2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2011 Rd.18 アブダビGP決勝 | トップページ | F-Nippon 2011 Spirnt Cup 富士 »

WRC 2011 Rd.13 ラリー・グレートブリテン

WRC最終戦はイギリスで行われました。

最終戦は今年もウェールズ・ラリーです。
チャンピオン争いはローブとヒルボネンに絞られ、
2人の争いが注目されました。

デイ1から2人のトップ争いが続き、
SS6でヒルボネンがトップに立ちましたが、
SS7でトラブルが発生、SS8でデイリタイアすると、
結局復帰出来ない状態となり、最終戦をリタイアに終えました。

この時点でローブの8年連続チャンピオンが決定しました!

その後ローブとラトバラのトップ争いとなり、
SS15でラトバラが首位を奪います。
しっかりとついて行くローブでしたが、
SS18終了後のリエゾンで一般の対向車と激突し、
ここでリタイアに喫しました。

2位以下に3分以上差を付けていたラトバラは、
その後も差を広げていき、今シーズン初優勝を飾りました!

2位はオストベルグ、3位ソルベルグ、
ライコネンはリタイアに終えています。

<結果>
1   4   J-M.ラトバラ(フォード)
2   6   M.オストベルグ(フォード)
3   15  H.ソルベルグ(フォード)
4   52  K.ミーク(ミニ)
5   5   M.ウィルソン(フォード)
6   18  O.タナク(フォード)
7   10  E.ノビコフ(シトロエン)
8   9   D.カイパース(フォード)
9   43  K.ブロック(フォード)
10  17  A.アラウージョ(ミニ)
11  2   S.オジェ(シトロエン)
20  37  D.ソルド(ミニ)
35  12  D.オリベイラ(ミニ)

ドライバーズポイントの最終結果です。
昨年のローブ276P、ラトバラ171Pのような大差にはなりませんでしたが、
ローブの連覇を阻止することは誰も出来ませんでした。

しかし最終戦までもつれた争いになったことで白熱しましたね^^

<ドライバーズポイント>
1   -  222P     S.ローブ
2   -  214P     M.ヒルボネン
3   -  196P +3  S.オジェ
4   -  172P +1  J-M.ラトバラ
5   -  110P    P.ソルベルグ
6   -  88P      M.オストベルグ
7   △  63P      M.ウィルソン
8   ▼  59P  +2  D.ソルド
9   -  59P      H.ソルベルグ
10  -  34P      K.ライコネン
11  △  25P      K.ミーク
12  -  21P      D.カイパース
13  ▼  20P      F.ビラグラ
14  ▼  15P      K.アル・カシミ
15  △  15P      O.タナク
16  ▼  14P      J.ハンニネン
17  △  12P      E.ノビコフ
18  ▼  10P      H.パドン
19  ▼  7P       M.プロコップ
20  ▼  6P       P-G.アンダーソン
21  ▼  6P       M.コジオスコ
22  △  6P       K.ブロック
23  ▼  5P       A.アラウージョ
24  ▼  4P       O.サリウク
25  -  2P       P.ヴァン・メルクステインJr.
26  -  2P       B.グエラ
27  -  2P       P.カンパナ
28  -  1P       B.スーザ
29  -  1P       P.フロディン
30  -  0P       N.アル・アティヤ
31  -  0P       K.クルーダ

コ・ドライバーの上位はこのようになりました。
今年もローブのパートナー、エレナがチャンピオンに輝いています。

<コ・ドライバーズポイント、トップ10>
1   222P  D.エレナ
2   214P  J.レイティネン
3   193P  J.イングラシア
4   146P  M.アンティラ
5   110P  C.パターソン
6   70P   J.アンダーソン
7   57P   C.デル・バッリオ
8   53P   S.マーティン
9   44P   I.マイナー
10  34P   K.リンドストローム

マニュファクチャラーは以下の通り、
今年もシトロエン・トタルのチャンピオンとはなりましたが、
フォード・アブダビも27ポイント差で接近した結果になりました。

<マニュファクチャラーズポイント>
1  -  403P  Citroen Total World Rally Team
2  -  376P  Ford Abu Dhabi World Rally Team
3  -  178P  M-Sport Stobart Ford Rally Team
4  -  98P   Petter Solberg World Rally Team
5  -  54P   FERM Power Tools World Rally Team
6  -  54P   Team Abu Dhabi
7  -  38P   Munchis Ford World Rally Team
8  -  27P   Monster World Rally Team
9  -  16P   Van Merksteijn Motorsport
10 -  7P    Brazil World Rally Team
Ex     0P    Ice 1 Racing

今年は最終戦までもつれる争いになりました。
来年もヒルボネンやラトバラの巻き返しや
ローブの9連覇なるか、注目したいと思います。

« F1 2011 Rd.18 アブダビGP決勝 | トップページ | F-Nippon 2011 Spirnt Cup 富士 »

[motorsports] WRC」カテゴリの記事

コメント

今年はウェールズ縦断ラリーだったんですね。
F1放送後に調べてたら、SSが点々としており、昔のカーディフ一極集中型で無かったから驚きました。(つまりはWRCから離れているので、ついていけてないだけ)

ヒルボネンとローブがリタイア、オストベルグ再び大活躍。
日本の場合、競技に参加するラリーカーは税関で特別扱いされるから、ローブと同じ事が日本で起きたらどうなるんだろう…マシンは工場に送り返すだろうけど。(汗)
ラトバラは将来のチャンピオンだと思いたいんだけど、オジェが居るし…ヒルボネン化(失礼ながら)しそうです。

今回はローブがリタイアに終わっていたので、
ヒルボネンが上位完走していれば・・・なんて思ってしまいました。
でもそうなっていればリエゾンで走る時間がずれて、
ローブも接触しなかったかもしれないでけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2011 Rd.18 アブダビGP決勝 | トップページ | F-Nippon 2011 Spirnt Cup 富士 »