2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.20 ブラジルGP予選 »

F1 2012 Rd.19 アメリカGP決勝

F1第19戦アメリカGPは接戦のレースとなりました。

初開催となったオースティンの"サーキット・オブ・ジ・アメリカ"、
決勝前から駆け引きがありました。

アロンソの前のグリッドに付けたマッサが、
偶数グリッドを避けるべくギアボックス交換して意図的にグリッド降格、
これによってフェラーリ2台は奇数グリッドからのスタートを手にしました。

決勝はその甲斐もあってスタートでアロンソが4位に浮上します。
ベッテルはリードを守ってトップを走行しますが、
偶数グリッドからスタートしスタートで3位に下がったハミルトンが
4周目にウェバーを交わすとベッテルに2秒ほどの差で追いかけます。

後半に入るとさらに差が縮まり、42周目にハミルトンがオーバーテイク、
トップが入れ替わりましたが、その差は1秒ほどの接近戦が続きます。

しかしハミルトンはラストラップで1.8秒差に広げると、
ベッテルを抑えきってトップチェッカー、今シーズン4勝目を決めました!

2位はファステストを最後に更新したベッテル、
3位にアロンソで、チャンピオン争いは最終戦に持ち越されました。

4位はグリッド降格を受けたマッサ、5位バトン、6位ライコネン、
以下グロジャン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、セナまでがポイント圏内。

小林は14位、シューマッハは16位、
ウェバーは3位走行中にマシントラブルが起きてリタイアとなりました。

<決勝>
1   4   L.ハミルトン        56  1:35:55.269
2   1   S.ベッテル          56  +     0.675
3   5   F.アロンソ          56  +    39.229
4   6   F.マッサ            56  +    46.013
5   3   J.バトン            56  +    56.432
6   9   K.ライコネン        56  +  1:04.425
7   10  R.グロジャン        56  +  1:10.313
8   12  N.ヒュルケンベルグ  56  +  1:13.792
9   18  P.マルドナド        56  +  1:14.525
10  19  B.セナ              56  +  1:15.133
11  15  S.ペレス            56  +  1:24.341
12  16  D.リチャルド        56  +  1:24.871
13  8   N.ロズベルグ        56  +  1:25.510
14  14  小林可夢偉          55  +     1 Lap
15  11  P.ディ・レスタ      55  +     1 Lap
16  7   M.シューマッハ      55  +     1 Lap
17  21  V.ペトロフ          55  +     1 Lap
18  20  H.コバライネン      55  +     1 Lap
19  24  T.グロック          55  +     1 Lap
20  25  C.ピック            54  +    2 Laps
21  22  P.デ・ラ・ロサ      54  +    2 Laps
22  23  N.カーティケヤン    54  +    2 Laps
    2   M.ウェバー       16  +   40 Laps DNF
    17  J-E.ベルニュ        14  +   42 Laps DNF

ドライバーズポイント、チャンピオン争いは最終戦に持ち越しされましたが、
13ポイント差なのでベッテルが最終戦で4位以内に入れば、
アロンソの結果にかかわらずチャンピオン獲得、
アロンソがチャンピオンになるには、最低でも3位以内が条件です。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  273P  セバスチャン・ベッテル
2   -  260P  フェルナンド・アロンソ
3   -  206P  キミ・ライコネン
4   △  190P  ルイス・ハミルトン
5   ▼  167P  マーク・ウェバー
6   -  163P  ジェンソン・バトン
7   -  107P  フェリペ・マッサ
8   △  96P   ロマン・グロジャン
9   ▼  93P   ニコ・ロズベルグ
10  -  66P   セルジオ・ペレス
11  -  58P   小林可夢偉
12  -  53P   ニコ・ヒュルケンベルグ
13  -  46P   ポール・ディ・レスタ
14  -  45P   パストール・マルドナド
15  -  43P   ミハエル・シューマッハ
16  -  31P   ブルーノ・セナ
17  -  12P   ジャン=エリック・ベルニュ
18  -  10P   ダニエル・リチャルド

コンストラクターズ争いではレッドブルの3年連続チャンピオンが決定しました!
総合2位争いは変動するかもしれませんが、
5位争いはもう難しいでしょう。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  440P  レッドブル・ルノー
2   -  367P  フェラーリ
3   -  353P  マクラーレン・メルセデス
4   -  302P  ロータス・ルノーGP
5   -  136P  メルセデスGP
6   -  124P  ザウバー・フェラーリ
7   -  99P   フォースインディア・メルセデス
8   -  76P   ウィリアムズ・ルノー
9   -  22P   トロロッソ・フェラーリ

最終戦ブラジルGPは、11月23~25日に行われます。

« F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.20 ブラジルGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2012 Rd.19 アメリカGP予選 | トップページ | F1 2012 Rd.20 ブラジルGP予選 »