2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #260 »

F1 2011 Rd.19 ブラジルGP決勝

今年のF1はブラジルGPで幕を閉じました。

雨が降ると予想された決勝は最後まで雨が降らずにレースが行われました。

スタートでベッテルがトップをキープすると、
一定のタイム差でウェバーが追いかける展開が続きましたが、
序盤からベッテルのギアにトラブルが出てしまい、
ウェバーが接近すると30周目の1コーナーでベッテルが譲りました。

その後は少しずつ2人の差が開いていき、
ウェバーが最終戦で今シーズン初優勝を決めました!

2位は17秒遅れでベッテルが入り、レッドブルの1-2フィニッシュ、
3位はバトン、4位アロンソ、5位マッサ、6位にスーティル。

小林は9位でフィニッシュし2千連続でポイント獲得しました。

シューマッハはセナに接触させられたことで左後輪がパンクし15位に沈み、
当てたセナもドライブスルーを受けて17位に終えています。

ハミルトンはマッサとの激しい争いの最中に、
ギアトラブルが発生してリタイアで終えました。

<決勝>
1   2   M.ウェバー       71  1:32:17.464
2   1   S.ベッテル          71  +    16.983
3   4   J.バトン            71  +    27.638
4   5   F.アロンソ          71  +    35.048
5   6   F.マッサ            71  +  1:06.733
6   14  A.スーティル        70  +     1 Lap
7   8   N.ロズベルグ        70  +     1 Lap
8   15  P.ディ・レスタ      70  +     1 Lap
9   16  小林可夢偉          70  +     1 Lap
10  10  V.ペトロフ          70  +     1 Lap
11  19  J.アルグエルスアリ  70  +     1 Lap
12  18  S.ブエミ            70  +     1 Lap
13  17  S.ペレス            70  +     1 Lap
14  11  R.バリチェロ        70  +     1 Lap
15  7   M.シューマッハ      70  +     1 Lap
16  20  H.コバライネン      69  +    2 Laps
17  9   B.セナ              69  +    2 Laps
18  21  J.トゥルーリ        69  +    2 Laps
19  25  J.ダンブロシオ      68  +    3 Laps
20  22  D.リチャルド        68  +    3 Laps
    23  V.リウッツィ        61  +   10 Laps DNF
    3   L.ハミルトン        46  +   25 Laps DNF
    12  P.マルドナド        26  +   45 Laps DNF
    24  T.グロック          21  +   50 Laps DNF

ドライバーズポイントの最終結果はこのようになりました。
今年のチャンピオンはベッテル、2位はバトン、
3位は最終戦で逆転したウェバーで4位にアロンソ、
ハミルトンは5位、6位にマッサ、7位ロズベルグ、
シューマッハは8位で、チームメイトに負けましたが、昨年以上の結果でした。

小林可夢偉は昨年と同じく12位でシーズンを終えています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  392P  セバスチャン・ベッテル
2   -  270P  ジェンソン・バトン
3   △  258P  マーク・ウェバー
4   ▼  257P  フェルナンド・アロンソ
5   -  227P  ルイス・ハミルトン
6   -  118P  フェリペ・マッサ
7   -  89P   ニコ・ロズベルグ
8   -  76P   ミハエル・シューマッハ
9   △  42P   エイドリアン・スーティル
10  ▼  37P   ヴィタリー・ペトロフ
11  ▼  34P   ニック・ハイドフェルド
12  -  30P   小林可夢偉
13  △  27P   ポール・ディ・レスタ
14  ▼  26P   ハイメ・アルグエルスアリ
15  -  15P   セバスチャン・ブエミ
16  -  14P   セルジオ・ペレス
17  -  4P    ルーベンス・バリチェロ
18  -  2P    ブルーノ・セナ
19  -  1P    パストール・マルドナド
20  -  0P    ペドロ・デ・ラ・ロサ
21  -  0P    ヤルノ・トゥルーリ
22  -  0P    ヘイキ・コバライネン
23  -  0P    ヴィタントニオ・リウッツィ
24  -  0P    ジェローム・ダンブロシオ
25  -  0P    ティモ・グロック
26  -  0P    ナレイン・カーティケヤン
27  -  0P    ダニエル・リチャルド
28  -  0P    カルン・チャンドック

コンストラクターズの結果です。
レッドブルは最後まで強さを見せて650ポイントを獲得、
2位はマクラーレンで、3位フェラーリ、4位メルセデス、5位ロータスと、
1~5位までは昨年と同じ順位となりました。

6位は後半戦から調子を上げたフォースインディア、
ザウバーはトロロッソを抑えて7位を死守し、昨年から1つ順位を上げました。

8位はトロロッソ、昨年69ポイントを獲得したウィリアムズは、
今年は6ポイントしか獲得出来ずに9位と苦しい年になりました。

新規参戦3チームは今年もノーポイントで終わりました。
しかしチーム・ロータスは既存チームとの差を大きく縮めたので、
来年どこまで順位を上げるか楽しみです。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  650P  レッドブル・ルノー
2   -  497P  マクラーレン・メルセデス
3   -  375P  フェラーリ
4   -  165P  メルセデスGP
5   -  73P   ロータス・ルノーGP
6   -  69P   フォースインディア・メルセデス
7   -  44P   ザウバー・フェラーリ
8   -  41P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・コスワース
10  -  0P    チーム・ロータス・ルノー
11  -  0P    HRT・コスワース
12  -  0P    ヴァージン・コスワース

今年はDRS効果もあって多くのオーバーテイクが見られましたし、
エキサイティングなレースも多かったと思います。
日本GPでベッテルのチャンピオンが決定したことで
残りの4戦が消化レースと化してしまいましたが、
十分楽しめる内容だった気がします^^;

来シーズンはどのような結果になるのか、
今から楽しみです!

« F1 2011 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #260 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | GranTurismo5 #260 »