2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.2 マレーシアGP予選 »

F1 2014 Rd.1 オーストラリアGP決勝

F1第1戦オーストラリアGPは、スタートから問題が発生しました。

決勝は雨が降りそうな天気でしたが、ドライでのレースになりました。

フォーメーションラップで1台が止まり、
スタート直前でも1台が止まる開幕戦らしい始まり方・・

1周減の57周のレースが始まると、好スタートを切ったのはロズベルグ、
ポールのハミルトンはスタート直後からトラブルが起きて
早々にリタイアとなってしまいました。
スタート直後の1コーナーでは小林可夢偉がマッサに追突、
レース後にリアブレーキのトラブルだったことが判明しましたが、
日本人ファンにとってショックな結果に終えました。

レースはボッタスがウォールに軽くヒットしたことで
サスペンションに影響が出てタイヤが外れてしまい
セーフティカーが入る展開となりましたが、
終始安定したペースを見せたロズベルグが開幕戦を勝利しました!

続いてリカルドが地元での2位チェッカーを受けましたが、
燃料流量規制(1レース100kg以内、最大流入量100kg/h)を
一貫して超過したとされて失格となってしまいました。
(レッドブルは即控訴しています)

1つ順位が繰り上がり、2位はルーキーのケビン・マグヌッセン、
3位にバトンが入って、マクラーレンが2-3位、
4位にアロンソ、5位ボッタス、以下ヒュルケンベルグ、
ライコネン、ベルニュ、クビアト、ペレスまでがポイント圏内。

完走扱いは13台(除外されたリカルドと、スタート時のトラブルで
8周差が付いてしまったビアンキは未完走扱い)、
予想されていたとおり、完走率の低い開幕戦となりました。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            57  1:32:58.710
-   3   D.リカルド              57  +    24.525 EX
2   20  K.マグヌッセン          57  +    26.777
3   22  J.バトン                57  +    30.027
4   14  F.アロンソ              57  +    35.284
5   77  V.ボッタス              57  +    47.639
6   27  N.ヒュルケンベルグ      57  +    50.718
7   7   K.ライコネン            57  +    57.675
8   25  J-E.ベルニュ            57  +  1:00.441
9   26  D.クビアト              57  +  1:03.585
10  11  S.ペレス                57  +  1:25.916
11  99  A.スーティル            56  +     1 Lap
12  21  E.グティエレス          56  +     1 Lap
13  4   M.チルトン              55  +    2 Laps
    17  J.ビアンキ              49  +    8 Laps
    8   R.グロジャン            43  +   14 Laps DNF
    13  P.マルドナド            29  +   28 Laps DNF
    9   M.エリクソン            27  +   30 Laps DNF
    1   S.ベッテル              3   +   54 Laps DNF
    44  L.ハミルトン            2   +   55 Laps DNF
    19  F.マッサ                0   +   57 Laps DNF
    10  小林可夢偉              0   +   57 Laps DNF

ドライバーズポイント、今年もポイント方式は同じです。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  25P   ニコ・ロズベルグ
2   -  18P   ケビン・マグヌッセン
3   -  15P   フェルナンド・アロンソ
4   -  12P   ジェンソン・バトン
5   -  10P   バルテリ・ボッタス
6   -  8P    ニコ・ヒュルケンベルグ
7   -  6P    キミ・ライコネン
8   -  4P    ジャン・エリック・ベルニュ
9   -  2P    ダニエル・クビアト
10  -  1P    セルジオ・ペレス
11  -  0P    エイドリアン・スーティル
12  -  0P    エスティバン・グティエレス
13  -  0P    マックス・チルトン
14  -  0P    ジュール・ビアンキ
15  -  0P    ロマン・グロジャン
16  -  0P    パストール・マルドナド
17  -  0P    マーカス・エリクソン
18  -  0P    セバスチャン・ベッテル
19  -  0P    ルイス・ハミルトン
20  -  0P    フェリペ・マッサ
21  -  0P    小林可夢偉
22  -  0P    ダニエル・リカルド

コンストラクターズポイントはフェラーリがロータスを上回りました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  33P   マクラーレン・メルセデス
2   -  25P   メルセデス
3   -  18P   フェラーリ
4  -  10P   ウィリアムズ・メルセデス
5   -  9P    フォースインディア・メルセデス
6   -  6P    トロロッソ・ルノー
7   -  0P    ザウバー・フェラーリ
8   -  0P    マルシヤ・フェラーリ
9   -  0P    レッドブル・ルノー
10  -  0P    ロータス・ルノー
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦マレーシアGPは、3月28~30日に行われます。

« F1 2014 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.2 マレーシアGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.2 マレーシアGP予選 »