2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« WIZARDRY ONLINE #004 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #005 »

モトGP 2011 Rd.18 バレンシアGP

モトGP最終戦はバレンシアサーキットで行われました。

悲しみの癒えない最終戦はバレンシアです。

予選はチャンピオンのストーナーが
2番手以降に1秒以上の差をつけてダントツのポールを獲得しました。
2番手はペドロサ、3番手にスピーズ、4番手ド・プニエ、
ロッシは久々の2列目6番グリッドを獲得しています。

今回で引退レースとなるカピロッシは12番グリッド、
来年スーパーバイクへ行く青山は14番手、
マレーシアに続いてロレンソの代役に中須賀が出場し15番グリッドからスタート、
そしてエドワーズの代役にヘイズが参戦しました。

<予選>
P   No  Rider               Motorcycle  Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      1:31.861
2   26  D.ペドロサ          ホンダ      1:32.875
3   11  B.スピーズ          ヤマハ      1:33.057
4   14  R.ド・プニエ        ドゥカティ  1:33.118
5   19  A.バウティスタ      スズキ      1:33.443
6   46  V.ロッシ            ドゥカティ  1:33.478
7   69  N.ヘイデン          ドゥカティ  1:33.656
8   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      1:33.824
9   8   H.バルベラ          ドゥカティ  1:34.186
10  17  K.アブラハム        ドゥカティ  1:34.265
11  35  C.クラッチロー      ヤマハ      1:34.329
12  65  R.カピロッシ        ドゥカティ  1:34.671
13  24  T.エリアス          ホンダ      1:34.680
14  7   青山博一            ホンダ      1:34.838
15  89  中須賀克行          ヤマハ      1:35.999
16  41  J.ヘイス            ヤマハ      1:36.042

決勝前にはシモンチェリの追悼走行も行われたモトGP、

決勝は小雨が降ったり止んだりする難しい天候となりました。
スタート直後の1コーナーでバウティスタが転倒、
アウト側にいたドプニエ、ロッシ、ヘイデンを巻き込んで
4台が1コーナーでリタイアとなってしまいました。

ストーナーはホールショットを奪うと順調にリードを拡げていきます。
22周目までには2位走行のドビツィオーソに10秒近く引き離しましたが、
小雨の影響でペースダウン、25周目には4秒もタイム差を縮められてしまい、
27周目には1秒差まで2位スピーズと3位ドビツィオーソが迫ってきました。

28周目、あっさりとスピーズがオーバーテイクを決めて首位に立ち、
翌周もリードを守ってラストラップに入ります。

十分に差があって逆転は難しいかと思えたラストコーナー、
立ち上がりの加速でストーナーはスピーズに並び、
コントロールライン直前で交わしてチェッカー、
最後の最後で再逆転を見せたストーナーが、
今シーズン10回目の勝利をポール・トゥ・ウィンで最終戦を締めくくりました!

2位は0.015秒差でスピーズ、2勝目はなりませんでした。
3位ドビツィオーソ、4位クラッチロー、5位ペドロサ、
中須賀は6位でチェッカーを受ける好結果を残しました。

引退レースとなったカピロッシは9位でフィニッシュ、
青山は12位でモトGPラストレースを終えました。

<決勝>
P   No  Rider               Motorcycle  Lap Time/Gap
1   27  C.ストーナー        ホンダ      30  48:18.645
2   11  B.スピーズ          ヤマハ      30  +   0.015
3   4   A.ドビツィオーソ    ホンダ      30  +   5.936
4   35  C.クラッチロー      ヤマハ      30  +   8.718
5   26  D.ペドロサ          ホンダ      30  +   9.321
6   89  中須賀克行          ヤマハ      30  +  23.818
7   41  J.ヘイス            ヤマハ      30  +  33.118
8   17  K.アブラハム        ドゥカティ  30  +  37.952
9   65  R.カピロッシ        ドゥカティ  30  +  48.953
10  24  T.エリアス          ホンダ      30  +  52.501
11  8   H.バルベラ          ドゥカティ  30  +1:06.519
12  7   青山博一            ホンダ      30  +1:08.760
    14  R.ド・プニエ        ドゥカティ   0  + 30 Laps
    19  A.バウティスタ      スズキ       0  + 30 Laps
    46  V.ロッシ            ドゥカティ   0  + 30 Laps
    69  N.ヘイデン          ドゥカティ   0  + 30 Laps

