2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« WIZARDRY ONLINE #005 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #006 »

F-Nippon 2011 第7戦 Motegi

フォーミュラ・ニッポンの最終戦はもてぎで行われました。

最終戦は2レース制での開催となりました。

予選はQ1の結果がレース1のグリッド順を決め、
レース2は通常通りの方法で決定します。

まずはレース1のグリッドを決めるQ1、
ここではロッテラーがトップタイムを記録して、
レース1のポールポジションを獲得しました。

続くQ2でもトップタイムはロッテラー、
そしてレース2のグリッドが決まるQ3でもロッテラーがトップタイムを出し、
最終戦は2レースともロッテラーがポールポジションを獲得です。

チャンピオン争いをしている中嶋一貴は、レース1では3番グリッド、
レース2はフロントローからスタートして、逆転王者を狙います。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   36  A.ロッテラー        T  1:33.483  1:33.010  1:32.989
2   37  中嶋一貴            T  1:33.631  1:33.461  1:33.114
3   41  塚越広大            H  1:33.608  1:33.476  1:33.239
4   1   J.P.デ・オリベイラ  T  1:33.753  1:33.587  1:33.288
5   32  小暮卓史            H  1:34.261  1:33.500  1:33.380
6   16  山本尚貴            H  1:33.871  1:33.813  1:33.421
7   8   石浦宏明            T  1:33.778  1:33.634  1:33.513
8   7   大嶋和也            T  1:33.651  1:33.601  1:33.578
--------------- Q 2 -------------------------------
9   2   平手晃平            T  1:34.483  1:33.970
10  40  伊沢拓也            H  1:33.906  1:34.299
11  3   A.カルダレッリ      T  1:34.330  1:34.397
12  33  国本雄資            T  1:34.434  1:34.463
13  31  中嶋大祐            H  1:34.376  1:34.695
--------------- Q 1 -------------------------------
14  18  A.インペラトーリ    T  1:34.506
15  11  武藤英紀            H  1:34.733
16  62  嵯峨宏紀            T  1:35.026

霧がかかりウェットコンディションとなったレース1は、
ロッテラーが中嶋一貴を抑えきってポール・トゥ・ウィン、
今シーズン4勝目を挙げました!

中嶋一貴は0.6秒差で2位に入りましたが、
この時点で2人のポイント差は9ポイント、
レース2のポールポジションはロッテラーに決まっていて、
一貴が優勝し、ロッテラーがリタイアしても47対46となり、
ロッテラーのシリーズチャンピオンが決定しました!

<レース1>
1   36  A.ロッテラー        T  23  0:38:40.346
2   37  中嶋一貴            T  23  +     0.656
3   41  塚越広大            H  23  +    29.617
4   33  国本雄資            T  23  +    41.805
5   32  小暮卓史            H  23  +    42.512
6   8   石浦宏明            T  23  +    53.122
7   2   平手晃平            T  23  +    53.573
8   18  A.インペラトーリ    T  23  +    55.810
9   1   J.P.デ・オリベイラ  T  23  +  1:04.295
10  10  小林崇志            H  23  +  1:05.391
11  31  中嶋大祐            H  23  +  1:06.366
12  16  山本尚貴            H  22  +     1 Lap
13  62  嵯峨宏紀            T  22  +     1 Lap
    7   大嶋和也            T  19  +    4 Laps
    40  伊沢拓也            H  19  +    4 Laps
    11  武藤英紀            H  16  +    7 Laps
    3   A.カルダレッリ      T   0  +   23 Laps

レース2はフルウェットとのコンディションとなり、
9周目には山本と伊沢の接触によるパーツ落下でセーフティカーが導入、
しかしセーフティカーが入っている時に国本多重クラッシュを引き起こし
レッドフラッグ、レースが中断されました。

12周目からセーフティカー先導で再スタート、
するとロッテラーが独走態勢を築き上げ、
雨のもてぎで圧勝、シーズン5勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位は中嶋一貴、3位は昨年王者のオリベイラ、
国本は失格扱いとなっています。

<レース2>
1   36  A.ロッテラー        T  34  1:29:10.870
2   37  中嶋一貴            T  34  +    10.902
3   1   J.P.デ・オリベイラ  T  34  +    21.493
4   32  小暮卓史            H  34  +    50.693
5   7   大嶋和也            T  34  +  1:06.866
6   8   石浦宏明            T  34  +  1:12.178
7   31  中嶋大祐            H  34  +  1:16.282
8   41  塚越広大            H  34  +  1:22.361
9   11  武藤英紀            H  34  +  1:51.262
10  40  伊沢拓也            H  34  +  2:33.767
11  10  小林崇志            H  33  +     1 Lap
    18  A.インペラトーリ    T  27  +    7 Laps
    16  山本尚貴            H  24  +   10 Laps
    2   平手晃平            T  10  +   24 Laps
    62  嵯峨宏紀            T  10  +   24 Laps
    3   A.カルダレッリ      T  10  +   24 Laps
EX  33  国本雄資            T

ドライバーズポイントはこのようになりました。
ロッテラーが最終戦を勝利してチャンピオン獲得、
中嶋一貴は2位に終わりましたが、ルーキーではダントツ1位でした。
昨年王者のオリベイラは優勝1回の3位でした。

<ドライバーズポイント>
1   -  56P   アンドレ・ロッテラー
2   -  42P   中嶋一貴
3   -  28P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
4   -  26.5P 塚越広大
5   -  19P   大嶋和也
6   △  17P   石浦宏明
7   △  16.5P 小暮卓史
8   ▼  15P   平手晃平
9   -  11P   伊沢拓也
10  △  6.5P  国本雄資
11  ▼  5P    山本尚貴
12  ▼  2.5P  アレキサンドレ・インペラトーリ
13  ▼  2P    中嶋大祐

チームポイントはペトロナス・チーム・トムスがチャンピオン、
2位インパルにダブルスコアの差を付けました。

なお、チーム・ルマンとキグナスは第6戦までのポイントをルマンに合算、
今回の最終戦を個別チームとして付与されることと訂正されています。
(順位アップダウンも訂正後を元にしてます)

<チームポイント>
1   -  96P   PETRONAS TEAM TOM'S
2   -  41P   TEAM IMPUL
3   -  36.5P DANDELION RACING
4   -  32P   Team LeMans
5   -  18.5P NAKAJIMA RACING
6   -  6.5P  INGING MOTORSPORT
7   -  4P    MUGEN
8   △  3P    Team KYGNUS SUNOCO
9   ▼  2.5P  SGC by KCMG

次戦JAFグランプリ、富士スプリントカップは今週、
11月11~13日に行われます。

« WIZARDRY ONLINE #005 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #006 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WIZARDRY ONLINE #005 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #006 »