2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | 2014年10月の日程 »

F1 2014 Rd.14 シンガポールGP決勝

F1第14戦シンガポールGPは大波乱の展開となりました。

決勝はフォーメーションラップでロズベルグがスタート出来ず、
まさかのピットスタートとなってしまいました。

スタートするとハミルトンが順調にリードを拡げていきましたが、
31周目にスーティルとペレスとの接触によってペレスのウィングが壊れ、
今年もセーフティカーが入るとハミルトンのリードは失ってしまいました。

タイヤ戦略によって2位との差を大きく広げなければならない状況の中、
52周目終了時のピットインで2位に付けていたベッテルに逆転を許してしまいましたが、
すぐに次の周回でオーバーテイクを決め、今シーズン7度目の勝利を手にしました!

2位はベッテル、3位リカルドで、レッドブルが2-3フィニッシュ。
以下アロンソ、マッサ、ベルニュ、ペレス、ライコネン、
ヒュルケンベルグ、マグヌッセンまでがトップ10。

ロズベルグはピットスタートをしたものの、
トラブルからケータハムすら抜くことが出来ず、
1回目のピットストップでステアリングを変えたものの
トラブルは解消されずに痛恨のリタイアとなってしまいました。

小林可夢偉はフォーメーションラップでトラブルが発生し、
スタート前にリタイア、次戦日本GPでの参加と活躍に期待したいです。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            60  2:00:04.795
2   1   S.ベッテル              60  +    13.534
3   3   D.リカルド              60  +    14.273
4   14  F.アロンソ              60  +    15.389
5   19  F.マッサ                60  +    42.161
6   25  J-E.ベルニュ            60  +    56.801
7   11  S.ペレス                60  +    59.038
8   7   K.ライコネン            60  +  1:00.641
9   27  N.ヒュルケンベルグ      60  +  1:01.661
10  20  K.マグヌッセン          60  +  1:02.230
11  77  V.ボッタス              60  +  1:05.065
12  13  P.マルドナド            60  +  1:06.915
13  8   R.グロジャン            60  +  1:08.029
14  26  D.クビアト              60  +  1:12.008
15  9   M.エリクソン            60  +  1:34.188
16  17  J.ビアンキ              60  +  1:34.543
17  4   M.チルトン              59  +     1 Lap
    22  J.バトン                52  +    8 Laps DNF
    99  A.スーティル            40  +   20 Laps DNF
    21  E.グティエレス          17  +   43 Laps DNF
    6   N.ロズベルグ            13  +   47 Laps DNF
    10  小林可夢偉               0  +   61 Laps DNS

ドライバーズポイントは、ロズベルグがノーポイント、
ハミルトン25ポイント加算で、スペインGP以来ハミルトンが首位に立ちました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  241P  ルイス・ハミルトン
2   ▼  238P  ニコ・ロズベルグ
3   -  181P  ダニエル・リカルド
4   △  133P  フェルナンド・アロンソ
5   △  124P  セバスチャン・ベッテル
6   ▼  122P  バルテリ・ボッタス
7   -  72P   ジェンソン・バトン
8   -  72P   ニコ・ヒュルケンベルグ
9   -  65P   フェリペ・マッサ
10  △  45P   セルジオ・ペレス
11  ▼  45P   キミ・ライコネン
12  -  39P   ケビン・マグヌッセン
13  -  19P   ジャン・エリック・ベルニュ
14  -  8P    ロマン・グロジャン
15  -  8P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    パストール・マルドナド
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉
23  -  0P    アンドレ・ロッテラー

コンストラクターズポイントは、レッドブルがメルセデスとの差を少し縮めました。
しかし次戦メルセデスとレッドブルの差が2ポイント以上縮まらなければ、
メルセデスのチャンピオンが鈴鹿で決定することになります。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  479P  メルセデス
2   -  305P  レッドブル・ルノー
3  -  187P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  178P  フェラーリ
5   △  117P  フォースインディア・メルセデス
6   ▼  111P  マクラーレン・メルセデス
7   -  27P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦日本GPは、10月3~5日に行われます。

« F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | 2014年10月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.14 シンガポールGP予選 | トップページ | 2014年10月の日程 »