ライダーズポイントはこのような結果となりました。
ストーナーは350ポイントを獲得して2度目のチャンピオンを手にしました。
2位はロレンソ、欠場もありましたが2位を守りきりました。
3位はドビツィオーソ、4位ペドロサで、
レプソルホンダが4位以内に全員入っています。

ロッシは5位となったシモンチェリと同ポイントの6位、
来年スーパーバイクに乗る青山は10位、
中須賀は今回10ポイントを獲得して18位、
秋吉20位、伊藤22位となりました。

<ライダーズポイント>
1   -  350P  ケーシー・ストーナー
2   -  260P  ホルヘ・ロレンソ
3   -  228P  アンドレア・ドビツィオーソ
4   -  219P  ダニ・ペドロサ
5   -  176P  ベン・スピーズ
6   -  139P  マルコ・シモンチェリ
7   -  139P  バレンティーノ・ロッシ
8   -  132P  ニッキー・ヘイデン
9   -  109P  コーリン・エドワーズ
10  -  98P   青山博一
11  -  82P   ヘクトル・バルベラ
12  △  70P   カル・クラッチロー
13  ▼  67P   アルバロ・バウティスタ
14  -  64P   カレル・アブラハム
15  -  61P   トニ・エリアス
16  -  49P   ランディ・ド・プニエ
17  -  43P   ロリス・カピロッシ
18  △  10P   中須賀克行
19  △  9P    ジョー・ヘイス
20  ▼  7P    秋吉耕佑
21  ▼  6P    ジョシュ・ホプキンス
22  ▼  3P    伊藤真一

コンストラクターズランキングの結果です。
今年のホンダは強かったですね。
ヤマハはホンダに及ばず、ドゥカティは苦しい結果となりました。
スズキは1台体制というのもありますが、来年は100ポイントを超えて欲しいです^^

<コンストラクターズポイント>
1   -  405P  ホンダ
2   -  325P  ヤマハ
3   -  180P  ドゥカティ
4   -  73P   スズキ

チームランキングはレプソルホンダが圧倒。
ヤマハ・ファクトリーは善戦しましたが、2度のノーポイントなどが響きました。

<チームポイント>
1   -  528P  REPSOL HONDA TEAM
2   -  446P  YAMAHA FACTORY RACING
3   -  271P  DUCATI TEAM
4   -  232P  SAN CARLO HONDA GRESINI
5   -  188P  MONSTER YAMAHA TECH 3
6   -  92P   PRAMAC RACING TEam
7   -  82P   MAPFRE ASPAR TEAM MOTO
8   -  73P   RIZLA SUZUKI MOTOGP
9   -  64P   CARDION AB MOTORACING
10  -  61P   LCR HONDA MOTOGP

モト2はピッロが初のポールを獲得、2番グリッドには高橋裕紀が入り、
シモンチェリの所属していたグレッシーニの1-2となりました。
ブラドルは4番グリッド、マルケスは前戦の怪我の影響から出場を断念し、
予選終了時点でブラドルのモト2チャンピオンが決定しました!

決勝は高橋が好スタートを切ってホールショットを奪うと、
2位以下を突き放して独走する状態となりました。
しかしポツポツと降る雨の影響からか、
6周目に滑ってしまい、ハイサイドを起こして激しくクラッシュ、
かなり危険なアクシデントでしたが、命に別状はなく骨折もしませんでした。

変わってトップに立ったピッロは後続を引き離してポール・トゥ・ウィン、
ピッロはシモンチェリに捧げる初優勝となりました!

