2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« オリジナルコース45-3 | トップページ | F-Nippon 2012 Rd.4 Fuji »

F-Nippon 2012 Rd.3 Autopolis

(すっかり載せ忘れてた)Fニッポン第3戦はオートポリスで行われました。

またQ1~Q3の通常予選に戻った第3戦は、
塚越がポールポジションを獲得しました。

2番手に松田、3番手に大嶋が続きました。

<予選>
--------------- Q 3 -------------------------------
1   41  塚越広大            H  1:28.692  1:28.856  1:28.523
2   20  松田次生            T  1:29.327  1:29.574  1:29.017
3   7   大嶋和也            T  1:29.693  1:29.643  1:29.182
4   40  伊沢拓也            H  1:28.928  1:29.112  1:29.380
5   8   L.デュバル          T  1:29.603  1:29.343  1:29.625
6   38  平手晃平            T  1:30.246  1:29.585  1:29.663
7   2   中嶋一貴            T  1:29.842  1:29.385  1:29.903
--------------- Q 2 -------------------------------
8   19  J.P.デ・オリベイラ  T  1:29.707  1:29.954
9   32  小暮卓史            H  1:30.003  1:29.991
10  39  国本雄資            T  1:30.207  1:30.001
11  10  金石年弘            H  1:30.222  1:30.594
12  1   A.ロッテラー        T  1:29.461  1:31.535
--------------- Q 1 -------------------------------
13  3   安田裕信            T  1:30.384
14  31  中嶋大祐            H  1:30.816
15  62  嵯峨宏紀            T  1:31.736
16  18  折目遼              T  1:32.422
    16  山本尚貴            H   No time

決勝はスタートで塚越がトップをキープすると、
一度も順位を落とすことなくトップチェッカー、
フォーミュラ・ニッポンでの初優勝を、ポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位は伊沢、3位デュバル、4位松田、5位中嶋一貴、
ロッテラーはトラブルでリタイアとなりました。

<決勝>
1   41  塚越広大            H  54  1:23:21.266
2   40  伊沢拓也            H  54  +     7.518
3   8   L.デュバル          T  54  +    15.304
4   20  松田次生            T  54  +    20.424
5   2   中嶋一貴            T  54  +    34.987
6   7   大嶋和也            T  54  +    44.204
7   38  平手晃平            T  54  +    44.895
8   39  国本雄資            T  54  +    48.974
9   16  山本尚貴            H  54  +    54.007
10  32  小暮卓史            H  54  +    54.617
11  31  中嶋大祐            H  54  +  1:07.738
12  10  金石年弘            H  54  +  1:18.935
13  3   安田裕信            T  53  +     1 Lap
    1   A.ロッテラー        T  12  +   42 Laps
    19  J.P.デ・オリベイラ  T   0  +   54 Laps
    62  嵯峨宏紀            T   0  +   54 Laps
    18  折目遼              T   0  +   54 Laps

ドライバーズポイント、塚越が首位に立ちました。

<ドライバーズポイント>
1   △  23P   塚越広大
2   ▼  20P   中嶋一貴
3   △  17P   伊沢拓也
4   ▼  15P   アンドレ・ロッテラー
5   ▼  14P   ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
6   -  9P    大嶋和也
7   -  9P    松田次生
8   △  6P    ロイック・デュバル
9   ▼  4P    山本尚貴
10  △  2P    平手晃平
11  △  1P    国本雄資

チームポイントはダンディライオンがトップ、
トムスは2位に後退しました。

<チームポイント>
1   △  38P   DANDELION RACING
2   ▼  34P   PETRONAS TEAM TOM'S
3   -  23P   TEAM IMPUL
4   -  9P    Team LeMans
5   △  6P    TEAM KYGNUS SUNOCO
6   ▼  4P    MUGEN
7   △  3P    INGING MOTORSPORT

第4戦は富士スピードウェイです。

« オリジナルコース45-3 | トップページ | F-Nippon 2012 Rd.4 Fuji »

[motorsports] 国内のレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナルコース45-3 | トップページ | F-Nippon 2012 Rd.4 Fuji »