2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2013 Rd.12 イタリアGP予選 | トップページ | 発売日決定☆ »

F1 2013 Rd.12 イタリアGP決勝

F1第12戦イタリアGPは今年もティフォシの熱狂の中で行われました。

決勝の前には雨が降ったモンツァ、
しかしスタート前には完全にドライに変わりました。

スタートするとベッテルが首位をキープ、
2位にはマッサが浮上すると、4位に付けていたアロンソが
3周目にウェバーをオーバーテイクし、
8周目の1コーナーでマッサをかわして2位に浮上します。

ベッテルとアロンソの対決になるかと思われましたが、
アロンソはベッテルに追いつくことが出来ず、
後半はウェバーに攻め立てられて苦しい展開に、
一方ベッテルは、終盤トラブルに見舞われながらも、
最後まで安定した走りを見せて2戦連続の優勝!
今シーズン6勝目をポール・トゥ・ウィンできめました!

2位はアロンソ、3位はピットでマッサを上回ったウェバーで、4位にマッサ、
5位にザウバーのヒュルケンベルグが入り、好結果を残しました。

以下ロズベルグ、リカルド、グロジャン、ハミルトン、バトンまでがトップ10、
ハミルトンはスローパンクチャーに見舞われて後退、
ライコネンはスタート直後に接触して1周目にピットインしたことが響き、
ノーポイントに終わりました。

<決勝>
1   1   S.ベッテル              53  1:18:33.352
2   3   F.アロンソ              53  +     5.467
3   2   M.ウェバー           53  +     6.350
4   4   F.マッサ                53  +     9.361
5   11  N.ヒュルケンベルグ      53  +    10.355
6   9   N.ロズベルグ            53  +    10.999
7   19  D.リカルド              53  +    32.329
8   8   R.グロジャン            53  +    33.130
9   10  L.ハミルトン            53  +    33.527
10  5   J.バトン                53  +    38.327
11  7   K.ライコネン            53  +    38.695
12  6   S.ペレス                53  +    39.765
13  12  E.グティエレス          53  +    40.880
14  16  P.マルドナド            53  +    49.085
15  17  V.ボッタス              53  +    56.827
16  15  A.スーティル            52  +     1 Lap DNF
17  20  C.ピック                52  +     1 Lap
18  21  G.ヴァン・デル・ガルデ  52  +     1 Lap
19  22  J.ビアンキ              52  +     1 Lap
20  23  M.チルトン              52  +     1 Lap
    18  J-E.ベルニュ            14  +   39 Laps DNF
    14  P.ディ・レスタ           0  +   53 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ベッテルが今回もリードを拡げました。
ハミルトンはわずか2ポイント、ライコネンはノーポイントに終わり、
チャンピオン獲得が難しくなってきました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  222P  セバスチャン・ベッテル
2   -  169P  フェルナンド・アロンソ
3   -  141P  ルイス・ハミルトン
4   -  134P  キミ・ライコネン
5   -  130P  マーク・ウェバー
6   -  104P  ニコ・ロズベルグ
7   -  79P   フェリペ・マッサ
8   -  57P   ロマン・グロジャン
9   -  48P   ジェンソン・バトン
10  -  36P   ポール・ディ・レスタ
11  -  25P   エイドリアン・スーティル
12  -  18P   セルジオ・ペレス
13  △  18P   ダニエル・リカルド
14  △  17P   ニコ・ヒュルケンベルグ
15  ▼  13P   ジャン・エリック・ベルニュ
16  -  1P    パストール・マルドナド

コンストラクターズポイントは、フェラーリが2位に浮上、
レッドブルはそのフェラーリに100ポイント以上の差を付けました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  352P  レッドブル・ルノー
2   △  248P  フェラーリ
3   ▼  245P  メルセデス
4   -  191P  ロータス・ルノー
5   -  66P   マクラーレン・メルセデス
6   -  61P   フォースインディア・メルセデス
7   -  31P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  17P   ザウバー・フェラーリ
9   -  1P    ウィリアムズ・ルノー

次戦シンガポールGPは、9月20~22日に行われます。

« F1 2013 Rd.12 イタリアGP予選 | トップページ | 発売日決定☆ »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2013 Rd.12 イタリアGP予選 | トップページ | 発売日決定☆ »