2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F-Nippon 2012 Rd.3 Autopolis | トップページ | オリジナルコース45-4 »

F-Nippon 2012 Rd.4 Fuji

フォーミュラニッポン第4戦は富士スピードウェイで行われました。

第4戦は富士、予選は天候に翻弄されました。

Q1は雨が少し降り出す状況でしたがさほど影響を及ぼさないドライコンディション、
いったんは止んだ雨もQ3開始前にまた振り出しました。

いち早くコースに出た中嶋一貴は、
最も雨の影響を抑えることが出来、今季初のポールを獲得しました!

2番手に大嶋、3番手塚越、4番手国本と続きました。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   2   中嶋一貴            T  1:25.907  1:25.976  1:36.694
2   7   大嶋和也            T  1:26.648  1:26.318  1:38.674
3   41  塚越広大            H  1:26.112  1:26.152  1:40.034
4   39  国本雄資            T  1:26.178  1:26.351  1:40.252
5   20  松田次生            T  1:26.280  1:26.042  1:40.495
6   19  J.P.デ・オリベイラ  T  1:26.147  1:25.758  1:40.616
7   31  中嶋大祐            H  1:26.618  1:26.349  1:40.631
8   38  平手晃平            T  1:26.493  1:26.396  1:44.812
--------------- Q 2 -------------------------------
9   1   A.ロッテラー        T  1:25.811  1:26.417
10  8   L.デュバル          T  1:26.341  1:26.646
11  16  山本尚貴            H  1:26.781  1:26.802
12  3   安田裕信            T  1:27.038  1:26.813
13  32  小暮卓史            H  1:26.933  1:27.016
--------------- Q 1 -------------------------------
14  62  嵯峨宏紀            T  1:27.829
15  10  金石年弘            H  1:27.974
16  11  中山友貴            H  1:27.981
17  18  折目遼              T  1:28.256
    40  伊沢拓也            H   No time

決勝は序盤大嶋がリードする展開となりました。
レース中に雨が降り出し、タイヤチェンジをするドライバーもいる中、
トップ争いはドライタイヤで走り続けます。

大嶋、中嶋の両者がピットを終えると中嶋が逆転、
しかし迫るロッテラーが大嶋を抜くと、
残り2周で中嶋もオーバーテイク、
ロッテラーが逆転勝利を決めました!

2位は中嶋一貴でトムスの1-2フィニッシュ、
3位大嶋、4位デュバル、5位松田の順となりました。

<決勝>
1   1   A.ロッテラー        T  55  1:28:45.190
2   2   中嶋一貴            T  55  +     1.090
3   7   大嶋和也            T  55  +     4.584
4   8   L.デュバル          T  55  +    30.292
5   20  松田次生            T  55  +    33.714
6   19  J.P.デ・オリベイラ  T  55  +    52.702
7   38  平手晃平            T  55  +    56.544
8   39  国本雄資            T  55  +  1:05.668
9   41  塚越広大            H  55  +  1:08.199
10  32  小暮卓史            H  55  +  1:13.398
11  31  中嶋大祐            H  55  +  1:14.181
12  16  山本尚貴            H  55  +  1:30.390
13  40  伊沢拓也            H  55  +  1:30.715
14  62  嵯峨宏紀            T  54  +     1 Lap
15  11  中山友貴            H  54  +     1 Lap
16  3   安田裕信            T  53  +    2 Laps
    10  金石年弘            H  44  +   11 Laps
    18  折目遼              T  37  +   18 Laps

ドライバーズポイントは再び中嶋一貴が首位に返り咲きました。
ロッテラーが2位に浮上、ノーポイントの塚越は3位に後退しました。

<ドライバーズポイント>
1   △  29P   中嶋一貴
2   △  25P   アンドレ・ロッテラー
3   ▼  23P   塚越広大
4   △  17P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
5   ▼  17P   伊沢拓也
6   -  15P   大嶋和也
7   -  13P   松田次生
8   -  11P   ロイック・デュバル
9   -  4P    山本尚貴
10  -  4P    平手晃平
11  -  2P    国本雄資

チームポイントでもトムスが逆転、
インパルがダンディライオンとの差を縮めています。

<チームポイント>
1   △  52P   PETRONAS TEAM TOM'S
2   ▼  38P   DANDELION RACING
3   -  30P   TEAM IMPUL
4   -  15P   Team LeMans
5   -  11P   TEAM KYGNUS SUNOCO
6   △  6P    INGING MOTORSPORT
7   ▼  4P    MUGEN

次戦はもてぎで、8月4~5日に行われます。

« F-Nippon 2012 Rd.3 Autopolis | トップページ | オリジナルコース45-4 »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

ニュースサイトで知りましたが、併催されていたF3では、Nクラスのマシンが一か八かでドライタイヤでアタックしたら、PPを獲ってしまったらしいです。
さすがに、スタートの自力は最新型のCクラスの方が勝ってたそうですが…。(笑)

ウェット路面が生み出したドラマとはいえ、意外でした。

P.S.
空想サーキットを掲載しました。

今回のレースダイジェストを見たら、
水しぶきを上げてトップ争いをしていたので面白かったです^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F-Nippon 2012 Rd.3 Autopolis | トップページ | オリジナルコース45-4 »