2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.6 モナコGP予選 | トップページ | 2014年6月の日程 »

F1 2014 Rd.6 モナコGP決勝

F1第6戦モナコGPは、セーフティカーの入る波乱の展開となりました。

決勝は1周目にクラッシュがあってセーフティカーの入る波乱のスタート、
25周目にもスーティルのクラッシュによりセーフティカーが入りましたが、
ロズベルグが終始トップを走り続けてポール・トゥ・ウィン!
今シーズン2勝目をあげました。

2位はハミルトン、終盤に目にゴミが入ったらしく、
リカルドに追いつかれてしまいましたが、
5戦連続メルセデスの1-2を決めました。

3位リカルド、4位アロンソ、5位ヒュルケンベルグ、
以下バトン、マッサ、グロジャン、ビアンキ、マグヌッセン。

小林はビアンキとの接触があってペースを落として13位、
ライコネンはセーフティカー中にデブリを踏んでパンクしたり、
マグヌッセンの争いで、ローズヘアピンでストップして結局12位でフィニッシュ、
ベッテルはトラブルでリタイアに喫しています。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            78  1:49:27.661
2   44  L.ハミルトン            78  +     9.210
3   3   D.リカルド              78  +     9.614
4   14  F.アロンソ              78  +    32.452
5   27  N.ヒュルケンベルグ      77  +     1 Lap
6   22  J.バトン                77  +     1 Lap
7   19  F.マッサ                77  +     1 Lap
8   8   R.グロジャン            77  +     1 Lap
9   17  J.ビアンキ              77  +     1 Lap
10  20  K.マグヌッセン          77  +     1 Lap
11  9   M.エリクソン            77  +     1 Lap
12  7   K.ライコネン            77  +     1 Lap
13  10  小林可夢偉              75  +    3 Laps
14  4   M.チルトン              75  +    3 Laps
    21  E.グティエレス          59  +   19 Laps DNF
    77  V.ボッタス              55  +   23 Laps DNF
    25  J-E.ベルニュ            50  +   28 Laps DNF
    99  A.スーティル            23  +   55 Laps DNF
    26  D.クビアト              10  +   68 Laps DNF
    1   S.ベッテル               5  +   73 Laps DNF
    11  S.ペレス                 0  +   78 Laps DNF
    13  P.マルドナド             0  +   78 Laps DNF

ドライバーズポイントは、再びロズベルグがトップに返り咲きました。
ベッテルが6位に後退、リカルドが4位に上がっています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  122P  ニコ・ロズベルグ
2   ▼  118P  ルイス・ハミルトン
3   -  61P   フェルナンド・アロンソ
4   △  54P   ダニエル・リカルド
5   △  47P   ニコ・ヒュルケンベルグ
6   ▼  45P   セバスチャン・ベッテル
7   -  34P   バルテリ・ボッタス
8   -  31P   ジェンソン・バトン
9   -  21P   ケビン・マグヌッセン
10  -  20P   セルジオ・ペレス
11  △  18P   フェリペ・マッサ
12  ▼  17P   キミ・ライコネン
13  -  8P    ロマン・グロジャン
14  -  4P    ジャン・エリック・ベルニュ
15  -  4P    ダニエル・クビアト
16  △  2P    ジュール・ビアンキ
17  △  0P    マーカス・エリクソン
18  ▼  0P    エイドリアン・スーティル
19  ▼  0P    エスティバン・グティエレス
20  ▼  0P    マックス・チルトン
21  ▼  0P    小林可夢偉
22  ▼  0P    パストール・マルドナド

コンストラクターズポイント、
マルシヤがF1参戦して初めてのポイントを獲得しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  240P  メルセデス
2   -  99P   レッドブル・ルノー
3   -  78P   フェラーリ
4   -  67P   フォースインディア・メルセデス
5   △  52P   マクラーレン・メルセデス
6  ▼  52P   ウィリアムズ・メルセデス
7   △  8P    ロータス・ルノー
8   ▼  8P    トロロッソ・ルノー
9   △  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  ▼  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦カナダGPは、6月6~8日に行われます。

« F1 2014 Rd.6 モナコGP予選 | トップページ | 2014年6月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

ついにフェラーリじゃない方の赤いマシンが初入賞♪
ケータハムにカムイが居なければ、もっと喜んでいたのに…。(涙)
しかし、ザウバーは未だノーポイントだったんですね。てっきり入賞しているのかと思っていました。

相変わらずメルセデスの戦力差が際立ちますが、赤牛とフェラーリによる2番手争いは、白熱しきそうな気がします。

P.S.
今度はMotoGPコースのミックスコースを作りました。

ザウバーがノーポイント、うーーん・・・・・・
今回はリタイアの数も多かったので、
ケータハムは大きなチャンスを逃したかも知れません・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.6 モナコGP予選 | トップページ | 2014年6月の日程 »