2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2012 Rd.18 アブダビGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 »

F1 2012 Rd.18 アブダビGP決勝

F1第18戦アブダビGPでは荒れた展開となりました。

決勝はポールのハミルトンがトップをキープし、
2番手に浮上したライコネンが追いかける展開でスタートしました。

20周目、順調に走行していたハミルトンが突如スローダウン、
これによってライコネンがトップに立つと、
その後のセーフティカー導入のアクシデントもものともせず、
ライコネンが復帰後初優勝を決めました!

2位はアロンソ、3位にはベッテルが入りました。

ベッテルは予選失格でピットからのスタート、
7周目までに13位まで浮上しましたが
セーフティカー導入時にフロントウィングを壊してしまい、
再び最後尾に落ちてしまいます。
しかしレース再開するとすぐさま順位を上げていき、
31周目には2位へ、37周目に2度目のピットを済ませて4位復帰し、
バトンをオーバーテイクして表彰台を獲得しました。

4位はバトン、5位マルドナド、6位に小林、
小林はスタートで8位に上がったことで上手くいきました。

7位以下はマッサ、セナ、ディ・レスタ、リチャルドまでがトップ10、
シューマッハはパンクもあって11位でポイント獲得なりませんでした。

ウェバーはマルドナドへのオーバーテイクに失敗してスピンに
マッサとの接触(マッサがスピン)、
そして2度目のセーフティカーの原因となったペレスと
グロジャンとの接触(ペレスにストップ&ゴーのペナルティ)に巻き込まれリタイアと、
さんざんなレース内容でした。

今回は久々に多くのアクシデントの起きたレースとなりました。

<決勝>
1   9   K.ライコネン        60  1:45:58.667
2   5   F.アロンソ          60  +     0.852
3   1   S.ベッテル          60  +     4.163
4   3   J.バトン            60  +     7.787
5   18  P.マルドナド        59  +    13.007
6   14  小林可夢偉          60  +    20.076
7   6   F.マッサ            60  +    22.896
8   19  B.セナ              60  +    23.542
9   11  P.ディ・レスタ      60  +    24.160
10  16  D.リチャルド        60  +    27.463
11  7   M.シューマッハ      55  +    28.075
12  17  J-E.ベルニュ        59  +    34.906
13  20  H.コバライネン      59  +    47.766
14  24  T.グロック          58  +    56.473
15  15  S.ペレス            20  +    56.768
16  21  V.ペトロフ          59  +  1:04.595
17  22  P.デ・ラ・ロサ      42  +  1:11.778
    25  C.ピック            41  +   14 Laps DNF
    10  R.グロジャン        37  +   18 Laps DNF
    2   M.ウェバー       37  +   18 Laps DNF
    4   L.ハミルトン        29  +   36 Laps DNF
    23  N.カーティケヤン     7  +   48 Laps DNF
    8   N.ロズベルグ         7  +   48 Laps DNF
    12  N.ヒュルケンベルグ   0  +   55 Laps DNF

ドライバーズポイントは、優勝したライコネンがチャンピオン争い脱落、
ベッテルとアロンソの2人に絞られました。
次戦でポイント差が開けばベッテルのチャンピオン決定もありそうです。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  255P  セバスチャン・ベッテル
2   -  245P  フェルナンド・アロンソ
3   -  198P  キミ・ライコネン
4   -  167P  マーク・ウェバー
5   -  165P  ルイス・ハミルトン
6   -  153P  ジェンソン・バトン
7   △  95P   フェリペ・マッサ
8   ▼  93P   ニコ・ロズベルグ
9   ▼  90P   ロマン・グロジャン
10  -  66P   セルジオ・ペレス
11  -  58P   小林可夢偉
12  -  49P   ニコ・ヒュルケンベルグ
13  -  46P   ポール・ディ・レスタ
14  △  43P   パストール・マルドナド
15  ▼  43P   ミハエル・シューマッハ
16  -  30P   ブルーノ・セナ
17  -  12P   ジャン=エリック・ベルニュ
18  -  10P   ダニエル・リチャルド

コンストラクターズポイントは順位変わりません。
フェラーリはかろうじてチャンピオンの可能性が残されていますが難しいです。
ザウバーはメルセデスとの差を8縮めて12ポイント差になりました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  422P  レッドブル・ルノー
2   -  340P  フェラーリ
3   -  318P  マクラーレン・メルセデス
4   -  288P  ロータス・ルノーGP
5   -  136P  メルセデスGP
6   -  124P  ザウバー・フェラーリ
7   -  95P   フォースインディア・メルセデス
8   -  73P   ウィリアムズ・ルノー
9   -  22P   トロロッソ・フェラーリ

次戦USGPは、11月16~18日に行われます。

« F1 2012 Rd.18 アブダビGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2012 Rd.18 アブダビGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 »