2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« WRC 2011 Rd.13 ラリー・グレートブリテン | トップページ | SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI »

F-Nippon 2011 Spirnt Cup 富士

フォーミュラ・ニッポンのラストはJAFグランプリです。

今年も富士スプリントカップが開催されました。

今回はまた予選も昨年から変更になっています。

それぞれ1アタックし、そのラップタイム、最高速を順位付け、
トップが20ポイントで順に1ポイントずつ下がるポイントで、
タイムと最高速のポイント合計でスターティンググリッドが決まります。

その予選はオリベイラがラップタイムで1番手タイムを出し、
最高速でも3番手、合計38ポイントでポールポジションを獲得しました。

2番手に中嶋一貴、3番手は石浦、
今年のチャンピオンのロッテラーは7番グリッドからのスタートとなりました。

<予選>
1   1   J.P.デ・オリベイラ  T  1:25.756 (20)  305.516km/h (18)  38pt
2   37  中嶋一貴            T  1:26.471 (14)  304.654km/h (17)  31pt
3   8   石浦宏明            T  1:26.297 (16)  302.098km/h (14)  30pt
4   33  国本雄資            T  1:27.043 (10)  307.342km/h (20)  30pt
5   40  伊沢拓也            H  1:26.105 (19)  299.335km/h (10)  29pt
6   7   大嶋和也            T  1:26.113 (18)  300.334km/h (11)  29pt
7   36  A.ロッテラー        T  1:26.319 (15)  301.423km/h (13)  28pt
8   2   平手晃平            T  1:26.568 (13)  302.775km/h (15)  28pt
9   3   A.カルダレッリ      T  1:27.051 (9)   306.036km/h (19)  28pt
10  16  山本尚貴            H  1:26.962 (11)  304.225km/h (16)  27pt
11  18  松田次生            T  1:26.936 (12)  300.584km/h (12)  24pt
12  41  塚越広大            H  1:26.256 (17)  296.053km/h (5)   22pt
13  32  小暮卓史            H  1:27.152 (8)   298.507km/h (8)   16pt
14  31  中嶋大祐            H  1:27.447 (7)   299.335km/h (9)   16pt
15  10  小林崇志            H  1:27.732 (6)   297.931km/h (7)   13pt
16  62  嵯峨宏紀            T  1:28.451 (5)   297.849km/h (6)   11pt

決勝はスタートでオリベイラがトップをキープすると、
一度も前を譲ること無くポール・トゥ・ウィンを決めました!

2位は石浦、3位中嶋一貴、4位大嶋、5位ロッテラーの順となりました。

<決勝>
1   1   J.P.デ・オリベイラ  T  22  0:32:17.217
2   8   石浦宏明            T  22  +     6.447
3   37  中嶋一貴            T  22  +    18.431
4   7   大嶋和也            T  22  +    20.848
5   36  A.ロッテラー        T  22  +    21.256
6   40  伊沢拓也            H  22  +    22.911
7   41  塚越広大            H  22  +    23.812
8   16  山本尚貴            H  22  +    25.807
9   3   A.カルダレッリ      T  22  +    28.195
10  2   平手晃平            T  22  +    29.276
11  10  小林崇志            H  22  +    46.824
12  32  小暮卓史            H  22  +  1:15.849
13  62  嵯峨宏紀            T  22  +  1:19.837
14  18  松田次生            T  21  +     1 Lap
    33  国本雄資            T   1  +   21 Laps
    31  中嶋大祐            H   0  +   22 Laps

今年のFニッポンは中嶋一貴の参戦で注目された年になったと思います。
来年はさらに国内で盛り上がると良いですよね。

« WRC 2011 Rd.13 ラリー・グレートブリテン | トップページ | SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WRC 2011 Rd.13 ラリー・グレートブリテン | トップページ | SUPER GT 2010 Sprint Cup FUJI »