2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2014年7月の日程 »

F1 2014 Rd.8 オーストリアGP決勝

F1第8戦オーストリアGPは、レッドブルには不本意なレースとなりました。

オーストリアGPの決勝はウィリアムズの2台が1周目を制しましたが、
1回目のピットストップでマッサはロズベルグとハミルトンに交わされて後退、
ボッタスもロズベルグに抜かれ、2度目のピットでもハミルトンに先を行かれてしまいました。

終盤はまたもやメルセデス同士の争いになりましたが、
ハミルトンを抑えきったロズベルグが、今シーズン3勝目を決めました!

2位はハミルトンで今シーズン6度目のメルセデス1-2フィニッシュ、
3位ボッタス、4位マッサで優勝は逃したもののウィリアムズ勢は好結果を残しました。

5位アロンソ、6位ペレス、以下マグヌッセン、リカルド、
ヒュルケンベルグ、ライコネンまでがポイント圏内。

ベッテルは2周目にスローダウンするトラブルが発生、
再びペースを取り戻したものの、周回遅れになってしまい、
34周を終了した所でリタイアを選択、トロロッソも2台ともリタイアとなり、
地元レッドブルは苦しい結果となってしまいました。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            71  1:27:54.976
2   44  L.ハミルトン            71  +     1.932
3   77  V.ボッタス              71  +     8.172
4   19  F.マッサ                71  +    17.358
5   14  F.アロンソ              71  +    18.553
6   11  S.ペレス                71  +    28.546
7   20  K.マグヌッセン          71  +    32.031
8   3   D.リカルド              71  +    43.522
9   27  N.ヒュルケンベルグ      71  +    44.137
10  7   K.ライコネン            71  +    47.777
11  22  J.バトン                71  +    50.966
12  13  P.マルドナド            70  +     1 Lap
13  99  A.スーティル            70  +     1 Lap
14  8   R.グロジャン            70  +     1 Lap
15  17  J.ビアンキ              69  +    2 Laps
16  10  小林可夢偉              69  +    2 Laps
17  4   M.チルトン              69  +    2 Laps
18  9   M.エリクソン            69  +    2 Laps
19  21  E.グティエレス          69  +    2 Laps
    25  J-E.ベルニュ            59  +   12 Laps DNF
    1   S.ベッテル              34  +   37 Laps DNF
    26  D.クビアト              24  +   47 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンがロズベルグとの差を若干縮めています。
ボッタスとマッサは順位を上げました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  165P  ニコ・ロズベルグ
2   -  136P  ルイス・ハミルトン
3   -  83P   ダニエル・リカルド
4   -  79P   フェルナンド・アロンソ
5   -  60P   セバスチャン・ベッテル
6   -  59P   ニコ・ヒュルケンベルグ
7   △  55P   バルテリ・ボッタス
8   ▼  43P   ジェンソン・バトン
9   △  30P   フェリペ・マッサ
10  ▼  29P   ケビン・マグヌッセン
11  ▼  28P   セルジオ・ペレス
12  -  19P   キミ・ライコネン
13  -  8P    ロマン・グロジャン
14  -  8P    ジャン・エリック・ベルニュ
15  -  4P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  △  0P    パストール・マルドナド
20  ▼  0P    エスティバン・グティエレス
21  ▼  0P    マックス・チルトン
22  ▼  0P    小林可夢偉

コンストラクターズポイントはメルセデスとレッドブルの差がダブルスコア、
ウィリアムズが5位に上がり、3位のフェラーリまで捉えそうな勢いです。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  301P  メルセデス
2   -  143P  レッドブル・ルノー
3   -  98P   フェラーリ
4   -  87P   フォースインディア・メルセデス
5  △  85P   ウィリアムズ・メルセデス
6   ▼  72P   マクラーレン・メルセデス
7   -  12P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦イギリスGPは、7月4~6日に行われます。

« F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2014年7月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

ウィリアムズは予選での幸運もありましたが、コースにフィットしてる感じでしたね。もちろん、メルセデスとの真っ向勝負を期待してた人(私も)にとっては残念なレースになりましたが…。
それにマッサは終盤、アロンソに近寄られてたから、彼としては抜かれなくてよかったかと思います。

あっ、リタイアした3台って全部レッドブル系じゃありませんか!!
今になって気が付きました。(汗)

P.S.
空想市街地コース、数年止まってた船橋市が完成しました。

ル・マンもニュルも終わりましたが、ル・マンは新規参入ラッシュですね。今年から加わったポルシェに続き、来年は日産が来るみたいでちょっと楽しみです。
また、ニュルと言えば、WTCCがニュル24hの併催としてノルドシュライフェでやっちゃうとか? こちらもまた楽しみです。

リカルドもストップするのではないかと密かに思ってました^^;
ホームレースでこの結果は辛かったでしょうね・・・

WTCCは私も興味深く思ってます^^
といいつつ、スパのレースを見なかったのですけどね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2014年7月の日程 »