2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 | トップページ | 2014年11月の日程 »

F1 2014 Rd.16 ロシアGP決勝

F1第16戦ロシアGPは、1周目で勝負が決しました。

初開催となったソチ・オートドロームでのロシアGP、
決勝はメルセデスの2台が並んでスタートしましたが、
ロズベルグが1コーナーで止まりきれずにコースオフ、
すぐコースに復帰しハミルトンの前に出ましたが、
フラットスポットを作ってしまいすぐにピットイン、
最後尾からの追い上げとなりました。
一方のハミルトンは安定した速さを見せてリードラップを重ねていきました。

ロズベルグは1周目のピット以降、ミディアムタイヤで52周を走りきる戦略をとり、
31周目には2位に浮上、ハミルトンを追いかけます。

しかし20秒以上開いた差を埋めることが出来ず、
ハミルトンがポール・トゥ・ウィン、
今シーズン9勝目、4戦連続勝利を決めました!

ロズベルグは1周目のミスを考えれば好結果ともいえる2位、
メルセデスの1-2フィニッシュは今シーズン9度目、
またこのレースで、コンストラクターズチャンピオンを決めました。

3位はボッタス、4位バトン、5位マグヌッセン、
以下アロンソ、リカルド、ベッテル、ライコネン、ペレスまではポイント圏内、
マッサはペレスに引っかかり順位を上げられずに11位、
マルシヤはビアンキに敬意を示して1台体制でした。

小林はチームによるとブレーキのオーバーヒートでのリタイアだそうですけど、
実際はマシンのパーツをいたわる為のリタイアのようです。。。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            53  1:31:50.744
2   6   N.ロズベルグ            53  +    13.657
3   77  V.ボッタス              53  +    17.425
4   22  J.バトン                53  +    30.234
5   20  K.マグヌッセン          53  +    53.616
6   14  F.アロンソ              53  +  1:00.016
7   3   D.リカルド              53  +  1:01.812
8   1   S.ベッテル              53  +  1:06.185
9   7   K.ライコネン            53  +  1:18.877
10  11  S.ペレス                53  +  1:20.067
11  19  F.マッサ                53  +  1:20.877
12  27  N.ヒュルケンベルグ      53  +  1:21.309
13  25  J-E.ベルニュ            53  +  1:37.295
14  26  D.クビアト              52  +     1 Lap
15  21  E.グティエレス          52  +     1 Lap
16  99  A.スーティル            52  +     1 Lap
17  8   R.グロジャン            52  +     1 Lap
18  13  P.マルドナド            52  +     1 Lap
19  9   M.エリクソン            51  +    2 Laps
    10  小林可夢偉              21  +   32 Laps DNF
    4   M.チルトン               9  +   44 Laps DNF

ドライバーズポイント、ハミルトンとロズベルグの差がさらに広がりました。
ボッタスが6位から4位に浮上しています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  291P  ルイス・ハミルトン
2   -  274P  ニコ・ロズベルグ
3   -  199P  ダニエル・リカルド
4   △  145P  バルテリ・ボッタス
5   ▼  143P  セバスチャン・ベッテル
6   ▼  141P  フェルナンド・アロンソ
7   -  94P   ジェンソン・バトン
8   -  76P   ニコ・ヒュルケンベルグ
9   -  71P   フェリペ・マッサ
10  △  49P   ケビン・マグヌッセン
11  ▼  47P   セルジオ・ペレス
12  ▼  47P   キミ・ライコネン
13  -  21P   ジャン・エリック・ベルニュ
14  -  8P    ロマン・グロジャン
15  -  8P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    ジュール・ビアンキ
17  -  0P    エイドリアン・スーティル
18  -  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    パストール・マルドナド
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉
23  -  0P    アンドレ・ロッテラー

コンストラクターズポイントはこのようになっています。
前戦の記事ではチャンピオン確定と書きましたが、
今年は最終戦のポイントが2倍なので決まってませんでした(汗)
しかし今回の結果で、今度こそメルセデスのチャンピオンが決定しています^^;

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  565P  メルセデス
2   -  342P  レッドブル・ルノー
3  -  216P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  188P  フェラーリ
5   △  143P  マクラーレン・メルセデス
6   ▼  123P  フォースインディア・メルセデス
7   -  29P   トロロッソ・ルノー
8   -  8P    ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦アメリカGPは、10月31~11月2日に行われます。

« F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 | トップページ | 2014年11月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.16 ロシアGP予選 | トップページ | 2014年11月の日程 »