2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2013 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | 2013年12月の日程 »

F1 2013 Rd.19 ブラジルGP決勝

F1第19戦ブラジルGPの決勝が終わり、今年のF1が終了しました。

時折ポツポツと雨が降り出す決勝となったブラジルグランプリ、
スタートで1コーナーを制したのはグロジャン、
しかしホームストレートへ戻ってくるとベッテルがリードを奪いました。
2度目のピットではミスでタイムロスしましたが、
それでも首位を渡すことなくトップチェッカー、
連勝記録を9に伸ばし、今シーズン12勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位はF1引退レースとなったウェバー、
1周目終了時には5位まで下がりましたが有終の美を飾りました。

3位にアロンソ、4位バトン、5位ロズベルグ、6位ペレス、
7位にマッサは28周目にピットエントリーの白線を
4輪が跨いでしまったためにドライブスルーを取られたことで後退、
それがなければ4位を維持し、アロンソに譲って貰って
表彰台獲得もあったかもしれません。

8位ヒュルケンベルグ、9位ハミルトンはボッタスとの接触によるペナルティで後退、
10位にリカルド、コバライネンは14位とポイント獲得ならず、
グロジャンは3周目にマシンから白煙がでてリタイアに終えました。

<決勝>
1   1   S.ベッテル              71  1:32:36.300
2   2   M.ウェバー           71  +    10.452
3   3   F.アロンソ              71  +    18.913
4   5   J.バトン                71  +    37.360
5   9   N.ロズベルグ            71  +    39.048
6   6   S.ペレス                71  +    44.051
7   4   F.マッサ                71  +    49.110
8   11  N.ヒュルケンベルグ      71  +  1:04.252
9   10  L.ハミルトン            71  +  1:12.903
10  19  D.リカルド              70  +     1 Lap
11  14  P.ディ・レスタ          70  +     1 Lap
12  12  E.グティエレス          70  +     1 Lap
13  15  A.スーティル            70  +     1 Lap
14  7   H.コバライネン          70  +     1 Lap
15  18  J-E.ベルニュ            70  +     1 Lap
16  16  P.マルドナド            70  +     1 Lap
17  22  J.ビアンキ              69  +    2 Laps
18  21  G.ヴァン・デル・ガルデ  69  +    2 Laps
19  23  M.チルトン              69  +    2 Laps
    20  C.ピック                58  +   13 Laps DNF
    17  V.ボッタス              45  +   26 Laps DNF
    8   R.グロジャン             2  +   69 Laps DNF

ドライバーズポイントは、このようになりました。
ベッテルが2位に150ポイント以上の差を付けてのチャンピオン、
2位はアロンソ、3位に前戦まで5位に付けていたウェバーが入りました。

4位にハミルトン、5位にラスト2戦を欠場したライコネン、
6位ロズベルグ、7位グロジャン、8位にフェラーリを去るマッサ、
9位はバトン、10位にヒュルケンベルグと続きました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  397P  セバスチャン・ベッテル
2   -  242P  フェルナンド・アロンソ
3   △  199P  マーク・ウェバー
4   ▼  189P  ルイス・ハミルトン
5   ▼  183P  キミ・ライコネン
6   -  171P  ニコ・ロズベルグ
7   -  132P  ロマン・グロジャン
8   -  112P  フェリペ・マッサ
9   -  73P   ジェンソン・バトン
10  △  51P   ニコ・ヒュルケンベルグ
11  △  49P   セルジオ・ペレス
12  ▼  48P   ポール・ディ・レスタ
13  -  29P   エイドリアン・スーティル
14  -  20P   ダニエル・リカルド
15  -  13P   ジャン・エリック・ベルニュ
16  -  6P    エスティバン・グティエレス
17  -  4P    バルテリ・ボッタス
18  -  1P    パストール・マルドナド
19  -  0P    ジュール・ビアンキ
20  -  0P    シャルル・ピック
21  △  0P    ヘイキ・コバライネン
22  ▼  0P    ギド・ヴァン・デル・ガルデ
23  ▼  0P    マックス・チルトン

コンストラクターズポイントでもレッドブルが圧勝。
メルセデスが僅差で2位、6ポイント届かずに3位となったのがフェラーリ、
ロータスが4位で5位に苦戦を強いられたマクラーレン。

フォースインディアが6位、ザウバーは順位を落として7位、
8位にトロロッソ、9位に5ポイントしか獲得できなかったウィリアムズ、
10位はマルシャで11位のケータハムを上回りました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  553P  レッドブル・ルノー
2   -  348P  メルセデス
3   -  333P  フェラーリ
4   -  315P  ロータス・ルノー
5   -  102P  マクラーレン・メルセデス
6   -  77P   フォースインディア・メルセデス
7   -  53P   ザウバー・フェラーリ
8   -  32P   トロロッソ・フェラーリ
9   -  5P    ウィリアムズ・ルノー

今年はレッドブルが強さを見せた年になりましたが、
多くの白熱したバトルが見られましたね^^
来年は多くのルール変更があるのでどうなるのか・・・
今から楽しみにしたいと思います!

2014年の開幕戦オーストラリアGPは、3月13~16日に行われます。

« F1 2013 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | 2013年12月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2013 Rd.19 ブラジルGP予選 | トップページ | 2013年12月の日程 »