2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2012年9月の日程 | トップページ | 日程UP »

F1 2012 Rd.12 ベルギーGP決勝

F1第12戦はベルギーGPです。

佐藤琢磨以来のフロントロー獲得した
小林可夢偉に期待のかかるレースとなったベルギーGP、
しかしスタート直前にブレーキから白煙が上がり、
さらにクラッチ関連の問題か、スタートで出遅れてしまいます。

そのすぐ後方でグロジャンがハミルトンの方へ寄せて接触、
アロンソとペレスを含めた3台をリタイアに追い込む多重接触が発生し、
小林もこれに巻き込まれてしまいました。

すぐにセーフティカーが入り小林は最後尾へ、
リスタート後に下位チームをオーバーテイクしましたが、
パンクや1周目での接触の影響でペースが上がりません。

一方トップはバトンが快走、2位以下を圧倒してポール・トゥ・ウィン!
今シーズン2勝目を決めました。

2位はベッテル、3位ライコネン、4位ヒュルケンベルグ、
以下マッサ、ウェバー、シューマッハ、ベルニュ、リチャルド、
ディレスタまでがポイント圏内。

小林はスタートをしっかり決めていれば巻き込まれなかっただろうし、
表彰台を狙う最大のチャンスを逃したのは残念です。

なお、今回のグロジャンの引き起こした事故で、
グロジャンは罰金と次戦の出場停止が決まっています。

<決勝>
1   3   J.バトン            44  1:29:08.530
2   1   S.ベッテル          44  +    13.624
3   9   K.ライコネン        44  +    25.334
4   12  N.ヒュルケンベルグ  44  +    27.843
5   6   F.マッサ            44  +    29.845
6   2   M.ウェバー       44  +    31.244
7   7   M.シューマッハ      44  +    53.374
8   17  J-E.ベルニュ        44  +    58.865
9   16  D.リチャルド        44  +  1:02.982
10  11  P.ディ・レスタ      44  +  1:03.783
11  8   N.ロズベルグ        44  +  1:05.111
12  19  B.セナ              44  +  1:11.529
13  14  小林可夢偉          44  +  1:56.119
14  21  V.ペトロフ          43  +     1 Lap
15  24  T.グロック          43  +     1 Lap
16  25  C.ピック            43  +     1 Lap
17  20  H.コバライネン      43  +     1 Lap
18  22  P.デ・ラ・ロサ      43  +     1 Lap
    23  N.カーティケヤン    29  +   15 Laps DNF
    18  P.マルドナド         4  +   40 Laps DNF
    15  S.ペレス             0  +   44 Laps DNF
    5   F.アロンソ           0  +   44 Laps DNF
    4   L.ハミルトン         0  +   44 Laps DNF
    10  R.グロジャン         0  +   44 Laps DNF

ドライバーズポイントはベッテルが2位に上がりました。
アロンソがノーポイントだったことで少し差が縮まっています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  164P  フェルナンド・アロンソ
2   △  140P  セバスチャン・ベッテル
3   ▼  132P  マーク・ウェバー
4   △  131P  キミ・ライコネン
5   ▼  117P  ルイス・ハミルトン
6   △  101P  ジェンソン・バトン
7   ▼  77P   ニコ・ロズベルグ
8   -  76P   ロマン・グロジャン
9   -  47P   セルジオ・ペレス
10  △  35P   ミハエル・シューマッハ
11  △  35P   フェリペ・マッサ
12  ▼  33P   小林可夢偉
13  △  31P   ニコ・ヒュルケンベルグ
14  ▼  29P   パストール・マルドナド
15  ▼  28P   ポール・ディ・レスタ
16  △  24P   ブルーノ・セナ
17  -  8P    ジャン=エリック・ベルニュ
18  -  4P    ダニエル・リチャルド

コンストラクターズポイントは、2位争いでマクラーレンが一歩前に出ました。
中断争いではフォースインディアが7位に浮上しています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  272P  レッドブル・ルノー
2   -  218P  マクラーレン・メルセデス
3   -  207P  ロータス・ルノーGP
4   -  199P  フェラーリ
5   -  112P  メルセデスGP
6   -  80P   ザウバー・フェラーリ
7   △  59P   フォースインディア・メルセデス
8   ▼  53P   ウィリアムズ・ルノー
9   -  12P   トロロッソ・フェラーリ

次戦イタリアGPは今週末、9月7~9日に行われます。

« 2012年9月の日程 | トップページ | 日程UP »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年9月の日程 | トップページ | 日程UP »