsen         H 161 +    11.7950
4   5   Steve Richards / Mark Winterbottom   F 161 +    19.5186
5   8   Jason Bright / Andrew Jones          H 161 +    19.9227
6   9   Shane van Gisbergen / John McIntyre  F 161 +    33.6113
7   1   Cameron McConville / James Courtney  H 161 +    36.2050
8   200 Russell Ingall / Jack Perkins        H 161 +    37.1825
9   3   Tony D'Alberto / Dale Wood           F 161 +    41.6750
10  34  Michael Caruso / Marcus Marshall     H 161 +    47.8567
11  49  Paul Morris / Steve Owen             H 161 +    49.7505
12  47  Tim Slade / Daniel Gaunt             F 161 +    50.1213
13  19  Jonathon Webb / Richard Lyons        F 161 +    50.8840
14  21  Karl Reindler / David Wall           H 161 +    55.3518
15  30  Warren Luff / Nathan Pretty          H 161 +  1:04.8075
16  4   Alex Davison / David Brabham         F 161 +  1:11.8499
17  33  Lee Holdsworth / Greg Ritter         H 161 +  1:37.6188
18  6   Will Davison / Luke Youlden          F 161 +  1:48.3127
19  16  David Reynolds / Tim Blanchard       H 161 +  2:03.2874
20  12  Michael Patrizi / Dean Fiore         F 160 +      1 Lap
21  88  Jamie Whincup / Andrew Thompson      H 160 +      1 Lap
22  15  Rick Kelly / Owen Kelly              H 159 +     2 Laps
23  14  Jason Bargwanna / Shane Price        H 158 +     3 Laps
24  7   Todd Kelly / David Russell           H 154 +     7 Laps
25  18  James Moffat / Matthew Halliday      F 146 +    15 Laps
DNF 55  Paul Dumbrell / Dean Canto           F 144 +    17 Laps
DNF 17  Steven Johnson / David Besnard       F 112 +    49 Laps
DNF 77  Grant Denyer / Cameron Waters        H  95 +    66 Laps
DNF 61  Fabian Coulthard / Craig Baird       H  13 +   148 Laps

ドライバーズポイントはラーンズが逆転しました。
ウィンカップは100ポイント差で2位に後退しています。

V8_2011_10j

<ドライバーズポイント トップ30>
1   △  2329P     Craig Lowndes
2   ▼  2229P(25) Jamie Whincup
3   -  1920P(50) Shane van Gisbergen
4   △  1848P     Garth Tander
5   △  1687P(25) Mark Winterbottom
6   ▼  1663P     Rick Kelly
7   ▼  1646P     Will Davison
8   △  1502P     Jason Bright
9   -  1448P     Alex Davison
10  ▼  1411P(75) Steven Johnson
11  △  1383P(50) Lee Holdsworth
12  △  1328P     Tim Slade
13  △  1294P(25) Greg Murphy
14  ▼  1275P(25) Fabian Coulthard
15  ▼  1200P(50) Michael Caruso
16  △  1177P(50) James Courtney
17  ▼  1133P     Steve Owen
18  △  1092P(50) Russell Ingall
19  ▼  1072P     David Reynolds
20  ▼  1046P(25) Jason Bargwanna
21  -  995P(50)  James Moffat
22  △  968P(25)  Jonathon Webb
23  ▼  952P(25)  Paul Dumbrell
24  ▼  923P(25)  Todd Kelly
25  △  829P(25)  Karl Reindler
26  △  829P(25)  Tony D'Alberto
27  ▼  818P      Dean Fiore
28  -  654P      Warren Luff
29  -  532P      Mark Skaife
30  △  527P      Nick Percat
* ()はペナルティ

チームポイントはチームボーダフォンと
ストーン・ブラザーズの差が1165Pに変わりました。
残り4戦で獲得できる最大ポイントは2304なので、
9位まで可能性がありますが、逆転は難しいでしょう。

<チームポイント>
1   -  4583P     TeamVodafone
2   -  3418P     Stone Brothers Racing
3   -  3358P     FPR - Orrcon Steel and Trading Post FPR Falcon
4   -  3075P     Toll Holden Racing Team
5   △  2683P     Fujitsu Racing GRM
6   -  2611P     Jack Daniel's Racing
7   △  2573P     Brad Jones Racing
8   ▼  2531P     Jim Beam Racing
9   -  2391P     Kelly Racing
10  -  2275P     Supercheap Auto Racing and VIP Petfoods
11  △  1328P     Lucky 7 Racing
12  ▼  1300P     Bundaberg Racing
13  △  993P      Mother Energy Racing Team
14  ▼  977P      The Bottle-O Racing Team
15  -  947P      Wilson Security Racing
16  -  854P      Fair Dinkum Sheds Racing
17  -  818P      Triple F Racing
18  -  654P      Gulf Western Oil Racing

次戦ゴールドコースト600は、10月21~23日に行われます。

« オリジナル市街地コース 静岡編 | トップページ | リンク集更新~10/14 »

[motorsports] V8 Supercars」カテゴリの記事

コメント

簡潔に書けば、おそらくSuper GTの鈴鹿1000kmみたいなもの、となるでしょうね。
鈴鹿よりも、コース的には難易度が高そうですけど。(滝汗)

最終リザルトは、2位と1秒未満ですか。ラリーみたいな僅差の戦いですね。そして、マシン炎上。
動画のサムネイルが残念ですが、無事でよかった…。(涙)

鈴鹿1000kmは以前書きましたね^^;

載せ忘れていたラスト3周のビデオも張っておきましたが、
最後の3周は白熱して、F1日本GPどころではなかったです(汗)
(レース終了時刻は15時2分頃、F1フォーメーションラップ中)

ちなみに、今年もカンガルーが現れました☆
といってもコースに進入したわけではないですけどね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナル市街地コース 静岡編 | トップページ | リンク集更新~10/14 »