2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 »

F1 2014 Rd.13 イタリアGP決勝

F1第13戦イタリアGPはミスが大きく響く結果となりました。

決勝はロズベルグは好スタートを決めましたが、ハミルトンは4位に後退、
2位にマグヌッセン、3位にマッサの順で1コーナーへ、
ボッタスも大きく順位を落としていました。

10周目にハミルトンが2位に浮上すると、
ロズベルグとの差を少しずつ縮めていきます。

1回目のピットストップでは順位が変わりませんでしたが、
29周目にロズベルグが1コーナーでコースオフ、
9周目にも同様にミスをしましたが、2度目のミスでハミルトンが首位に立ちました。

トップが入れ替わったあとは3~5秒ほどの差を保ったまま、
ロズベルグは接近することが出来ず、ハミルトンがポール・トゥ・ウィン、
今シーズン6勝目を決めました!

2位にロズベルグで今季7度目のメルセデスの1-2フィニッシュ、
3位は今季初表彰台獲得のマッサ、
4位はオーバーテイクショーを見せたボッタス、
5位にベッテルを抜いたリカルド、6位にベッテル、
以下ペレス、バトン、ライコネン、マグヌッセンまでがポイント圏内、
マグヌッセンはボッタスを1コーナーで追い出したことで、
5秒のペナルティが加算されています。

アロンソはトラブルでリタイア、
小林はエリクソンやビアンコを上回って17位で完走を果たしていますが、
次戦出走出来るかは残念ながらまだ未定です。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            53  1:19:10.236
2   6   N.ロズベルグ            53  +     3.175
3   19  F.マッサ                53  +    25.026
4   77  V.ボッタス              53  +    40.786
5   3   D.リカルド              53  +    50.309
6   1   S.ベッテル              53  +    59.965
7   11  S.ペレス                53  +  1:02.518
8   22  J.バトン                53  +  1:03.063
9   7   K.ライコネン            53  +  1:03.535
10  20  K.マグヌッセン          53  +  1:01.171 +5sec
11  26  D.クビアト              53  +  1:11.184
12  27  N.ヒュルケンベルグ      53  +  1:12.606
13  25  J-E.ベルニュ            53  +  1:13.093
14  13  P.マルドナド            52  +     1 Lap
15  99  A.スーティル            52  +     1 Lap
16  8   R.グロジャン            52  +     1 Lap
17  10  小林可夢偉              52  +     1 Lap
18  17  J.ビアンキ              52  +     1 Lap
19  21  E.グティエレス          51  +    2 Laps
20  9   M.エリクソン            51  +    2 Laps
    14  F.アロンソ              28  +   25 Laps DNF
    4   M.チルトン               5  +   48 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンとロズベルグの差が少し縮まりました。
ボッタスがアロンソを抜いて4位に上がりました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  238P  ニコ・ロズベルグ
2   -  216P  ルイス・ハミルトン
3   -  166P  ダニエル・リカルド
4   △  122P  バルテリ・ボッタス
5   ▼  121P  フェルナンド・アロンソ
6   -  106P  セバスチャン・ベッテル
7   △  72P   ジェンソン・バトン
8   ▼  70P   ニコ・ヒュルケンベルグ
9   -  55P   フェリペ・マッサ
10  -  41P   キミ・ライコネン
11  △  39P   セルジオ・ペレス
12  ▼  38P   ケビン・マグヌッセン
13  -  11P   ジャン・エリック・ベルニュ
14  -  8P    ロマン・グロジャン
15  -  8P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    パストール・マルドナド
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉
23  -  0P    アンドレ・ロッテラー

コンストラクターズポイントはウィリアムズが3位に浮上、
ウィリアムズは2人とも残留が決定し、好調を維持しているので、
残りのレースで1勝するかもしれませんね^^

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  454P  メルセデス
2   -  272P  レッドブル・ルノー
3  △  177P  ウィリアムズ・メルセデス
4   ▼  162P  フェラーリ
5   -  110P  マクラーレン・メルセデス
6   -  109P  フォースインディア・メルセデス
7   -  19P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦シンガポールGPは、9月19~21日に行われます。

« F1 2014 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.13 イタリアGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 »