2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 »

F1 2014 Rd.7 カナダGP決勝

F1第7戦カナダGPは、予想もしなかった展開となりました。

カナダGPの決勝は前戦に続いて1周目にセーフティカーが入りました。
4コーナーでマルシヤ同士で接触して共にリタイアする荒れたスタートに。

再スタートするとメルセデスの2台が後続を引き離していきますが、
2回目のピット前に2台ともパワーを失い、ペースが落ちると、
ピットストップでマッサが首位に立ち、ついに開幕戦から続いていた
メルセデスのリーダーラップ記録が途切れました。

2回目のピットを済ませた直後にハミルトンは右リアのブレーキトラブルでリタイア、
さらにロズベルグも後ろとの差が15秒以上あったのが、ピタリと追いつかれてしまいました。

50周を過ぎ、1位から5位まで各車の差が1秒未満の接近戦になると、
2位に付けていたペレスを66周目にリカルドがオーバーテイク、
さらに68周目にロズベルグも抜いてトップに。

ラストラップ、激しい争いを見せていた上位陣は、
マッサとペレスが接触し激しいクラッシュ、
セーフティカーが入り、そのままリカルドが初めてのトップチェッカーを受けました!

2位はロズベルグ、今シーズン初めてメルセデスは勝利を逃しました。
3位は69周目にペレスを抜いたベッテル、
4位バトン、5位ヒュルケンベルグ、
以下アロンソ、ボッタス、ベルニュ、マグヌッセン、ライコネンと続き、
クラッシュしたペレスとマッサは11、12位とポイント圏外での完走扱いとなりました。

小林は左リアのトラックロッドが折れてリタイア、
完走扱いは14台の大波乱のレースとなりました。

<決勝>
1   3   D.リカルド              70  1:39:12.830
2   6   N.ロズベルグ            70  +     4.236
3   1   S.ベッテル              70  +     5.247
4   22  J.バトン                70  +    11.755
5   27  N.ヒュルケンベルグ      70  +    12.843
6   14  F.アロンソ              70  +    14.869
7   77  V.ボッタス              70  +    23.578
8   25  J-E.ベルニュ            70  +    28.026
9   20  K.マグヌッセン          70  +    29.254
10  7   K.ライコネン            70  +    53.678
11  11  S.ペレス                69  +     1 Lap DNF
12  19  F.マッサ                69  +     1 Lap DNF
13  99  A.スーティル            69  +     1 Lap
14  21  E.グティエレス          64  +    6 Laps DNF
    8   R.グロジャン            59  +   11 Laps DNF
    26  D.クビアト              47  +   23 Laps DNF
    44  L.ハミルトン            46  +   24 Laps DNF
    10  小林可夢偉              23  +   47 Laps DNF
    13  P.マルドナド            21  +   49 Laps DNF
    9   M.エリクソン             7  +   63 Laps DNF
    4   M.チルトン               0  +   70 Laps DNF
    17  J.ビアンキ               0  +   70 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ロズベルグがハミルトンとの差を広げました。
3位にリカルドが浮上、ベッテルよりも19ポイントも上回っています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  140P  ニコ・ロズベルグ
2   -  118P  ルイス・ハミルトン
3   △  79P   ダニエル・リカルド
4   ▼  69P   フェルナンド・アロンソ
5   △  60P   セバスチャン・ベッテル
6   ▼  57P   ニコ・ヒュルケンベルグ
7   △  43P   ジェンソン・バトン
8   ▼  40P   バルテリ・ボッタス
9   -  23P   ケビン・マグヌッセン
10  -  20P   セルジオ・ペレス
11  -  18P   フェリペ・マッサ
12  -  18P   キミ・ライコネン
13  -  8P    ロマン・グロジャン
14  -  8P    ジャン・エリック・ベルニュ
15  -  4P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  △  0P    エイドリアン・スーティル
18  ▼  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    エスティバン・グティエレス
20  -  0P    マックス・チルトン
21  -  0P    小林可夢偉
22  -  0P    パストール・マルドナド

コンストラクターズポイントではレッドブルが差を縮めています。
しかしまだまだ119ポイントもの開きがあります。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  258P  メルセデス
2   -  139P  レッドブル・ルノー
3   -  87P   フェラーリ
4   -  77P   フォースインディア・メルセデス
5   -  66P   マクラーレン・メルセデス
6  -  58P   ウィリアムズ・メルセデス
7   △  12P   トロロッソ・ルノー
8   ▼  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦オーストリアGPは、6月20~22日に行われます。

« F1 2014 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 »