2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2012 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | GTアカデミー2012 09 »

F1 2012 Rd.7 カナダGP決勝

F1第7戦カナダGPもタイヤ戦略が鍵となりました。

カナダGPは序盤ベッテルがリードしてレースが進みましたが、
1回目のピットストップでハミルトンがトップに立つと
タイヤ戦略の甲斐もあって今季初の優勝を決めました!
これで今季7戦で7人目の勝者となりました。

2位はグロジャン、3位ペレスで1ストップが大成功、
4位はベッテル、5位アロンソで、
アロンソは終盤タイヤが持たずにトップから転落しました。

以下ロズベルグ、ウェバー、ライコネン、小林可夢偉、
小林は終始トラフィックに悩まされたレースでした。
10位マッサまでがポイント圏内、
シューマッハはDRSトラブルでリタイアとなってしまいました。

<決勝>
1   4   L.ハミルトン        70  1:32:29.586
2   10  R.グロジャン        70  +     2.513
3   15  S.ペレス            70  +     5.260
4   1   S.ベッテル          70  +     7.295
5   5   F.アロンソ          70  +    13.411
6   8   N.ロズベルグ        70  +    13.842
7   2   M.ウェバー       70  +    15.085
8   9   K.ライコネン        70  +    15.567
9   14  小林可夢偉          70  +    24.432
10  6   F.マッサ            70  +    25.272
11  11  P.ディ・レスタ      70  +    37.693
12  12  N.ヒュルケンベルグ  70  +    46.236
13  18  P.マルドナド        70  +    47.052
14  16  D.リチャルド        70  +  1:04.475
15  17  J-E.ベルニュ        69  +     1 Lap
16  3   J.バトン            69  +     1 Lap
17  19  B.セナ              69  +     1 Lap
18  20  H.コバライネン      69  +     1 Lap
19  21  V.ペトロフ          69  +     1 Lap
20  25  C.ピック            67  +    3 Laps
    24  T.グロック          56  +   14 Laps DNF
    23  N.カーティケヤン    43  +   27 Laps DNF
    7   M.シューマッハ      24  +   46 Laps DNF
    22  P.デ・ラ・ロサ      22  +   48 Laps DNF

ドライバーズポイントはハミルトンが第3戦以来の1位に上がりました。
ザウバーの2人は1つずつ順位を上げています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  88P   ルイス・ハミルトン
2   ▼  86P   フェルナンド・アロンソ
3   ▼  85P   セバスチャン・ベッテル
4   ▼  79P   マーク・ウェバー
5   -  67P   ニコ・ロズベルグ
6   -  55P   キミ・ライコネン
7   △  53P   ロマン・グロジャン
8   ▼  45P   ジェンソン・バトン
9   △  37P   セルジオ・ペレス
10  ▼  29P   パストール・マルドナド
11  △  21P   小林可夢偉
12  ▼  21P   ポール・ディ・レスタ
13  -  15P   ブルーノ・セナ
14  -  11P   フェリペ・マッサ
15  -  7P    ニコ・ヒュルケンベルグ
16  -  4P    ジャン=エリック・ベルニュ
17  -  2P    ダニエル・リチャルド
18  -  2P    ミハエル・シューマッハ

コンストラクターズポイントはレッドブルがトップをキープ、
ロータスが単独3位に順位を戻しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  164P  レッドブル・ルノー
2   -  133P  マクラーレン・メルセデス
3   △  108P  ロータス・ルノーGP
4   ▼  97P   フェラーリ
5   -  69P   メルセデスGP
6   △  58P   ザウバー・フェラーリ
7   ▼  44P   ウィリアムズ・ルノー
8   -  28P   フォースインディア・メルセデス
9   -  6P    トロロッソ・フェラーリ

次戦ヨーロッパGPは、6月22~24日に行われます。

« F1 2012 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | GTアカデミー2012 09 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

ハミルトンがやっと勝ちましたね。
タイヤ戦略のお陰で、順位がある程度シャッフルされましたが、セーフティーカーが出なかったのはカナダっぽくなかったなぁ…。
何だかロータスが自信満々だったので、お遊びもかねてグロージャンを1位予想に持ってきたら、表彰台獲得という予想外の展開でビックリしました。ペレスは作戦が上手くはまりましたね。

来年からバレンシア市街地とカタロニアはスペインGPとして交互開催するみたいですが、バレンシアは…うーん。(汗)

P.S.
昨晩、IRLベルアイルの赤旗シーンの動画を見てましたが、グダグダでしたね。

作戦成功か失敗かで大きく順位が変わりましたね。
・・・マッサはともかく。

先週末のADAC Formel Mastersでは止まっているセーフティカーに
スピンしたマシンがぶつかるアクシデントもありました^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2012 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | GTアカデミー2012 09 »