2位はカリオ、3位エガーター、4位ウェスト、5位ノイス、
ブラドルは5周目に高橋と同じ場所で転倒してリタイアに終えています。

最終結果はステファン・ブラドルがチャンピオンを獲得、
2位マルケス、3位イアンノーレ、4位デ・アンジェリス、5位ルティ。
高橋は11位でシーズンを終えました。


125ccは来年モト3となるので、63年続いた125ccのレースはこれが最後です。
予選はウェッブがポールを獲得、チャンピオン争いをするザルコは3番手、
テロルは9番グリッドのスタートとなりました。

決勝は3周目でザルコが単独で転倒、
復帰を諦めてテロルのチャンピオンが決定しました。
一方トップ争いはファウベルが2周目でトップに立ちましたが、
順位を上げてきたビニャーレス、テロルの3人の争いに変わります。
その中でビニャーレスが少しずつ二人を引き離すと、
2位に上がったテロルも追いつけずにビニャーレスが前戦に続いて優勝!
2位はテロル、3位ファウベル、4位バス消す、5位フォルガー。

選手権はテロルが125cc最後の王者に輝きました。
2位はザルコ、3位ビニャーレス、
4位コルテセ、5位ファウベルの順となっています。


来年の暫定スケジュールはこのようになっています。
日本GPが後半戦に組まれたのが大きな違いでしょうか。
尤も昨年も今年も災害の影響で後半になりましたが・・・

またドイツは現時点で未決定ですけど、他の開催地は今年と同じです。
そのほかは例年通りで、カタールはナイトレース、アッセンは土曜日が決勝、
ラグナセカはモトGPクラスのみです。

<2012 暫定スケジュール>
Rd.1   4/15   カタール            ロサイル
Rd.2   4/29   スペイン            ヘレス
Rd.3   5/6    ポルトガル          エストリル
Rd.4   5/20   フランス            ル・マン
Rd.5   6/3    カタルニア          カタルニア
Rd.6   6/17   イギリス            シルバーストン
Rd.7   6/30   オランダ            アッセン
Rd.8   7/8    ドイツ              未決定
Rd.9   7/15   イタリア            ムジェロ
Rd.10  7/29   アメリカ            ラグナ・セカ
Rd.11  8/19   インディアナポリス  インディアナポリス
Rd.12  8/26   チェコ              ブルノ
Rd.13  9/16   サンマリノ          ミサノ
Rd.14  9/30   アラゴン            アラゴン
Rd.15  10/14  日本                ツインリンクもてぎ
Rd.16  10/21  マレーシア          セパン
Rd.17  10/28  オーストラリア      フィリップアイランド
Rd.18  11/11  バレンシア          リカルド・トルモ

来年は最高峰クラスに日本人のフルシーズン参加は無さそうですけど、
ストーナーやロレンソ、ロッシの活躍にも期待したいですし、
ほかの若手ライダーにも注目したいです。

そしてモト2や新設のモト3も楽しみになりそうです^^

今年は辛い出来事もありましたが、
来年はアクシデントが起きないことを願いたいです。
2012年シーズンは4月13~15日にカタールで開幕します!

« WIZARDRY ONLINE #004 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #005 »

[motorsports] MotoGP」カテゴリの記事

コメント

普段と違い、本レースには関与しません。(汗)

来季は…Wikipediaで見たところ、Moto3に日本人が1人決まってますが、あとはこれからですね。
あと、ドイツGPはどこになるのかなぁ。ザクセンリンク以外なら、ニュルブルクリンク?

ついでに、2013年はアルゼンチンが来るんですね。ブラジル以来の南米ですけど、ブラジルGPも、もはや懐かしくなりつつあります…。
同じく13年に初開催となるオースティンは、建設開始時に調べてましたが、10年契約に驚きました。

ドイツはザクセンリンクは好きなので、そのままが嬉しいんですけどね。
別の場所ならオッシャースレーベンか・・・

開催地や内容も気になりますけど、それよりもモトGPの番組が地上波で放送されることを願います。
静岡では放送しなくなったので・・・(涙)

オーシャースレーベン…レイアウトが思い出せない(おぃ)。後で見てみよう。

MotoGPですが、2002-03年にBS1で見てました。(ちょうどチャンプカーもその頃に見てました)
しかし、BSでの放送が終わり、地上波も運が良ければ日本GPのみ。石川も同じ状況ですね…。(涙)

P.S.
書こうと思ってて忘れてましたが、来季カレンダーの日付が修正されてません。

日程、途中までしか日付を正しく書いていませんでした・・・
早速修正しましたm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WIZARDRY ONLINE #004 | トップページ | WIZARDRY ONLINE #005 »