2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 »

F1 2014 Rd.15 日本GP決勝

F1第15戦日本GPは、つらい日となりました。

台風が迫る鈴鹿、雨の決勝となりました。

セーフティカー先導でのスタートは1周目にエリクソンが
最終コーナーでスピンしたことでレッドフラッグが振られました。

15時25分に再びセーフティカー先導で再スタートされ、
9周目にグリーンフラッグが振られると、
メルセデスの2台が後続を振り切って飛ばしていきます。

1~2秒差の接近戦が続き、最初のピットインではロズベルグがトップをキープ、
しかし20周を過ぎてくる頃から1秒未満の争いになり、
29周目の1コーナーでハミルトンがオーバーテイク、
ロズベルグを突き放しにかかります。

中盤は雨が収まっていた鈴鹿も後半は再び強まっていき、
43周目、7コーナー(ダンロップ)でスーティルが雨によってスピンクラッシュ、
すぐさまクレーントラックで撤去作業が行われたその時、
ビアンキが同じ場所で滑りコースアウト、トラック後部に突っ込んでしまいました。

セーフティカーが再び入り、47周目にレッドフラッグ、レースが終了しました。
リザルトは46周目終了時から2周前、44周目のコントロールライン通過が結果となり、
ハミルトンが今シーズン8勝目、3戦連続での勝利を決めました。

2位はロズベルグでメルセデスの1-2フィニッシュは今シーズン8度目、
そしてメルセデスのコンストラクターズチャンピオンが決定しました。

3位はリカルド、4位ベッテルでレッドブルは雨に恵まれた結果になりました。
以下バトン、ボッタス、マッサ、ヒュルケンベルグ、ベルニュ、ペレスまでが入賞、
ライコネンはマシンに苦しみ12位、アロンソは再スタート時にトラブルでリタイア、
小林は厳しい条件の中で19位完走を果たしています。

ビアンキはクラッシュによって頭部に深刻的な外傷を受け意識不明の重体に、
マシンから救出後すぐに病院に運ばれ緊急手術しましたが、
7日時点では安定はしているものの依然危篤状態だそうで、
無事回復しレースに復帰出来る日が来ることを願っています。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            44  1:51:43.021
2   6   N.ロズベルグ            44  +     9.180
3   3   D.リカルド              44  +    29.122
4   1   S.ベッテル              44  +    38.818
5   22  J.バトン                44  +  1:07.550
6   77  V.ボッタス              44  +  1:53.773
7   19  F.マッサ                44  +  1:55.126
8   27  N.ヒュルケンベルグ      44  +  1:55.948
9   25  J-E.ベルニュ            44  +  2:07.638
10  11  S.ペレス                43  +     1 Lap DNF
11  26  D.クビアト              43  +     1 Lap
12  7   K.ライコネン            43  +     1 Lap
13  21  E.グティエレス          43  +     1 Lap
14  20  K.マグヌッセン          43  +     1 Lap
15  8   R.グロジャン            43  +     1 Lap
16  13  P.マルドナド            43  +     1 Lap
17  9   M.エリクソン            43  +     1 Lap
18  4   M.チルトン              43  +     1 Lap
19  10  小林可夢偉              43  +     1 Lap
20  17  J.ビアンキ              41  +    3 Laps DNF
21  99  A.スーティル            40  +    4 Laps DNF
    14  F.アロンソ               2  +   42 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンとロズベルグの差が10ポイントに開きました。
なおチャンピオンへはリカルドにも一応可能性が残されています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  266P  ルイス・ハミルトン
2   -  256P  ニコ・ロズベルグ
3   -  193P  ダニエル・リカルド
4   △  139P  セバスチャン・ベッテル
5   ▼  133P  フェルナンド・アロンソ
6   -  130P  バルテリ・ボッタス
7   -  82P   ジェンソン・バトン
8   -  76P   ニコ・ヒュルケンベルグ
9   -  71P   フェリペ・マッサ
10  -  46P   セルジオ・ペレス
11  -  45P   キミ・ライコネン
12  -  39P   ケビン・マグヌッセン
13  -  21P   ジャン・エリック・ベルニュ
14  -  8P    ロマン・グロジャン
15  -  8P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    パストール・マルドナド
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉
23  -  0P    アンドレ・ロッテラー

コンストラクターズポイントは、メルセデスのチャンピオンが決定、
2位も確定的なので注目は3位争いと5位争いでしょうか。
9位以下も気になるところ・・・ザウバーはノーポイントで終わってしまうのか・・・

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  522P  メルセデス
2   -  332P  レッドブル・ルノー
3  -  201P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  178P  フェラーリ
5   -  122P  フォースインディア・メルセデス
6   -  121P  マクラーレン・メルセデス
7   -  29P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦ロシアGPは、10月10~12日に行われます。

« F1 2014 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.15 日本GP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 »