2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.9 イギリスGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.10 ドイツGP予選 »

F1 2014 Rd.9 イギリスGP決勝

F1第9戦イギリスGPは、1周目から荒れた展開となりました。

前日とは異なりドライコンディションとなったシルバーストンでの決勝、
スタート直後の1コーナーでベルニュとペレスの接触があると、
5コーナー先のウェリントンストレートではライコネンがコースオフ、
コース復帰時に芝に滑りスピンクラッシュ、
コースを横切ったライコネンのマシンにマッサと小林が巻き込まれました。

このクラッシュによってレッドフラッグが振られ、
クラッシュした場所のガードレールの修復で1時間中断、
ライコネンは足を引きずってマシンを降りる様子が見られました。
小林とマッサはグリッドに戻って修理をしましたが、
マッサは結局レース続行を断念しました。

長い中断の後の再スタートはアクシデントもなくスムーズにスタート、
ロズベルグが順調にトップを走行していきます。
しかし29周目にギアトラブルで順位を落とすと、
ピットに戻ることなくすトップ、リタイアに終えました。

変わってトップに立ったのは地元のハミルトン、
後続を引き離して、今シーズン5度目のトップチェッカーを受けました!

2位は好調ウィリアムズのボッタス、3位にリカルド、
以下バトン、ベッテル、アロンソ、マグヌッセン、
ヒュルケンベルグ、クビアト、ベルニュというトップ10となりました。

小林はダメージを負いながらも15位で完走を果たしています。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            52  2:26:52.094
2   77  V.ボッタス              52  +    30.135
3   3   D.リカルド              52  +    46.495
4   22  J.バトン                52  +    47.390
5   1   S.ベッテル              52  +    53.864
6   14  F.アロンソ              52  +    59.946
7   20  K.マグヌッセン          52  +  1:02.563
8   27  N.ヒュルケンベルグ      52  +  1:28.692
9   26  D.クビアト              52  +  1:29.340
10  25  J-E.ベルニュ            51  +     1 Lap
11  11  S.ペレス                51  +     1 Lap
12  8   R.グロジャン            51  +     1 Lap
13  99  A.スーティル            51  +     1 Lap
14  17  J.ビアンキ              51  +     1 Lap
15  10  小林可夢偉              50  +    2 Laps
16  4   M.チルトン              50  +    2 Laps
17  13  P.マルドナド            49  +    3 Laps DNF
    6   N.ロズベルグ            28  +   24 Laps DNF
    9   M.エリクソン            11  +   41 Laps DNF
    21  E.グティエレス           9  +   43 Laps DNF
    19  F.マッサ                 0  +   52 Laps DNF
    7   K.ライコネン             0  +   52 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ロズベルグがノーポイントにより、
ハミルトンが4ポイント差まで縮めました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  165P  ニコ・ロズベルグ
2   -  161P  ルイス・ハミルトン
3   -  98P   ダニエル・リカルド
4   -  87P   フェルナンド・アロンソ
5   △  73P   バルテリ・ボッタス
6   ▼  70P   セバスチャン・ベッテル
7   ▼  63P   ニコ・ヒュルケンベルグ
8   -  55P   ジェンソン・バトン
9   △  35P   ケビン・マグヌッセン
10  ▼  30P   フェリペ・マッサ
11  -  28P   セルジオ・ペレス
12  -  19P   キミ・ライコネン
13  △  9P    ジャン・エリック・ベルニュ
14  ▼  8P    ロマン・グロジャン
15  -  6P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    パストール・マルドナド
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉

コンストラクターズポイントはメルセデスとレッドブルの差が変わらず、
ウィリアムズが4位に浮上、フェラーリとは3ポイント差に迫りました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  326P  メルセデス
2   -  168P  レッドブル・ルノー
3   -  106P  フェラーリ
4  △  103P  ウィリアムズ・メルセデス
5   ▼  91P   フォースインディア・メルセデス
6   -  90P   マクラーレン・メルセデス
7   -  15P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦ドイツGPは、7月18~20日に行われます。

« F1 2014 Rd.9 イギリスGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.10 ドイツGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.9 イギリスGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.10 ドイツGP予選 »