2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2012 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.17 インドGP予選 »

F1 2012 Rd.16 韓国GP決勝

F1第16戦韓国GPは接戦となりました。

決勝はスタートしてすぐにウェバーに並んだベッテルが、
3コーナーでオーバーテイクしてトップに立つと、
2秒以内の差でウェバーが追いかける展開となりました。

アロンソも数秒差で迫り、上位は接近戦が続きましたが、
徐々にその差も拡がっていき、ベッテルがトップチェッカー、
今シーズン4勝目を3連勝で決めました!

2位はウェバーで今季初のレッドブル1-2フィニッシュ達成、
3位アロンソ、4位マッサでフェラーリ3-4。

5位はライコネン、6位ヒュルケンベルグ、
7位グロジャン、8位ベルニュ、9位リチャルド、10位にハミルトン。
ハミルトンは序盤4位を走行してましたが後半順位を落としました。

シューマッハは13位、ロズベルグ、バトンは
スタート直後の3コーナーで小林と接触してリタイア、
ぶつけた小林はペナルティとなり最後尾を走っていましたが、
接触が原因によるトラブルでリタイアに終わっています。

<決勝>
1   1   S.ベッテル          55  1:36:28.651
2   2   M.ウェバー       55  +     8.231
3   5   F.アロンソ          55  +    13.944
4   6   F.マッサ            55  +    20.168
5   9   K.ライコネン        55  +    36.739
6   12  N.ヒュルケンベルグ  55  +    45.301
7   10  R.グロジャン        55  +    54.812
8   17  J-E.ベルニュ        55  +  1:09.589
9   16  D.リチャルド        55  +  1:11.787
10  4   L.ハミルトン        55  +  1:19.692
11  15  S.ペレス            55  +  1:20.062
12  11  P.ディ・レスタ      55  +  1:24.448
13  7   M.シューマッハ      55  +  1:29.241
14  18  P.マルドナド        55  +  1:34.924
15  19  B.セナ              55  +  1:36.902
16  21  V.ペトロフ          54  +     1 Lap
17  20  H.コバライネン      54  +     1 Lap
18  24  T.グロック          54  +     1 Lap
19  25  C.ピック            53  +    2 Laps
20  23  N.カーティケヤン    53  +    2 Laps
    22  P.デ・ラ・ロサ      16  +   39 Laps DNF
    14  小林可夢偉          16  +   39 Laps DNF
    8   N.ロズベルグ         1  +   54 Laps DNF
    3   J.バトン             0  +   55 Laps DNF

ドライバーズポイントはベッテルがトップに立ちました。
チャンピオン争いはバトンまで可能性が残されています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  215P  セバスチャン・ベッテル
2   ▼  209P  フェルナンド・アロンソ
3   -  167P  キミ・ライコネン
4   -  153P  ルイス・ハミルトン
5   -  152P  マーク・ウェバー
6   -  131P  ジェンソン・バトン
7   -  93P   ニコ・ロズベルグ
8   -  88P   ロマン・グロジャン
9   -  81P   フェリペ・マッサ
10  -  66P   セルジオ・ペレス
11  -  50P   小林可夢偉
12  △  45P   ニコ・ヒュルケンベルグ
13  ▼  44P   ポール・ディ・レスタ
14  ▼  43P   ミハエル・シューマッハ
15  -  33P   パストール・マルドナド
16  -  25P   ブルーノ・セナ
17  -  12P   ジャン=エリック・ベルニュ
18  -  9P    ダニエル・リチャルド

コンストラクターズポイントはフェラーリが2位に浮上しました。
レッドブルは独走状態になってきています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  367P  レッドブル・ルノー
2   △  290P  フェラーリ
3   ▼  284P  マクラーレン・メルセデス
4   -  255P  ロータス・ルノーGP
5   -  136P  メルセデスGP
6   -  116P  ザウバー・フェラーリ
7   -  89P   フォースインディア・メルセデス
8   -  58P   ウィリアムズ・ルノー
9   -  21P   トロロッソ・フェラーリ

次戦インドGPは、10月26~28日に行われます。

« F1 2012 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.17 インドGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

諸々のトラブルはありましたが、今年も無事に終わってよかった。

残り4戦となり、チャンピオン争いとチームランキングの5位争いが熱くなってきましたね。
ザウバーは不利だと思いますが、メルセデスに食いついて欲しいなぁ。

P.S.
久々に市街地コースを作成しました。
ここは長々と引き延ばしてましたが、完結に至ってよかったです。

グロジャンのスタートばかり気になっていたら、
まさか小林が事故を引き起こしたのが残念なレースに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2012 Rd.16 韓国GP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.17 インドGP予選 »