2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2013 Rd.8 イギリスGP予選 | トップページ | 2013年7月の日程 »

F1 2013 Rd.8 イギリスGP決勝

F1第8戦イギリスGPは大きな問題が起きたレースとなりました。
(注意、結果が書いてあります)

決勝はポールスタートのハミルトンがリードを守って始まりました。
順調に周回を重ねていくかに見えた8周目、
ハミルトンの左後輪がバーストして最後尾まで転落、
さらに10周目にはマッサが、14周目にはベルニュが、
左後輪のバーストによって順位を下げ、
落ちたタイヤ破片の改修でセーフティカーが入ります。

21周目にレース再開されると、ハミルトンの後退でトップに立ったベッテルが
順調にリードラップを刻んでいきますが、
41周目にギアボックストラブルが発生してスローダウンしてホームストレート上に停止、
ベッテルはリタイアし、再びセーフティカーが入る展開に。

残り6周となる45周目に再スタートされると、
1周目に14位まで後退したウェバーが、
新たにトップに立ったロズベルグを追い詰めていきますが、
最後まで逃げ切ったロズベルグが
今シーズン2勝目となるトップチェッカーを受けました!

2位にウェバー、3位はアロンソ、
4位に一度は最下位に落ちたハミルトンが入りました。
5位ライコネンは終盤アロンソとハミルトンに抜かれて表彰台獲得ならず、
6位はタイヤバーストに見舞われたマッサ。

以下スーティル、リカルド、予選で燃料違反となって
最後列のスタートとなったディ・レスタ、
そしてヒュルケンベルグまでが入賞となりました。

レースは46周目にもペレスが左後輪をバーストさせ、
今回4台が左後輪のバーストを起こしたことで、
ピレリタイヤに不安を感じさせるレースとなってしまいました。

<決勝>
1   9   N.ロズベルグ            52  1:32:59.456
2   2   M.ウェバー           52  +     0.765
3   3   F.アロンソ              52  +     7.124
4   10  L.ハミルトン            52  +     7.756
5   7   K.ライコネン            52  +    11.257
6   4   F.マッサ                52  +    14.573
7   15  A.スーティル            52  +    16.335
8   19  D.リカルド              52  +    16.543
9   14  P.ディ・レスタ          52  +    17.943
10  11  N.ヒュルケンベルグ      52  +    19.709
11  16  P.マルドナド            52  +    21.135
12  17  V.ボッタス              52  +    25.094
13  5   J.バトン                52  +    25.969
14  12  E.グティエレス          52  +    26.285
15  20  C.ピック                52  +    31.613
16  22  J.ビアンキ              52  +    36.097
17  23  M.チルトン              52  +  1:07.660
18  21  G.ヴァン・デル・ガルデ  52  +  1:07.759
19  8   R.グロジャン            51  +     1 Lap DNF
20  6   S.ペレス                46  +    6 Laps DNF
    1   S.ベッテル              51  +   11 Laps DNF
    18  J-E.ベルニュ            35  +   17 Laps DNF

ドライバーズポイントは、順位に変動がありませんでした。
ベッテルがノーポイントでもトップのまま、
2位のアロンソが差を縮めましたが、依然21ポイントの差が開いています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  132P  セバスチャン・ベッテル
2   -  111P  フェルナンド・アロンソ
3   -  98P   キミ・ライコネン
4   -  89P   ルイス・ハミルトン
5   -  87P   マーク・ウェバー
6   -  82P   ニコ・ロズベルグ
7   -  57P   フェリペ・マッサ
8   -  36P   ポール・ディ・レスタ
9   -  26P   ロマン・グロジャン
10  -  25P   ジェンソン・バトン
11  -  23P   エイドリアン・スーティル
12  -  13P   ジャン・エリック・ベルニュ
13  -  12P   セルジオ・ペレス
14  -  11P   ダニエル・リカルド
15  -  6P    ニコ・ヒュルケンベルグ

コンストラクターズポイントではメルセデスが2位に浮上しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  219P  レッドブル・ルノー
2   △  171P  メルセデス
3   ▼  168P  フェラーリ
4   -  124P  ロータス・ルノー
5   -  59P   フォースインディア・メルセデス
6   -  37P   マクラーレン・メルセデス
7   -  24P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  6P    ザウバー・フェラーリ

次戦ドイツGPは、7月5~7日に行われます。

« F1 2013 Rd.8 イギリスGP予選 | トップページ | 2013年7月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2013 Rd.8 イギリスGP予選 | トップページ | 2013年7月の日程 »